スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第39回「馬関の奇跡」

三菱財閥・岩崎弥太郎への取材。
グラバー商会が潰れて、
弥太郎が拾ってやった。

龍馬の英雄伝が気に入らない弥太郎。

みずからを豊臣秀吉になぞらえる。
母に説教される。

母は「龍馬さんがおったけぇ、
 今のお前があるんだけぇ」と。
語る義理があると。
龍馬が最後に何をしたか。
どうして殺されねばならなかったか。

FINAL SEASON RYOUMA THE HOPE

龍馬が参加した唯一の戦争。

幕府と長州の戦争。
亀山社中が長州軍に加わったのは馬関。
怪我人の手当て。

 弥太郎は長崎で大戦。
 土佐藩の貿易。
 そこに溝渕。それを中濱万次郎が応対する。
 弥太郎は、すっかり天狗。
 「溝渕くん」と。
 多くの上司が家来。
 ジョン万次郎は通辞。
 土佐の名物を売り込みに行くと、
 溝渕は重い和紙、樟脳を背負わされる。
 外国に頼みこみ。

龍馬ら亀山社中の連中は、
高杉ら長州藩士と戦の合間の休息。
高杉は相変わず戦場でも着流し。三味線と歌も。
長州軍には大工や農民が混じっている。
身分を問わない高杉の姿勢。
惣之丞は「こういう人らのために、わしらは日本を変えんといかん」と。
龍馬は「その通りぜよ」と龍馬。

高杉、咳込む。
血を吐いた。
龍馬に「労咳です」と告白。
日本のために働かなくては。
先が短いなら短いなりに、僕は面白く生きたい。
それが高杉晋作の生き方ですけ。

「100万の大軍、恐るるに足りず!
 恐れるべきははわれら、弱きたま。1人1人の心なり」
敵は我にあり。

 弥太郎はグラバー邸も訪れる。
 樟脳を持ち出し。
 私は、あなたのことをよく知りません。
 土佐藩との取引なら坂本さんに間に入って欲しいとグラバー。
 それは弥太郎は激怒するが。。
 龍馬を罪人扱いする土佐藩は信用できないとグラバー。

長州の軍中。
 長崎の元。
  薩摩のおりょう。
高杉らとの軍議。
龍馬の軍略。奇襲。
波が荒い中での操船は、わしら亀山社中に任せろと。
小よく大を制す。
兵は奇道。

そして龍馬、惣之丞らは海から。
小倉大久保海岸。
 高杉ら奇兵隊は陸を行く。

静寂。そして。。

戦闘配備。
海から大砲を放つ龍馬ら。
陸から奇襲戦をかける高杉ら奇兵隊。
高杉は熊本藩兵を説き伏せた。
そして幕府軍は小倉城に火をつけて退却した。

長州が幕府に勝利した瞬間だった。

龍馬が、どうしても避けたかった戦を経て、
全身で感じたもの。
これで次に進める。

 幕府が直面した危機。
 長州攻めの影響で米の値段が高騰。
 民の怒りが爆発。
 そして大坂で将軍家茂が死んだ。

 木戸も大喜び。

 薩摩の小松、西郷も、
 山が動くのを感じた。

 それを日本中が感じた。

 風見鶏の土佐・山内容堂も。

 弥太郎は大浦慶らとも交わり、長崎に人脈を増やし始める。
 元が呼ばれている。
 弥太郎は女房ののろけ。

 商売の話になると。。
 やはり龍馬に間に入ってくれと。

 長州軍が幕府軍を破った陰には坂本さんが。
 そして慶は部屋を出ていく。
 弥太郎は不機嫌。
 男として叶わない。。?
 「坂本さんに関わる人は、みんな心がざわめくやろか?」
 「おまんも龍馬に惚れちゅうがか!?」

 「人は誰だって嘘つきですばい!!」
 坂本さんの嘘は、みんなが笑って暮らせるようにする嘘。

龍馬は長州藩主・毛利敬親に礼を言われる。

木戸は100の議論より1つの戦と。
けんど、戦は、これきりにしときましょう! と龍馬。
今こそ諸藩に声をかけて味方を作りましょうと。
高杉も龍馬に同意だが。。
木戸は、長州が主導権を握りたい。
薩長が主導権を握るための武力討幕。

龍馬の考えは「幕府に政権を返上させる」と。
帝から政権を任せられてるだけの幕府に。
自ら返上させられれば戦なく日本を変えられる。
大政奉還論。

その考えを提唱した者は過去にも大勢いた。
一度力を与えられた者は、
その力を手放さないから。

龍馬にとって武器は威嚇のためのもの。
しかし木戸は違う。おそらく西郷、大久保らも。。

「大政奉還など奇跡でも怒らん限り無理じゃ!」と桂。
「その奇跡を起こさんと、日本は無うなってしまうがじゃ」と龍馬。




2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』ついに最終章 第39回 「馬関の奇跡」




 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之


高杉晋作  … 伊勢谷友介

お元    … 蒼井優



楢崎龍   … 真木よう子






ジョン万次郎 … トータス松本




沢村惣之丞 … 要潤



陸奥宗光  … 平岡祐太

高松太郎  … 川岡大次郎

溝渕広之丞 … ピエール瀧





西郷隆盛  … 高橋克実

桂小五郎  … 谷原章介



大浦慶   … 余貴美子




後藤象二郎 … 青木崇高

山内容堂  … 近藤正臣



一橋慶喜  … 田中哲司





 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)



新章のはじまりは三菱財閥の岩崎弥太郎。
香川照之さんは『利家とまつ』で秀吉を演じていますしね。


色々なTV誌でr『龍馬伝』の記事、
福山雅治さんのインタビューを読むんですけど。。

確かに、また福山龍馬が一歩先に言った。
薩長同盟を成し遂げた自信に裏打ちされた何かが宿った。


その自信家な龍馬に対抗心、闘争心を燃やす岩崎弥太郎。
これも、相当な自信家だ。

戦場で着流しの高杉晋作しかり、
武力討幕を推し進めようとする木戸寛治しかり、
西郷しかり。。

後藤象二郎、山内容堂なんかも、もちろうそうだろう。。

弥太郎と商売をしていくグラバーや大浦慶も。


何かに裏打ちされて自信を持ち、
それが次の何かを生み出すエネルギーになる。

そうやって、先人は、大事を成し遂げてきたんだと。。
そう感じる、この最終章第1話。

でも、激しい生き方をしたが故に殺されなければならない龍馬。。
それは、平将門、織田信長なんかにも共通していえることで。。

龍馬は三十代半ばで死すべくして死す生き方をしてきたのだと。。


憧れはしても、実践してはいけない?
まぁ、これはドラマだし。



次回、第40回「清風亭の対決」。







→人気blogランキング




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
191位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。