スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」

長崎・小曾根邸の離れ。
脱藩した者が集まってきた。
脱藩者=自由な者。
土佐藩の後ろ盾を得た亀山社中。
→海援隊。
薩長と土佐を結び付ける。
海から日本を守る海援隊。
海援隊約規。
足を引っ張り合うな。
勝手に腹を切るな。

海援隊、旗揚げ。


弥太郎が来た。
海援隊の銭勘定を後藤から任された。
給金も出る。と。
龍馬らが弥太郎に出したのは。。
亀山社中からのつけの請求書の山。
そして船が欲しいと。
弥太郎を持ち上げて。


 後藤は長崎奉行所にて長崎奉行・朝比奈と対面。
 私の知っている坂本龍馬は立派な土佐藩士と。
 「今後は坂本の詮議は無用に存ずる」と。
 朝比奈は龍の詮議もしているが、
 後藤は「知らん」とカステラを食い散らかして。

 弥太郎はお慶に売り込まれていた。
 弥太郎の方が商才に勝る。
 石炭に目を付けた。
そこに才谷梅太郎と高らかに名乗る龍馬。
土佐商会。
溝渕もいる。
弥太郎は船を見つけてくれた。
大津藩のいろは丸。貸してくれると。
龍馬は大喜び。
そして海援隊へ話を持ちかえる。
龍馬へ後藤から連絡が。。
お龍の詮議の件。
龍馬は龍に「ここで留守番させてるわけにはならん」と。
龍馬は龍を下関に隠そうと。
龍は嫌だと言うが。。
龍馬は頼みこんで、龍は承諾した。

長州下関。
慶応3年の冬から春に変わるころ。

三吉慎蔵が来てくれた。
龍馬は木戸に会いたいと。
しかし高杉の具合がもうと。。
見舞いに行っている木戸。
大量に吐血した高杉。
そこに龍馬。
床を上げて待っている高杉。
そんな高杉に龍馬も、
「わしも遠慮はやめておきます」と。
そして海援隊の話をする。
大政奉還を目指すという話。
後藤と土佐藩の話。
大喜びの高杉に、仏頂面の木戸。
龍馬は木戸に「土佐藩と一緒に」と頼み込む。
木戸は「容堂公は何と?」と。
龍馬は「容堂公にはまだ」と。
龍馬と後藤は容堂に示さなくてはいけない。
木戸は朝敵の長州は話を聞いてもらえないから、
武力討幕しかないと。

そこに高杉が割って入る。
「坂本さんは奇跡を起こしてくれた」
容堂公も賢君と言われるからには、
大政奉還を理解してくれるかもしれん。
もう一度、坂本さんに懸けてみて欲しいと木戸に頼み込む。
死が迫った身体を押して。。
木戸は席を立った。
その木戸を追いかけた龍馬。
「高杉さんは、あとどのくらい生きられますでしょうか」
「医者は桜を見せてやりたいと。。」

高杉さんが見たいのは生まれ変わった日本の姿。
木戸も、それは分かっている。
しかし、道が。。

そこに高杉を慕う奇兵隊の者が、
どうしても会わせていただきたいと。。
木戸は病が伝染ることを危惧して。。
民は卵をことづけて。。

木戸も。。
高杉も。。

心から国を思っている。


 弥太郎は大津藩の重役を接待して、
 蒸気船を貸してもらうように説得していた。
 さすがに話が上手い弥太郎。

龍馬は高杉の肩を抱えて海を見に散歩した。
 その頃、りょうは、おうのと。。
龍馬と高杉は海援隊について語る。
海から日本を援ける。
高杉と龍馬の志は同じ。
高杉さんのおかげ。
奇兵隊が手本?
身分の差がない。
これこそが、新しい日本の形だと確信した。
高杉は喜ぶ。
龍馬に志を受け取ってもらったことに満足した。
あとは酒を飲み暮らす。あの世でね・
高杉晋作とは、そんな男。

龍馬は、そんな高杉のためにも、
志を遂げねばならぬと思う。

「人は、どうして死んでしまうんじゃろうか?」
と龍に問う。
お前の役目は、もう終わったと天が。。
それに龍は、
「人の死は終わりだけではないと思います」と言う。
その志を受け継ぐもの。
どんな時も前に向かわなならん。

そこに客人。
それは中岡慎太郎。
中岡は、お龍に席をはずしてもらう。
海援隊の話を聞いた中岡。
龍馬は中岡を誘ったが。。
わしは陸援隊を作ることにする。
目指すは力による倒幕じゃ。
「わしの願いは、お主もわかっていたはずじゃ」と中岡。
大政奉還を目指す龍馬と、
戦しかないと思う中岡。
杯をかわしながら。
「わかった。おまんはおまんのやり方でやったらいい」
道は違っても目指すところは同じ。


弥太郎は龍馬に「わしに感謝せいよ」と。
海援隊の初仕事を弥太郎が高らかに。
いろは丸で大坂と長崎間で積み荷を運ぶ。

龍馬は高杉に手紙を出した。
それを読む高杉の前に奇兵隊の者らが、
どうしても御顔が見たいと桜の木を用意して。。
高杉は皆が踊る前で楽しそうに三味線を弾く。

龍馬のもとに届いた奇兵隊の旗。
 高杉は海を見る。
海援隊の初仕事。
 高杉は志半ばに死にゆく自分が悔しかったのだろう。。

 慶応3年7月、高杉晋作死す。
その魂は既に龍馬の中にあった。

龍馬暗殺まで、あと7カ月。






2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』第41回 「さらば高杉晋作」




 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


高杉晋作  … 伊勢谷友介


楢崎龍   … 真木よう子


うの    … 中村ゆり



岩崎弥太郎 … 香川照之




沢村惣之丞 … 要潤


陸奥宗光  … 平岡祐太

高松太郎  … 川岡大次郎

溝渕広之丞 … ピエール瀧





西郷隆盛  … 高橋克実


桂小五郎  … 谷原章介





三吉慎蔵  … 筧利夫




大浦慶   … 余貴美子


朝比奈昌広 … 石橋凌




後藤象二郎 … 青木崇高



山内容堂  … 近藤正臣





中岡慎太郎 … 上川隆也




 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)


私の本棚には高杉晋作に関する本が1冊ある。
坂本龍馬に関する本と同じシリーズの解説本が1冊。
しかし、読んだことがない。

新選組から幕末史に入った私。
更に、東京生まれ。
気付いたら佐幕派目線で幕末を見ている自分がいた。

ある時期、それでいいのか?
と思って買い集めた反幕府側の志士たちの本。
しかし、大半は、まだ読んでいない。


なので高杉晋作という人物には、
これまで、かなりの誤認があったと自分で思っている。

「佐幕」の私にとって長州は「敵」であり、
桂小五郎のように維新後も生き残り、
新政府の要職に就いた人物でもない高杉は、
宮部鼎蔵、久坂玄瑞らと同列の認識であり。。

要は良く知らないが故に、悪役にされてたんです。


故に、この『龍馬伝』での、
伊勢谷友介さん演じる高杉晋作は衝撃的でした。

私の中に「高杉晋作像」を色濃く残すでしょう。


しかし、ドラマと歴史の実像を一緒だと思うのも良くないので、
これから、少しずつ勉強していけたらと思う次第です。

「ドラマ鑑賞」と「歴史」は私の趣味ですから。




次回、第41回「いろは丸事件」。


左下奥歯の奥の歯茎と、
腰が痛い。

早く寝よう。

やりたいことを実践するためにも休息は必要。
しかし、休息も取り過ぎると怠惰が癖になる。





→人気blogランキング








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
1063位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
258位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。