スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第46回「土佐の大勝負」

慶応3年9月、ついに龍馬は土佐に戻った。
無血倒幕のために山内容堂を動かさなくてはならなかった。
最新式のミンエー銃千丁。
「どっちに向かって使う気か!?」という容堂。
後藤は容堂に龍馬を会わせようと。。

龍馬も気が急いている。
薩長は、もう待ってはくれない。

龍馬は生家へ戻った。
兄姉姪とその子。皆、大喜び。
龍馬は、今回の帰参のわけを話す。
そこに岩崎家からも使い。
そこで宴会。

仕事が出来るから言うて、
人様を見下すようなことをしては、
わしがゆるさんと弥太郎の母。

侍が商売をする=商人と一緒ではいかん。
自分が日本が引っ張るつもりがないと。と弥次郎。

龍馬は「弥太郎には自分というものがある」と。


 弥太郎は己の道で成功すると決意していた。
 土佐商会の仕事の裏で自分の商売。
 土佐商会の他の人間にも、弥太郎に共感するものがいた。

土佐では藩の行く末について喧々囂々とした議論が。
龍馬が帰ってきたという噂は一夜で広まった。
皆は龍馬の話を聞きたがる。
かつての仲間も、それ以外の者も。

後藤は、再三、容堂に願う。
坂本に会ってくださいと。

土佐では未だに上士と下士。。

今のこの世の中の流れを作ったがは坂本龍馬です。
後藤は、そう言って説き伏せる。
容堂は、その話を初めて聞いたが。。
後藤は「妬ましかったがです!」と。

龍馬は上士らをねじ伏せる。
また買った恨み。


ついに龍馬は、山内容堂との対面を許された。
その身分差ゆえに庭でだが。。

龍馬は正面切って願い出る。
徳川慶喜公に政権返上を求める建白書を書いて欲しいと。
直訴。受け入れられなかった時は腹を切らねばならん。
腹を切る覚悟で直訴。

武市を助けたかったから東洋暗殺の罪をかぶった。
仲間を斬らせた土佐の在り方が憎いと龍馬。

しかし「憎しみからは何ちゃあ生まれんです!」

憎むべきは260年続いてきた、
この国の古い仕組みですき!

幕府も藩も、もういらんがです。
この国は新しう生まれ変わらねばならんです。

将軍も大名も、武士という身分もなくなる。


世の中が変わるいうことを、
突き詰めていうたら、龍馬が言ったようなことになる。

龍馬は船中八策を提示した。
後藤は容堂に決断を促す。

武士も大名もなくなった世の中に何が残るか。。

龍馬は答えた。

「日本人です。異国と堂々と渡り合う日本人が残るがです」と。


坂本龍馬は、また1つ、
大きな何かを動かす。




権平は坂本の家のことが心配。
龍馬は大仕事を終えたら、
この家に戻ってくると。
それまで、もうてょっと待ってくださいと。。

龍馬は、また朝を迎えた。

山内容堂も同じ朝を迎えた。

大政奉還の建白書を書いて慶喜の怒りを買ったら、
山内家は取りつぶしになるかもしれない。。

しかし、後藤は。。
大殿様が一大決心をもって意を決したなら、
それに異を唱える家臣など1人もおりません。と。



武士の世を、終わらせるかえ。


容堂公は決意したがじゃ。
たかだか一藩を治める者が大政奉還を建白するなどは、
途方もないことだった。

容堂公が書いてくれた建白書。
龍馬が持ってきた銃千丁。
土佐藩が9千両で買い上げてやる。
しかし徳川様に向けるつもりはない。
あくまで土佐を守るための武器だ。

龍馬は容堂が建白書を書くと信じていた。
それは何故か。
武市の牢に来たと聞いたから。

同じ地べたにすわり、「お前はいい家臣だった」と。


龍馬は、容堂公に、こころからお礼を申し上げた。

そして後藤にも。

後藤は龍馬に手を差し出した。
強く握られた2人の手。




海。龍馬と乙女。
龍馬は「明日、京へ立つがじゃ」と。
乙女は「命だけは大事にせいや」と。

乙女が感じている龍馬を取り囲むもの。




龍馬と乙女が、再び夢見る世界の海。


龍馬に残された時は、
もう40日しかなかった。



2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』第46回 「土佐の大勝負」




 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之

岡上乙女  … 寺島しのぶ


坂本権平  … 杉本哲太

坂本伊與  … 松原智恵子

坂本千野  … 島崎和歌子

坂本春猪  … 前田敦子(AKB48)

岩崎弥次郎 … 蟹江敬三


後藤象二郎 … 青木崇高

山内容堂  … 近藤正臣



 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)



私も、今の流れのきっかけを作ったんだ。。
私の身辺、慌ただしいが、
きっかけを作ったのは間違いなく私。
それは変革に必要なもの。

きっかけを作るときには、
極論を吐かねばならない時もある。

そうでもしないと、
古きものは動かせない。

しかし。。
それは龍馬がしてきたように、
全ての方向にいい顔ができるもんでもない。
そうしてきたつもりでも、
面白くないと思うものはいる。

敵を増やすことになる。

一大決心。
波風を立てたからには、
その波風に向かっていかなくてはならない。
そして、鎮めなくてはいけない。

大丈夫。
味方だって増えている。




次回、第47回「大政奉還」。


ドラマのことだけをいうなら、
「龍馬暗殺」という最後が見えているだけに、
どんな光を描こうと、白々しさは消えない。

『新選組!』のように負け組で死んでいった人達の生涯と違い、
勝ちを担いながらも、自らは犠牲になった人物だから。。

いくら世の中を良くしても、
自らを完全に犠牲にしたら。。
ドラマのように終わりに向かって生きていくわけにはいかないんだから。。

そうそう肯定的になれるものでもない。
その姿に賛辞ばかりを送れるものでもない。


ただ、人は、時に、そこまでの思いをぶつけなくてはならないのかもしれない。


残り僅か2回。





→人気blogランキング


終わりは、次への第一歩。
どこに向かえばいいのか。。
それを考えることが大事。

向かう方向はわからないが。。


それにしても、しぶとい風邪だ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
244位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。