スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』最終回(48)「龍の魂」

武市半平太が門弟に稽古をつけている。
平井収二郎、岡田以蔵、望月亀弥太、そして近藤長次郎。
今は亡き土佐の仲間が、土佐の海辺で龍馬を出迎えてくれる。
龍馬を、よくやったと褒めてくれる。


龍馬は陽之介に起こされた。
近江屋で。
夢だ。
龍馬の考えた土佐蒸気船。
京の町は

新政府綱領八策を陽之介にさずけ、
大政奉還がなされたあと龍馬は。。

 弥太郎も龍馬の居所を探していた。
 土佐藩邸の門を叩く。門前払い。
 あんなやつに関わらん方がいいと言われる。。

目くそは、目尻じゃなく目頭から出る。
司馬遼太郎『竜馬がゆく』へのオマージュ。
いつになったら京の町は落ち着くのか?

龍馬は密かに越前に向かった。
新選組の探索。
京都見廻組と新選組。。

越前城では松平春嶽公に龍馬が八策を渡した。
○○○となっている日本の総裁の名。。
龍馬を首座に座らせる春嶽。
居心地が悪いと龍馬。
高い所に座ると、みんな気持ち良くなって、
そこからは降りたくなくなるもんじゃ。
「慶喜公は降りてくださいました。」
「あの御方だからこそ出来たことじゃ。」
世の中は容易には起こらないと春嶽。
○○○に疑心暗鬼を抱くと。。
それで良いと龍馬。
誰が相応しいか、皆、真剣に考え出すと。
「日本人はみんなが前を向かんといかんです」

 騒然とする薩長ほか諸藩。
 長州では木戸が、落ち着きながらも。。
 小松、西郷、大久保と徳川討伐をもくろむ薩摩を、
 抑えんとする中岡慎太郎。

 近江屋に辿りついた弥太郎。
龍馬と弥太郎の対面。
龍馬は自分が大儲けしたものを龍馬に見せたかった?
違った。
龍馬に負けを認めに来た。
龍馬を信じた自分を認めに来た。
悔しいながらも認めに来た。
「これは、おまんの金じゃ!」と。
坂本龍馬が足元にも及ばん男になってみせると。
弥太郎は、この世の誰よりも龍馬が嫌いと。
でも、龍馬は、お前のことを嫌ろうたことは一度もないと。
死ぬまで友達だと。。
「そういうところが嫌い」だと。。
自分の好き放題生きてきて、それが上手くいって。。
自分が、つまらない、こんまい人間に思えてくる。
「人がみんな、新しい世の中を望んでいると思ったら大間違いじゃぞ!」

龍馬に警告を与えに来た龍馬。

眩し過ぎる日の光は、無性に腹が立つ。


辞世の句。
龍馬は自らの最期を悟っている。

出来ることをしただけ。

龍馬は弥太郎に志を託した。


「達者でのぉ」

弥太郎は龍馬の言葉が離れなくなっていた。


龍馬は龍馬に文を書いた。

龍馬は三味を弾いて、その言葉をなぞった。

龍馬と志を同じくする海援隊は英語の辞書を作る。

龍馬は近江屋にいる藤吉らに形見分け?

アイラヴユー というエゲレス語。

一番大事な言葉。




 中岡慎太郎は西郷隆盛に戦をしないように説いていた。

 木戸寛治は長州の者たちにせかされていた。

 薩摩も長州も、坂本龍馬の真意を量りかねていた。

 薩摩のもとにいる中岡。
 徳川慶喜の名を書こうとしていたのなら斬ると中岡。
 自ら龍馬の真意を確かめに向かう。

龍馬の元に中岡からの文。
「居場所を、知らされたし」

 中岡vs新選組&見廻組。
 近藤勇vs中岡慎太郎。

 一騎討ちの末。。
 中岡は問うた。
 刀が役に立たない世の中が来る。
 「お主、これからどうする?」


 今度は弥太郎が見廻組と対峙した。
 今度は舌戦。
 坂本を恨んでいるものは大勢いる。
 「けんどのぉ! 龍馬は殺されるほどのことは、しとりゃせんのじゃき!」
 出過ぎたことはしたのかもしれんけど、
 龍馬には、なんちゃあ悪気はない。
 「龍馬を殺しちゃいかんぞ!」
 金ならある。五千両全部やると。

 しかし侍を愚弄したと。
 武士の社会を無にしたと弥太郎の鳩尾に拳を入れる。


龍馬の誕生日。
龍馬は風邪をひいている。

龍馬が書いていたのは、
新政府の閣僚候補名簿。

龍馬は武市、以蔵と盃を重ねながら、
土佐の仲間に新政府での役割を与えてやっていた。
長次郎にも。
そして、他の今は亡き同士・高杉にも。


雨。
中岡が密かに龍馬を訪ねる。
しかし、すでに見廻組が。。

京都近江屋。
坂本龍馬と中岡慎太郎の対面。
新政府の重役。
これを元に木戸さんや西郷さんとも考えてみようと。

中岡は春嶽ほか徳川御家門の名が入っていることが気に入らない。

龍馬は軍鶏を買いに走らせた。


人の気持ちは、それほど割り切れるものでもないと晋太郎。

けど変えなきゃいけないという龍馬。

○○○


「それはのぉ。。みんな じゃ」。

「あの○○○には みんな が入る」

上士も下士もない。志のあるものなら、
みんな が入れる。
それをみんなで選ぶ。
みんなが選んだ、そのお人を、
この人ら(重役ら)で支えたらいい。

中岡、わしを斬る前に、よう考えてみ。


「おまんの名前がない」

わしは役人になるつもりは、これっぽっちもない。


 弥太郎が危険を知らせんと京の町を走りまわる。

龍馬は世界の国を走り回る。

龍馬の、これからの夢は、
世界中の面白いものを日本にもってくる。
日本という殻に収まらず、
世界という大海に漕ぎだす。

蝦夷地開拓。

船があれば何だってできる。

中岡は涙した。


近江屋の戸を叩く音。

中岡慎太郎の家内と名乗る女。

そして「ほたえな!」


と。



龍馬、暗殺の最大の見せ場に選挙速報。


NHKは放送の価値を下げることしかしない。

地上波でのBSのCM!




龍馬に変えてもらわなきゃならんのは、お前らだ!!



血みどろの中岡。
即死したといわれる龍馬だが。。

龍馬と話続ける。




もう観る価値ない。


すっかり感情移入を妨げられてしまった。




弥太郎が見廻組に噛みついている。

しかし坂本龍馬は斬られてしまった。



変えられない事実。

犯してしまった過ち。


坂本龍馬は死んでしまった。


選挙速報は重ねられてしまった。


犯してはいけない過ちが、
たびたび繰り返される世の中。

それを知らしめるためにやっているのか?





「龍馬を帰してくれ!」と繰り返す弥太郎。


いくら嘆きを繰り返しても、
起きてしまった事実は覆らない。


お龍のもとに現れた龍馬の魂。

龍の魂。





NHKという放送局には、
龍の魂は受け継がれていない。


放送局であるからには、
放送の質を上げることこそが最重要課題。

せっかく質の高いソフトを作り上げておいても、
二次使用による収入を優先して本放送の質を落とすようでは、
全くの本末転倒。









2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』最終回(第48回) 「龍の魂」


◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之


武市半平太 … 大森南朋

楢崎龍   … 真木よう子

岡上乙女  … 寺島しのぶ

近藤長次郎 … 大泉洋

岡田以蔵  … 佐藤健
 
望月亀弥太 … 音尾琢真

沢村惣之丞 … 要潤

陸奥宗光  … 平岡祐太

高松太郎  … 川岡大次郎

大久保利通 … 及川光博

西郷隆盛  … 高橋克実

桂小五郎  … 谷原章介


松平春嶽  … 夏八木勲


近藤勇   … 原田泰造

土方歳三  … 松田悟志

沖田総司  … 栩原楽人

今井信郎  … 市川亀治郎

渡辺篤   … SION

佐々木只三郎 … 中村達也




中岡慎太郎 … 上川隆也




 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)



龍馬暗殺の実行犯として、よくいわれる今井信郎。
その役割ゆえに、見廻組隊長の佐々木只三郎よりも、
隊長っぽいキャスティングになってしまいました。

言いたいことは、伝えました。

龍馬 伝。



NHKという放送局には 志 は無い。

作り手が可哀そう。。






楽天広場テーマ『江~姫たちの戦国』

楽天広場テーマ『坂の上の雲』




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
815位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
204位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。