スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江~姫たちの戦国~』第28回「秀忠に嫁げ」

嫡男・鶴松の死→秀次かを関白へ
の誕生→秀次追い落とし。。

文禄三年春、伏見城に移る北政所、龍子ら。
しかし鶴松を城移りのあとに亡くしたは、
城移りはせぬと。

そこに昼間から酔った秀次
鷹狩で良い雉が取れたと。
叔父上は自分が邪魔なのでしょうな。と秀次
こんなところで酔いどれておるより関白としての仕事をしなされ!と北政所

それから時は流れ。。
を伏見城に迎え入れる秀吉

文禄四年三月。
が伏見に移った祝儀として帝から刀や従五位の官位。
きな粉にございます。と砂金を公卿に配る。
秀吉は明らかに秀次を追い落とさんと。。

秀吉は三成に相談。。というより。。
三成は、実はよからぬ動きが。。と。
三成も言葉は控えつつも、太閤殿下に不満を持つ動きがあると。
あとは、そちに任せる。と。
わしが目の黒いうちに、が関白となった姿を見たいのじゃ。
茶々とのこと、くれぐれも頼むぞ。
2人のことを任せられるのは、そなたをおいておらぬ故な。
諸々、頼むぞ。

家康秀次のご機嫌伺い。
秀忠も従う。
伏見では諸大名が屋敷を作っている。
本多正信を従え腹の内の見えぬやりとり。

家康秀忠、正信はのもとへ。
秀勝の位牌に手を合わせる。

秀吉、秀次、のことを家康に尋ねる。
家康は豊臣家中のことはと明言を避けたが、
秀忠が代わって答える。
付け入る隙を与えぬことでしょうな。

書を読みふけっている秀次のもとへ、
が、関白のお勤めに励んでくださいませ! と。
そこに秀次に呼ばれて来たのは秀忠
和歌、物語などはお好きですかな? と。
徳川を味方に引き入れようと?
秀忠に、しばらく逗留されてはいかがでしょうか?
そこに朝廷からの使者がと。
秀忠は、私はこれでと。

秀忠はわかっている。秀次の意図を。
そこに。走って母・のもとへ。
秀勝との間の子・の顔をみて不思議な表情の秀忠。
は父上ですか? と秀忠に。
誰を見ても父と思うと。。

聚楽第に夜更けに押し入るように尋ねる三成。
太閤殿下への御謀反の疑い。と。
ならば、その旨、太閤殿下に誓紙をお書きください。

ところが。。
謀反の証拠さがしの三成による聚楽第捜索。

秀次の高野山追放。切腹が言い渡されましょう。

何故、そこまで、秀吉のために手を汚す。

主君をお守りする。それだけにございます。

私を秀次様に会わせろ!
は三成から脇差を奪い自らの喉に。


釈明のために赴いた伏見にいる秀次のもとへ江が。
身内思いの叔父上が実の甥のわしを殺す。。



秀次様が御切腹なさったのは、それから七日後。


そして、そればかりでなく秀吉は、
秀次の正室、側室、幼い子供たちをことごとく処刑した。

江は、許さぬ。と。

そして秀吉のもとへ。

そこには狂乱した秀吉。
秀次の怨霊に取りつかれた秀吉。

が江に、毎晩同じ夢を見るそうです。と。
も何も召し上がらない。と侍女が。
拾は無邪気だが。。
そこに江の侍女・ヨシ。
聚楽第全に取り壊されていると。

聚楽第を取り壊して昨夜は、ぐっすり眠れたと秀吉。

聚楽第は我が家でもありました。
秀勝様との思い出もありました。
もはや帰るところもなくなりました。
私は秀吉様を許しません。
養女の縁も切っていただきとうございます。
もう二度と、お会いする気もございません。

ならば、その前に話があるんじゃがのぉ。

失礼します。
と出て行く江の背中に。。

そなた嫁に行かぬか?
三度目の正直という奴じゃ。


あなたは。。あなたと言う人は。。

何もかもが自分の思うがままになると思っているのですか?

しかし、此度の話は良い話ぞ?
そちは家康が好きであろう?
その息子の、ほら。 秀忠殿じゃ。

すべては、拾のためですか?

お断りいたします。




2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第28回 「秀忠に嫁げ」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

   … 宮沢りえ
 
初    … 水川あさみ
 

織田信長 … 豊川悦司

市    … 鈴木保奈美

浅井長政 … 時任三郎


織田信包 … 小林隆

柴田勝家 … 大地康雄

織田信雄 … 山崎裕太

足利義昭 … 和泉元彌

北政所  … 大竹しのぶ

大政所  … 奈良岡朋子

旭    … 広岡由里子

豊臣秀吉 … 岸谷五朗

豊臣秀長 … 袴田吉彦

黒田官兵衛… 柴俊夫

豊臣秀次 … 北村有起哉

佐治一成 … 平岳大

豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)

京極高次 … 斎藤工

森蘭丸  … 瀬戸康史

森坊丸  … 染谷将太
森力丸  … 阪本奨悟

石田三成 … 萩原聖人

京極龍子 … 鈴木砂羽

細川ガラシャ … ミムラ

明智光秀 … 市村正親

千利休  … 石坂浩二

北条氏政 … 清水紘治

北条氏直 … 岩瀬亮


本多忠勝 … 刈谷俊介

本多正信 … 草刈正雄

徳川秀忠 … 向井理

徳川家康 … 北大路欣也


前田利家 … 和田啓作
佐々成政 … 中原裕也
佐久間盛政… 山田純大

織田信忠 … 谷田歩

織田信雄 … 山崎裕太
織田信孝 … 金井勇太



須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


付け入る隙を与えるなって。。
無茶な話ですよね。。
なんか、ウチの会社みたいですよね。。
世の中、リストラの隙を狙ってる会社だらけ?

今、文庫本で「石田三成」徳永真一郎 著を読んでいます。



秀次切腹から秀吉逝去くらいまでを読んでるのですが。。
描き方は、作家さんそれぞれですけど。。
江は、督となってたり。。

というか、ほどんど出てこないんですけどね。


秀吉のやってることが無茶苦茶だから、
そりゃ、このドラマも無茶苦茶な展開になるだろうと。。

江という人は、本当に無茶苦茶な生涯を送ったんだな。。


次回、第29回「最悪の夫」。



さて。。

疲れたから、今日はここまで。



TBは大歓迎で受け付け中です。お返し出来てなくてすみません。



大河ドラマ




楽天広場テーマ『江~姫たちの戦国』

楽天広場テーマ『坂の上の雲』

楽天広場テーマ『龍馬伝』


楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング





スポンサーサイト

tag : 秀忠 秀吉 秀次 北政所 家康 聚楽第

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
1026位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
256位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。