スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第42回「いろは丸事件」

慶応3年4月23日。
いろは丸は10人の客と米などを乗せて、
瀬戸海へ。まもなく島が並ぶ。
気をつけるように龍馬が言った矢先。。
大きな揺れ。
黒船が衝突!

紀州藩の887t明光丸に衝突され、
いろは丸は沈没。船も積み荷も。。

翌朝、
紀州藩士・岡本が見舞金を持ってきたが。。
龍馬は、それを客に渡して、
わしら海援隊への補償金は別だと。
長崎で改めてお話しましょうと龍馬。
御三家の紀州徳川家にも尻込みせずに。

4月27日。
弥太郎は。。大坂商人からの接待中に、
いろは丸の沈没を知らされる。
土佐商会では龍馬が後藤に土下座。
弥太郎が責め立てるが、
後藤は海援隊を思い通りにするきっかけだと。。

しかし龍馬は紀州藩に全額払わせるつもり。
日本で最初の蒸気船同士の事故。
悪い前例を作らない。
土佐は紀州に泣き寝入りしたと。。

後藤は弥太郎にも紀州との談判に加われと。
そして、もし失敗したら腹を切れと。


長崎・紀州藩邸。
勘定奉行・茂田(中尾彬)。
弥太郎は小曾根や大浦に積み荷の金額を。
ここで死ぬわけにはいかないと弥太郎。
泣き寝入り?
ぶんどっちゃる!


5月15日。
海援隊と紀州藩との談判。
元紀州藩士の陸奥陽之介。
父親は元勘定方だった。
「見返しちゃれ!」という弥太郎。
龍馬と惣之丞
と。。

水掛け論になるだけだという龍馬。
真実を探ろうとしつつ、
自らに有利になるように話を進める龍馬。
明光丸の航海日誌を引き合いに出す。

明光丸は二度も突っ込んできた。
見張りがいなかった材料が一杯あると弥太郎。
8万3〇〇〇両の弁償を求める弥太郎。

長崎奉行の裁定を仰ぎたいと紀州。
龍馬は言うとおりににする。
次は必ずあると。。

 紀州藩士らが土佐に怒りをぶつける別の間で、
 よさこい♪ 土佐弁で自己を風刺した歌を。
 その歌が長崎中に流行った。
 世論を味方につけた海援隊。

紀州は怒り狂っていると後藤。
龍馬と弥太郎に腹を切らせようとするが。。
龍馬には、再度の談判があると自信があった。
その時には後藤にも同席してもらいたいと。
たかが紀州一藩にひるんでいるようじゃ、
幕府を倒すことなど出来ない。
土佐と幕府の衝突。
それを諸藩が息をひそめて見つめてる。
それに勝てば流れは一気に変わる。
「わしは負け戦はせんですき」と龍馬。

 下関の三吉に龍馬からの文。
 また恨みを買うかもしれない。
 わしに万が一のことがあったら、
 長州に預かってもらっている龍を、
 土佐の坂本家に送り届けて欲しいと。。

  才谷梅太郎。。

5月22日。
二度目の談判は紀州側が申し込んできた。
そこには勘定奉行・茂田。
紀州はあくまで紀州の有利へのごり押しで話を進めようとする。
幕府の判断をと言いだす茂田。
そこに龍馬は「万国公法」を持ち出した。
日本が世界に認めてもらう国になるためには、
法を守らねばならんと。
それをせねば徳川幕府、帝の御名を汚すことになるのでは? と。

茂田は、それを承知したが、
その裁きを誰が下す? と。
そこで龍馬が陽之介に「お呼びしいや」と言った相手は。。
後藤象二郎とイギリス海軍提督・ヘンリー・ケッペル。
Rule=決まり。

「才谷、お前は何者じゃ?」と茂田。
面白くない。。
紀州藩は責任を認めた。

日本初の海洋裁判に勝った土佐。
4万両を上乗せして吹っかけた弥太郎。
「岩崎弥太郎様様ぜよ!」と。
そして海援隊の名声は日本中に鳴り響いた。

 山内容堂は。。
 「わしは京へ上るぞ! 後藤にも急ぎ上洛するように伝えぃ!」
 容堂公が政の表舞台へ。

龍馬は新しい歌を海に向かって。
そこに元。
龍馬は元に杯を。
「坂本さんはうちの希望ですけん」と元。
大嫌いなうちの人生を変えてくれるのは坂本さん。

そこに刺客が。。
「いきなり斬りつけてくるとは、お主ら奉行所の役人ではないのぉ?」
相手は紀州の刺客。
岡本も含まれていた。
江戸小千葉の塾頭は伊達じゃない。


龍馬暗殺まで、あと6か月。


2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』第42回 「いろは丸事件」



 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之




楢崎龍   … 真木よう子

お元    … 蒼井優

 

沢村惣之丞 … 要潤


陸奥宗光  … 平岡祐太

高松太郎  … 川岡大次郎


西郷隆盛  … 高橋克実

桂小五郎  … 谷原章介




三吉慎蔵  … 筧利夫


小曽根乾堂 … 本田博太郎

大浦慶   … 余貴美子


後藤象二郎 … 青木崇高

山内容堂  … 近藤正臣


 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)


「もう少し、上手く生きないと殺されちゃいますよ」

福山雅治が龍馬に言った言葉。

私も、今、方々から命を狙われてます(笑)
自分にも他人にも優しくないですから私(笑)


今日の『龍馬伝』は、
これまでで「カッコイイ!」と印象付けられた福山龍馬がいただけというか。。

基本、坂本龍馬って、
維新にとって、そういうポジション、役割だったんじゃないかと思うわけです。

人間的な魅力で人と人とを結び付けて、
大事を成し遂げることが出来た人っていう。

要するに自分で全部やる必要はないってことですよね。




次回、第43回「船中八策」。
ミッチーが登場ですね。

「命を狙われるくらいのことをしないと日本は変えられんぜよ」
という龍馬の言葉。

確かに奇麗事ばっかり言ってても仕方がない。



左下奥歯の奥の歯茎は、もうダメだな。
歯茎全体が炎症起こしてる。





→人気blogランキング





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
1437位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
341位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。