スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第36回「寺田屋騒動」

薩摩と長州の会談が行われたという話を、
会津松平容保がつかんだ。
その黒幕が坂本龍馬だとも。
幕府から追われる身となった坂本龍馬。


傷を負った弥太郎を寺田屋に。
龍馬の前でバクバク飯を食う。
龍馬は弥太郎が薩摩藩の動きを探りに来たことを見抜く。
ずっとうわ言で言っていたと。
弥太郎には向かない仕事だと龍馬。
手ぶらで帰ったら後藤様に。。
まだ、あの男の使い走りか?

「ほんならわしが教えちゃる。
 これから世の中は大きう変わる」
もう幕府の顔色を伺うのはやめにしや。

龍馬のしている大仕事。
日本の誰もが笑うてくらせる国づくり。

あっちにも、こっちにもええ顔ができる龍馬。
龍馬の懐から落ちたピストル。

世の中の新しい仕組みを作り上げようとしとるがじゃ。

フランスの後押しで幕府が日本を治めたら、
半分日本はフランスのものになっている。
そうはさせんために、
わしは、この国の仕組みを変えようとしちゅう。

薩摩と長州が手を組むなんいうことはあるわけがないと。

しかし。。
誰が組ませたか、誰がやったかは問題じゃない。
今、言った、薩長のことは、
誰っちゃぁ言っちゃならん。とピストルを向ける。

嘘じゃ。友達の弥太郎。
目先のことばっかり考えとっちゃいかん。
己が何をするのか。それを考えないと。
世の中がどうなろうが、変わらん強さ。

 裏口から寺田屋を出ていく弥太郎。
 登勢と龍に、あちうにかかわっとったら、
 かならず巻き添えを食うぞ。
 そんなの怖くないという二人に。。
 「相変わらず女にもてるのぉ。。と。

三吉慎蔵。
三吉は京を出ましょうというが、
龍馬には木戸との約束があると。
薩長同盟の裏書をしてくれという。
その裏書を書くまでは、京を離れることはできん。

三吉は自分の役目、
龍馬を守ることに命がけ。
生涯の友にしたいと言ってくれた龍馬を、
命懸けで守ると三吉。


龍馬は迷惑をかけるわけにはいかんから、
3日くらいしか、ここにおれんと。
そのあとは長崎に戻ると。
「もう、京にはもどれんろ」
お尋ね者になってしまった龍馬。
「もう、お別れなんですか?」とりょう。
龍馬と別れたくないりょう。

龍馬さんは一つのところに落ち着くような人じゃない。
そんな、お人に惚れたら、
女子はつらいばっかり。。
あの子は覚悟が出来てる。
それでも、龍馬さんのことが好きで好きでたまらん。。


 大坂城。
 長州征伐を焦る一橋慶喜。
 松平容保も坂本龍馬捕縛に全力をかける。

 西郷も、いつ公にするか。。
 すでに噂はたっている。

 世の中はぎりぎりのせめぎ合い。

 弥太郎も龍馬の言葉を繰り返し。。
 己のやること。成すこと。

龍馬は、おりょうのことを一人考える。

おりょうは風呂に入ろうと着物を脱ぐ。
そこに戸をたたく音。
「おばんです」。

登勢が応対。
御用改め。
おりょうは入浴中。
伏見奉行所の捕吏の提灯を見た龍馬。

おりょう浴衣をはおり駆け上がる。


迎え撃つしかないという龍馬。
三吉慎蔵と坂本龍馬。
龍馬はおりょうを薩摩藩邸に走らせる。
死なないと約束した龍馬。

おりょうは階段を降りながら役人に啖呵を切る、
捕えられそうになったところに、登勢。
登勢に耳打ちをし。。


龍馬と三吉。

寺田屋騒動。

2人で大勢を相手に。
短銃を撃つ龍馬。
槍を振るう慎蔵。

大暴れ。
だが、龍馬、剣を振るわず。

左手を斬られた龍馬。
大量出血。

三吉に引きずられ逃げる龍馬。

おりょうは必死に薩摩藩邸へ駆ける。


龍馬、「血が。。血が止まらん。。」
三吉は縛って止血。
「もう、走るのは無理がじゃ。。」
三吉は「ここで潔く腹を切りましょう」と。
坂本さんと共に死ねるなら本望と。
けど。。けど。。腹を切るがは、いつでも出来るがぜよ。。
あきらめてはいかん。。諦めては。。
三吉さんは、薩摩藩邸へ。。行ってつかわさい。。

もし、途中で捕まったら、その時は。。
その時は、覚悟するき。。
三吉さん。。行ってつかわさい。。薩摩藩邸に。。

瀕死の龍馬を置き、
「必ず戻ってくるけいの!」と三吉は走り出す。

龍馬は。。



おりょうは藩邸の戸を叩く。
叫ぶ。






必死に屋根へと登る龍馬。
生を求めて。。
やり残したことを成し遂げるために。。

しかし。。

成し遂げられないかもしれん。。


木戸の名前を繰り返す。。

約束は守れんかもしれん。。
あとは、頼んだき。。
西郷さん。。木戸さん。。
すまんのぉ。。ごめんちゃぁ。。

おりょうの名を3度呼ぶ。。





おりょうの駆け込みにより、
龍馬の危機を知った西郷は、
「坂本ドンを死なせてはいかん!」
と医者と兵を差し向ける。


おりょうは龍馬の安否を。
そこに三吉が。
龍馬の居場所。


悔しいいのぉ。。


そこに、三つ葉葵。
奉行所の捕吏が近づく。

龍馬はわびる。
兄に、父に、母に。。







目をつぶり、生死の分らぬ状態で送られてきた龍馬。







2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』 第36回 「寺田屋騒動~今夜、龍馬襲撃」




 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之


高杉晋作  … 伊勢谷友介


楢崎龍   … 真木よう子


寺田屋登勢 … 草刈民代

三吉慎蔵  … 筧利夫



西郷隆盛  … 高橋克実

桂小五郎  … 谷原章介







松平容保  … 長谷川朝晴



一橋慶喜  … 田中哲司




 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)


周りから特別に愛される
イコール
周りに敵を作る ってことで。。


2度ずつ繰り返す名前の中で、
3度繰り返された、「おりょう」の名前。




何のために生きるか。
何を成し遂げるか。


妻を娶るは、
それを見定めたあとでよい。


そんな覚悟もなくして、
この厳しい世の中、渡っていけん。

1人で走れない人間が、
2人で、3人で走れるか?



次回、第37回「龍馬の妻」。



今日はだいぶ休めました。

休むのも仕事のうち。
体力なくして戦えぬ。



物語ってのは、
想像力を働かせて見ていくものである。
それを怠って描写不足というのは、
観る者の怠慢である。




楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
770位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
203位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。