スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第43回「船中八策」

長崎・海援隊本部。
龍馬は京に行くと。
容堂公が京にいる。四賢公会議。
松平春嶽、伊達宗城、島津斉彬、山内容堂。そこに徳川慶喜。
龍馬が大政奉還の実現に向かって動き出した。

お龍に手紙で語りかける龍馬。
心配すんなと。無事で帰ってくると。
「京女に京の土産買ってきてどうすんのや」と、
お龍は独り言。

 四賢公会議は荒れる。
 兵庫開港が先か、長州を許すのが先か。。
 島津vs徳川の様相。

 大久保登場。(ミッチー)
 西郷は「考えがある。坂本を呼べ!」と。

陽之介が京での海援隊の仕事をしゃべってるところで。。

船の中で龍馬が策を考えている。
それを後藤に「これどうでしょうか」と。
龍馬なりの日本の在り方。
後藤は懸命に読む。
後藤様が許すなら、
「是非とも大殿さまにも観てもらいたいです」。
後藤は遠まわしに清書を求めた。
船中八策。

 土佐商会の弥太郎のところには、
 続々と商人が集まってきた。
 借金が18万両?
 後藤の勝手な買い物が原因。
 弥太郎、後藤に騙されてる?
 後藤の尻拭いをさせられてるだけと弥太郎、暴れる。

 その後、グラバー邸に行き、
 新しい世界に身をひきいれようとする時、
 心が浮き立つと。
 イギリス。カンパニー。自由競争。
 大商いが出来る。
 金を集めるにはトップの力が認められねばならない。
 「わしもトップになりたいがじゃ!」
 「わしにイギリス流の商売を教えてくれんか!? 頼む」と。

後藤、龍馬らが京に着いたころには、
容堂は京におらず、
大政奉還を目指す龍馬らの計画は暗礁に乗り上げた。
龍馬が考えてる間に、
陽之介は海援隊の働き場所を求めてきた。
龍馬は国事に夢中だが。。
「これも大事なことでしょ!?」と陽之介に促され。。
新選組らが見廻る京の町をゆく。

そこで近藤、土方率いる新選組と出くわす。
囲まれたところを。。

中岡に助太刀される。
大立ち回り。

「近藤さん、もうやめにせんかい!?」と龍馬。
龍馬、ピストルをぶっぱなし、
中岡の手引きで相撲部屋に逃げる。

そこで籐吉と出会う。

龍馬と晋太郎の相撲勝負。
勝負しながら中岡は、
「わしは今、薩摩と行動を共にしておる」と。
武力討幕を目指して。。

「戦に勝ったち、恨まれるだけぜよ」と龍馬。

実は西郷が後藤と会いたがっている。
そのことを伝えることが中岡の目的。
願ってもない知らせ。

龍馬は急いで、それを後藤に伝えた。
絶好の機会だと。
後藤は見抜いている。
薩摩は土佐を戦に巻き込むつもりだと。
しかし、これは薩摩と土佐の知恵比べだと龍馬。
薩摩に大政奉還を目指すと言わせたら、
それでわしらの勝ち。

土佐からは後藤、寺村左膳。
薩摩からは小松、西郷、大久保。
坂本龍馬と中岡晋太郎が仲介人として同席。

中岡が促して本題に入る。

倒幕路線の薩摩と、
大政奉還路線の土佐。

武力討幕で固まっている薩摩に、
大政奉還を容堂が認識していない土佐。
力で説き伏せようとする中岡。。
その戦略なのか、西郷を中心に薩摩側は、
後藤の考えに乗った形をとる。
もし容堂公に大政奉還論を納得させられなかったら。。
「土佐藩にも挙兵していただきます」と大久保。

知恵比べ。弁論のせめぎ合い。
薩土盟約。


 グラバーはイギリス流の金儲けを教えたいと。
 グラバーは坂本ら私心を捨てて日本を変えようとしている日本人を、
 見直していた。
 倒幕なんてことをしたら日本は大混乱すると。
 そこが最大のビジネス・チャンス。


帰ってきた龍馬と中岡。
龍馬は、その約束を取り付けたことで、
ひとまず前進と満足。
中岡は納得いかない。
そんな中岡に見せたものは。。
船中八策。

大政奉還。
木戸から教えてもらったこと。

二議制。デモクラチー。
横井小楠から教えてもらったこと。

古い階級の廃止。能力のあるものの登用。
吉田東洋の考え。

異国と対等な日本。
高杉晋作が目指したもの。

武市半平太。勝麟太郎。久坂玄瑞。河田小龍。。
そして龍馬が出会った全ての人々から教わったもの。。

みなが分け隔てない。
誰かが誰かを支配する世の中は恨みを生む。
母上から教わったこと。

それを聞いて中岡は絶句。。
感動して龍馬と抱き合う。
籐吉も同様に龍馬にすがりつく。

龍馬の描いた理想の日本。


けどのぉ。。それはいかんちゃ。。
中岡。

今の仕組みに縋りついているものは、
決して、それを認めようとはしない。
それを世に出したら殺される。


命を狙われるくらいのことをせんと、
日本は変えられんぜよ。


龍馬は中岡に、そう言い放った。


「新政府綱領八策」として明治政府の基本理念となっていく龍馬の船中八策。

だが、それが、ますます龍馬を危険にさらすことになっった。

   大久保、西郷。。新選組。。
   幕府と薩摩、双方から狙われる。

  弥太郎は商売に。

 龍馬の決死の覚悟を聞いた中岡は。。
 

龍馬暗殺まで、もう5か月を切っていた。




2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』第43回 「船中八策」


 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之


高杉晋作  … 伊勢谷友介

武市半平太 … 大森南朋

楢崎龍   … 真木よう子

坂本幸   … 草刈民代

沢村惣之丞 … 要潤

陸奥宗光  … 平岡祐太

高松太郎  … 川岡大次郎

溝渕広之丞 … ピエール瀧

河田小龍  … リリー・フランキー


勝海舟   … 武田鉄矢勝麟太郎

大久保利通 … 及川光博

西郷隆盛  … 高橋克実

桂小五郎  … 谷原章介


小曽根乾堂 … 本田博太郎

大浦慶   … 余貴美子




吉田東洋  … 田中泯

後藤象二郎 … 青木崇高

山内容堂  … 近藤正臣

松平春嶽  … 夏八木勲


近藤勇   … 原田泰造

土方歳三  … 松田悟志


一橋慶喜  … 田中哲司


中岡慎太郎 … 上川隆也




 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀
題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)


分け隔てない社会は理想的な正義であろうことは、
間違いないのかもしれない。

でも、それは、ものすごく広義なことであって。。

結局のところ、個人では成し遂げられないことを達成するには、
みんなの力が必要であって、
でも、そのみんなを上手く活かすためには、
強力なリーダーシップは必要だ。

というのも事実。

平等=皆が同じ役割をこなす。ということではない。

なんか、そこんところを勘違いしている人が多い気がする。



多くのことを背負っている人間ほど、
その負担は大きくなるわけだから、
組織での立ち位置によって報酬が違うのも当たり前だし。
広く考えれば、これまで割けてた場所へ、
エネルギーを割けなくなるのも当たり前。


ただ一つ、今回、共通していることは、
ピンチの中にこそ、チャンスがある。ということ。

難局であればある程、これまで役に立たなかったことが役に立って、
逆転への原動力となりうることが出来るということ。

原動力となるための力は、
自分を信じることから生まれる。






次回、第44回「雨の逃亡者」。


大河ドラマをリアルタイムで観ている人間は、
選挙速報になんか興味がないぞ!

そうやってデジタル放送の価値を落として、
ソフトの売り上げを稼ごうとする。。

まぁ、稼ごうとしないと経済は活性化しないんだから、
文句言っても仕方ないけど。。



→人気blogランキング





秘密日記 ご本人のアクセス時のみ表示
http://spadea.jugem.jp/trackback/8486

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
1670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
407位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。