スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Q10(キュート)』第8話

案外、簡単じゃん」と。。

知恵の輪を力づくではずし。。


どうして充電できたのか。。
月子の仕業であることは間違いないが。。
富士野月子。。過去にQ10に登録されていた名前。
管理人R31? が月子の名前?
ということは。。?

月子が自分の代わりにつくらせたロボット?

本当に怖いのは不幸になった時、
考えるのをやめてしまうこと。
一番の敵は自分の中にある。
パニックになって何も出来なくなる。。

この時の平太にはわからず、
平太は、とりかえしのつかない過ちを犯した。

Q10の手を放した。

Q10の履歴。。
Q10のお家とは。。
未来に戻る?

かぐや姫は月に帰る。。
しかし残された者は。。
思い出だけが残る。。
会えば別れの始まりである。。



久保も急変。



【送料無料】魔法の料理~君から君へ~

【送料無料】魔法の料理~君から君へ~

価格:1,050円(税込、送料別)



作者が中途半端に投げ出してしまったマンガ。
それに依存していたが為に、どうしていいかわからなくなる男。

パンドラの箱。
月子が中尾に渡していた地球の柄の球は。。
Q10の部品?

景山は、河合と映画をとり、
別れを告げたことを後悔し始めた。


Q10の回収が決まったと平太に告げる月子。
「もう決まったことだから」

「何の力も持ってないし」という平太。



「Q10の帰る家は深井平太です」
そういって平太の手を掴んできたQ10の手を、
「大丈夫。俺もそう思ってるから」と放した平太。

それがサヨナラ。。

中尾から不思議なパーツについて話された栗子は。。
Q10に、それを。。?


久保の病状が急変。。
民子は会わせてもらえない。
しかし平太も心臓に病を抱えてはいる。。



そして月子→R31は話し始める。。
2080年。
70年先の未来から来たQ10ら。。
時空を超えるのは過酷。。
だから代わりにロボットが来る。。

未来の平太の奥さん。。
重い病気にかかった70年後の奥さんが、
出会う前の平太に会いたいと。。

「平太、また会おうね」
現在の平太を未来の奥さんに届けるためにやってきた。
奥さんは亡くなった。
Q!0の役目は終わった。

「死ぬほど考えるの!」
教授の言葉。
パニックになった平太。
死ぬほど考えなくてはならない瞬間がきた。
人生を左右する瞬間。
大きなターニングポイント。
決断を急くことで判断を誤らせようとする相手。
色んな時空を飛ばされ続ける教授を救いたくばリセットボタンを押せと。。
そして平太は。。

Q10のリセットボタンを押した。。



平太を慰めるもの、責めるもの。。

そして自らを責める者たち。

そして。。
充電。


思い出。。
それは後悔を増幅させる。。
でも、それなしでは人は生きていけない。
大切なものを失くした人は。。
そして忘れていく。。
そうしないと人は生きていけない。
失くしてしまった苦しみから逃れなられない。


でも、それが亡くしたのではないと気付いた時。。

同じ過ちを繰り返してはならない。



そして出会う。。?
時間のループが元に戻った時に、
出会うべき人に。

土曜ドラマ Q10キュート 第8話




 ◆キャスト◆

深井平太    … 佐藤健

Q10(久戸花恋) … 前田敦子(AKB48)

山本民子    … 蓮佛美沙子
景山聡     … 賀来賢人
藤丘誠     … 柄本時生
河合美恵子   … 高畑充希

中尾順     … 細田よしひこ

富士野月子   … 福田麻由子


深井武広    … 光石研

深井ほなみ   … 西田尚美

深井千秋    … 松岡璃奈子

久保武彦    … 池松壮亮

小川しげ    … 白石加代子

小川訪     … 田中裕二(爆笑問題)

岸本路郎    … 小野武彦

柳栗子     … 薬師丸ひろ子

 ◆スタッフ◆

脚本  … 木皿泉

主題歌 … 高橋優「ほんとのきもち」




 
            →公式サイト(TBS)



考え抜くこと。
放棄しないで考え抜くこと。
それが唯一の後悔しない方法。

この歳になるとわかってくる。
やっと、わかってきた。
手帳をしっかりとつけるようになったり、
ブログに自分の考えを書き連ねたり。。
毎日、いくつも繰り返されるターニングポイントでの選択。
その選択を迫られ続けたが為に、わかってきた。

間違いを犯さないため、最小限に抑えるためには、
よく聴くこと。
良く考えること。
相談すること。

でも判断すべきときは、
決断すべき時は、突然訪れる。
そして、そこに余りの多くの猶予はない。
怖れ怯え。。
そして大事なものを見失う。
出来なかった抵抗。

残る後悔。

繰り返される後悔。。

失敗をすればするほど、
人は臆病になる。
臆病が、更なる後悔を生むことを知りながらも。。




弱り目に祟り目。
結局、人は人に負担を負わせる。
そうして負わされた人は、
それを叶えようとして無理をする。
その無理が悲劇を呼ぶ。

背負いきれない荷物を背負っている、
増え過ぎた人類。
人類が増え過ぎた故に増えた負担が、
いくつかの種類にわかれて、
別々の所にのしかかる。

それゆえに、背負う人間も、
同時に増えているはずなのに、
負担だけがクローズアップされるハメになる。

それこそが負の連鎖。


踏み出してしまえば、意外と楽なのかもしれない。
踏み出す前も、踏み出した後も、
どちらも現実なんだから。。
厳しさは変わらない。
だから、喜びも楽しさも同じなのかもしれないけど。。

人は踏み出せない。
情報や知識が増え過ぎたが故に。。

増え過ぎたものは人を苦しめる。
苦しさは人の判断力を鈍らせ、
更なる苦しみを生む。

でも。。

苦しんだ経験は、
同じ過ちを繰り返さない糧にはなっていくはず。
それがなくては人は学習しない生き物ということになる。

たとえ苦しくても、
人は生きていくしかない。
苦しみは生きることについてまわるものだから。

そこから逃げ続けているうちは、
生きている幸せを味わっているとは言い難いのではないだろうか。



→人気blogランキング




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
799位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
202位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。