スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第47回「大政奉還」

ええじゃないか。
慶応三年10月、京の町は混乱していた。
ええじゃないか。
空から御札が降ってきた。

 その頃、徳川幕府も混乱していた。
 後藤が老中板倉に授けたもの。
 容堂による大政奉還の建白書。

 慶喜と幕閣。

龍馬は、もうひと押しと。

 弥太郎は新しい仲間と、
 ミンエー銃の取引を進めていた。
 長崎・引田屋。
 戦が起こったら、わしは儲かる。
 そこでも坂本さんの話。

龍馬は若年寄・永井に対面。
勝の師だった男。
船員、船客を助けることが第一。
ならば徳川将軍は大政奉還をするべきという龍馬の論法。

永井は龍馬に「出てけ」と。

 弥太郎は龍馬が留守に海援隊へ。
 惣之丞が弥太郎と対する。
 「おまんは、何のために金儲けをしゅう?」
 「わしらが金儲けをするがは、龍馬に思う存分動いてもらうためじゃが」
 そう言い放つ惣之丞。

 永井は慶喜に大政奉還を上申。
 慶喜は、京にいる全ての藩の招集を命じた。

龍馬の元へ中岡が走った。
報せは京にいる全ての藩の重役が集められるという。

 薩摩、長州らは挙兵の準備。
中岡も「土佐も兵を挙げや」と龍馬に進める。
中岡も戦がしたいわけではないが。。
幕府を倒すためには戦しかないと。。

龍馬は急ぎ後藤に文を書いた。
戦だけは避けなければなりませんと。。
大政奉還が退けられたら、
わしは海援隊を呼び上様(慶喜)を斬ると。
上様1人の命で日本が救われるなら安いもの。
後藤さんも、その覚悟でと。


 弥太郎は皆が坂本、坂本いうのが気になった。
 龍馬は大政奉還を成し遂げる。。
 「何が何でも明日のうちに銃を全部売るがじゃ!」

 二条城には在京40藩の重役が集められた。
 土佐藩の山内容堂が大政奉還を建白してきた。
 皆に問いたい。と慶喜。
 もし、わしがこれに応ずるとすれば皆、なんとする?
 徳川家は大政をお返し奉ってもよいと思うか?

 重役らは答えを躊躇い、国元へ帰り相談してまいりますと。
 その中で、後藤は意を決した。
 覚悟をして大政奉還をすべきと唱えた。
 慶喜に胸倉を掴まれながらも、
 「上様、御英断を!」と真情を語った。
 「もうよい。皆下がれ!」と。

龍馬の元にも噂が。
上様は、途中で人払いをされたと。
大政奉還をご決断されたか、まだわからん。。

龍馬は籐吉に航海の基礎を教えていた。
わしらがやることはすべてやった。
今更、じたばたしても仕方がないと。
籐吉に教える測量法。

「早よう船出したいのぉ。。
 新しい船で、新しい海にじゃ」

土佐にいる兄やん姉やん、お龍、
もちろん長崎にいる海援隊。
どんな世界が広がっているか。。

夢を語る龍馬。

美しい星空の後には、
また新しい朝が来る。


寝起きの龍馬を訪ねてきたのは。。
「勝先生!」

こっそりと京の町を見に来たという勝。
「元気じゃねぇよ! 面洗ってこいよ! 話があんだ!」

山内容堂公に建白書を書かせたのは龍馬だという話を知ってる勝。
今じゃ、俺とお前さん、敵同士だぞ。

幕府には2万からの人がいる。
大政を奉還するとなれば、
そいつらの、ほとんどが役目を失う。
そういう勝に。。

龍馬は「そんなことは、どうでもいいことですろ!?」
という龍馬。

筋は通っている。

徳川将軍を敗軍の将として、ぞんざいに扱うことは、
絶対に許さねぇ! と勝。
薩長を抑えられるかい?

はい! と約束した龍馬。


そこに陽之介らが駆け付ける。
上様は大政奉還をご決断されたと。

勝も唖然とした。

大喜びの龍馬ら。

「坂本龍馬! なんて野郎だよ!
 たった一人で、これだけの大仕事をやってのけた!」

「先生。。
 でも、1人じゃないですき。。みんなでやったことですき。。」


慶応3年10月14日。
ついに徳川幕府が終焉を迎えた。


 「負けた~! また、負けた!」という弥太郎。


中岡の居る前で西郷は「坂本を生かしといたのは間違いじゃった」と。

西郷、大久保、小松ら薩摩、
木戸ら長州、
そして徳川。。

その全てから命を狙われる立場となった坂本龍馬。


ええじゃないかの騒ぎの中で踊る龍馬の前に、
新選組。

その前に「待てよ!」と勝安房守が。
「坂本龍馬を斬ることは、おいらが許さねぇ!」
勝は新選組の前に立ちふさがった。


龍馬は近藤に説いた。
「もう人斬りはやめんかえ?」と・

「新しい日本だ?」

近藤、土方らは退いた。



そして、また、ええじゃないかの大合唱が始まった。



大政奉還は、わしの夢でした。
けんど、それだけでは人々の暮らしは変わらん!
全てはこれからじゃき!

こっからが、お前さんの勝負のしどころよ!



これからの龍馬の仕事は。。



再会を約束して別れた師弟。




 弥太郎も大政奉還前にミンエー銃を売りぬいて、
 大儲けした。
 龍馬を信じてしまった弥太郎。



龍馬は文を書いていた。
龍馬のやらんといけん仕事。


新しい閣僚の組織。







2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』第47回 「大政奉還」


 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之

沢村惣之丞 … 要潤


陸奥宗光  … 平岡祐太

高松太郎  … 川岡大次郎

勝海舟   … 武田鉄矢
勝麟太郎

大久保利通 … 及川光博

西郷隆盛  … 高橋克実

木戸寛治  … 谷原章介


板倉勝重  … 斉木しげる

小曽根乾堂 … 本田博太郎

大浦慶   … 余貴美子

後藤象二郎 … 青木崇高

山内容堂  … 近藤正臣

永井玄蕃頭 … 石橋蓮司

近藤勇   … 原田泰造

土方歳三  … 松田悟志

一橋慶喜  … 田中哲司

中岡慎太郎 … 上川隆也




 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)


弁舌と剣。

この幕末という時代、
人の力となりえた二つの技量。

剣を後ろ盾にした自信で言葉に説得力を持たせた龍馬。

そして、その明るさで人を惹きつけ大事を成し遂げたが。。


変化を望む人間、望まない人間。
主導権を握りたい人間、傍観者でいたい人間。

結果、全てを背負い込むポジションに追い込まれた坂本龍馬。
その複雑な立ち位置故に、
未だに坂本龍馬暗殺の真犯人は特定できないでいる。

織田信長の最期となった本能寺の変で、
明智光秀の裏で糸を惹く黒幕がいたといわれるように。。


事を成し遂げてしまった後の自分の立ち位置。
それは、ある程度、想像しておくべきだとは思うが。。
考え過ぎては怖くて何も出来なくなる。
それで行動力を失っては本末転倒とも思える。
しかし、各方面への配慮は必要だ。


なんだろう。。

『龍馬伝』の話の進展と、
私の現状が、少しリンクしている。

ただ、私は暗殺なんて最期は迎えない。






次回、最終回、第48回「龍の魂」。






→人気blogランキング







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
148位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。