スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第2回「大器晩成?」

嘉永五年(1852年)秋。

龍馬、土佐を出たいと、
江戸に行かせてくださいと、
兄と父に願い出る。

逆に、堤作りの差配役を命じられる。。


そのことを道場の仲間に笑われる。
文武両道の武市さんこそが、江戸で学ぶべきと。
武市は「土佐にいても学ぶことはできる」と。

 加尾は、しきりに龍馬のことを気にする。
 龍馬が江戸に、という話に弥太郎は。。

 武市の祖母は寝たきり。。
 半平太を頼りにしている。

龍馬は堤作りの現場に。
挨拶をするが聞く耳もたれぬ。
何をしていいかわからぬ龍馬。
退屈しているところに、
小娘が握り飯を置いていく。
気になって観に行くと。。

百姓母子が脱穀を。
「理由がないもんはもらえんぞ」と。
戻ると喧嘩が。
仲裁に入るが大乱闘。

2つの村が畑の水のことで争っていた。


 弥太郎は金策に困っていた。
 龍馬が恨めしい。
 弥太郎の母は銭を溜め込んでいた。
 弥太郎に学問を捨てさせないために。

 兄・収二郎が加尾を呼ぶ。
 縁談。。
 断ってくださいと加尾。

龍馬は堤作りに執心。
 その頃、ペリーが。。
 江戸の幕府では。。
悩む龍馬。
風車を振り回して。。

翌日龍馬は、現場に酒を差し入れた。
今日は仕事はやめにして酒でも飲もうと。

 龍馬の父・権平が団子を食べているところに、
 武市が。。
 「龍馬は、お父上がお思いになっているような男ではないかもしれんです」

酒を飲みながらも結局、喧嘩。
なんとか人の和を作ろうと、
今度は三味線片手に歌いだす。

土佐の国を動かしているのは上士。
米を作っているのは百姓。
下士は焼役立たずだと。
犬のクソだと。。

洪水で苦しめられている近隣の民。
そのための大事な仕事だと。
皆に、熱く語る。
しかし、百姓らは。。

 父は日根野道場の師範に龍馬の人物を問う。
 「龍馬は強い。
  強いけんど足りん。
  足りんけんど、大きい。
  大きいけんど、わからん」
  他とは違う何かを持つ龍馬。

 弥二郎は、また飲んで帰ってきた。
 母の貯めていた銭を博打に。。
 そして、腹を切ると。。

龍馬は相変わらず。。
そこに弥二郎が通りかかったところに。。
加尾が弁当を差し入れに来た。

加尾は縁談の相談を龍馬に。。
祝うふりをする龍馬の弁当を取り上げる加尾。。
「私は龍馬さんが好きやったのに。。」

呆然する龍馬。
雨の中。。
「わしは、人の気持ちがわかっちょらん。。
 何一つ、わかっちょらん。。」
そして俵を担ぎ始める。。
雨の中。。

「わしには無理じゃぁ!!」
叫び始める龍馬。。

そんな龍馬を見ていた百姓らが。。

堤は期日どおりに完成した。


龍馬と酔った父。。
龍馬は改めて、
「江戸に行かせてつかあさい!」と願い出る。
今のままではいかんと。
拾い世の中を見たいと。。

父が差し出したのは、
日根野先生が書いてくれた、
千葉定吉への紹介状。。






2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』 第2回 「大器晩成?」




 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之

武市半平太 … 大森南朋

平井加尾  … 広末涼子

坂本乙女  … 寺島しのぶ

坂本幸   … 草刈民代

千葉佐那  … 貫地谷しほり

坂本八平  … 児玉清

坂本権平  … 杉本哲太

坂本伊與  … 松原智恵子

坂本千野  … 島崎和歌子

岩崎弥次郎 … 蟹江敬三

岡田以蔵  … 佐藤健
 
望月亀弥太 … 音尾琢真

平井収二郎 … 宮迫博之

 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)



他とは違う龍馬というのは、わかるけど。。
龍馬が堤作りの百姓らを動かした過程は、わかりづらい。。
ちょっと説得力に欠けるなぁ。。

何か、人を動かすだけの力があったのか。。
龍馬の「熱さ」?
そういうことなのかな?



龍馬が龍馬になる前。。?

何故、龍馬が江戸に行くことになったか。。
ってのを描いた、今回ですが。。


正直、描けてないなぁ。。


何を描きたかったのかなぁ。。

龍馬と弥太郎の境遇の違い?

なんかピンボケな気がします。。



第2回にして、ちょっと拍子抜け。。?

でも、気付いたら終わってた。。
ドラマに入り込んではいるのかなぁ。。




次回、第3回「偽手形の旅」



楽天広場テーマ『龍馬伝』


楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
198位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。