スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第44回「雨の逃亡者」

龍馬は薩土盟約を結んだのち、
長崎に帰って来ていた。

 土佐・高知城では大殿・容堂が歯痛と戦いながら。。
 大政奉還の件、で後藤から話をされていた。
 公武合体論の容堂が。。
 徳川に大藩主にしてもらった山内家が、
 徳川に引導を渡せるかと。。

土佐商会では弥太郎が「無理ぜよ」と。
龍馬は千丁の銃を調達させようと。
力なくしては守るべきものも守れぬ。
勝負の時が近づいていた。

 その2日後、引田屋。
 元は慶と一緒に外国商人の接待。
 元の帰路、人傷沙汰。
 殺されたのはイギリス船の水夫。

 イギリス公使の通訳アーネスト・サトウが、
 弥太郎のところに文句をつけに来た。
 白い袴=海援隊だと。
 パークス公使は海援隊の仕業だと言っている。
 土佐を手中にする名分づくり。。
 パークスは奉行所にも話をつける。
 龍馬を召しとる絶好の口実。

弥太郎は自分の商売の邪魔をされたと、
イギリスは怒っていると龍馬に絶叫。
そこに奉行所が殴りこんでくる。
龍馬を隠したあと、
惣之丞は「わしが話をつけてくるき」と、
自ら名乗りを上げて、代わりに奉行所へ出頭する。

弥太郎も「余計難儀なことになる!」と、
龍馬に隠れているように言いつけた。

 惣之丞は朝比奈と対峙する。
 「坂本龍馬は、お前たちの英雄かもしれないが、
  わしに言わせれば手に負えない謀反人に過ぎん!」
 龍馬の行方を「知らんです」で通す沢村惣之丞。

  朝比奈は元を召しだす。
  顔は見えなかったのか?
  坂本ではなかったのか? と。
  顔を見ていないのに「違います」という元に、
  「いつから奴の味方になった?」と。
  長崎を治めているのは奉行のわしだという自負。
  しかし元は答えなかった。
  元は御役御免。

 海援隊は真犯人さがしをする。
 「せからしか!」との福岡弁。
 弥太郎も同じく下手人探しで元のところへ。
 そこに奉行所からの捕吏。
 切支丹であることがばれた元。
 追われる身に。

龍馬は。。
弥太郎から元が切支丹であり、
逃げたということを報される。
龍馬は元を探して走り出した。
そこに下手人が福岡藩士であることがわかったと、
陽之介、高松太郎が。

 弥太郎は下手人に辿りついたと、
 奉行所の戸をたたくが。。
 朝比奈は破り捨て、
 「そうまでして坂本龍馬を庇いたいか!?」と。
 弥太郎は商売まで奪われるとあって、
 必死で「濡れ衣でございます!」と訴える。


 雨の中を逃げる元。
 探し回る龍馬。

雨の中を探し回る龍馬のもとに弥太郎。

「お前が捕まればいいがじゃ」と。

弥太郎の商売も、元の人生も滅茶苦茶にした龍馬。
龍馬が捕まればいい・
元は当たり前の幸せが欲しかっただけ。

「龍馬! おまんは疫病神ぜよ!」

「龍馬! わしの前から消えてくれや!
 もう消えてしまえや!!」

弥太郎は、そう言い放って龍馬の前を去った。
残された龍馬は。。

また、元を探し回る。
海岸。
龍馬は元を見つけた。

土佐に言いがかりをつけているイギリス公使館のもとへ、
龍馬が訪れる。
パークスは龍馬を通した。

龍馬は濡れ衣を晴らしに来た。
正々堂々と。

海援隊とイギリスは同じ目的を持っている。と。
わしらはイギリスを世界に誇れる立派な国にするために戦っている。
証拠はない。だが命をやるわけにはいかない。
やるべきことは山程ある。
「今は、この坂本龍馬の命、日本のために使わせてもらえませんでしょうか?」と頼み込む。
サトウは(この男、使えます)とパークスに耳打ちする。

「坂本龍馬さん。日本を変えられますか?」

「必ず、必ずやこの日本を新しい国にしてみますき」

パークスは龍馬にシェイクハンドを求めた。
利害が一致した。
パークスは龍馬の助命のために奉行所へ行こうと。。
龍馬は、もうひとつの願いを託した。


 弥太郎が奉行所に惣之丞の解放の礼をしにきた。
 弥太郎は、もう龍馬とは関わりたくないと。

龍馬がした頼みとは、
元を船に乗せてイギリスに行かせて欲しいということ・・

龍馬と慶が送り出す。
元は龍馬に心から礼を言う。

龍馬は、みんなが笑って国にしてやると約束した。


 惣之丞の解放に歓喜の海援隊。


この時、龍馬の死は、あと三月に迫っていた。





2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』第44回 「雨の逃亡者」



 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之


高杉晋作  … 伊勢谷友介

うの    … 中村ゆり

お元    … 蒼井優

 

沢村惣之丞 … 要潤


陸奥宗光  … 平岡祐太

高松太郎  … 川岡大次郎

溝渕広之丞 … ピエール瀧



小曽根乾堂 … 本田博太郎

大浦慶   … 余貴美子


朝比奈昌広 … 石橋凌



後藤象二郎 … 青木崇高

山内容堂  … 近藤正臣



 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)


間違いなく「終わり」に向かっている龍馬の人生。

龍馬みたいな生き方は、
多くを敵に回すと。。

後世では英雄とされている龍馬も、
直接、その痛みを味合わされた人間からすれば、
疫病神でしかない。

だが、痛みを伴わない改革なんてない。。


龍馬のように人を動かさなきゃいけない。
熱い心で。。

自分で全部できるわけじゃないんだから。。

これが苦手なわたし。。
どちらかというと中田英寿的な司令塔なんで。。
全部、キラー・パス。

走らせた分、自分も走らなきゃいけない。
それに雁字搦めになっている今の私ですが。。
そうしなきちゃ、自分は育たないと思っている私。。


時には「使える」と思わせなきゃいけない。。
これは。。
口で「出来る」って言い続けてないと、
出来るようになんないんだよな。。
自分を高く見積もってかないと。。
でも、その負債も積もっていくから、
そこに一番気をつけないといけない私。


結局、坂本龍馬も借金財政な生涯だったから、
暗殺されてしまうハメになったんだな。。




次回、第45回「龍馬の休日」。

また選挙速報か。。

吐き出し続けていると、
何も身に付かなくなるかもしれない。


正直、疲れてんですよね。
季節柄、こっから不安だらけだし。。
でも適当に気付かないふりして受け流して、
少しずつでも前に向かっていかないといかない。

でも、神経過敏だから「気付かないふり」が一番苦手。
器用には生きられん!
陰口言われながらも、走って休んでを繰り返していくしかない。


→人気blogランキング



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
1670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
407位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。