スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江~姫たちの戦国~』第21回「豊臣の妻」

天正十六年が明けて間もなく。。
秀吉は帝と、その御一行を聚楽第にお招きすると。
道筋では音曲を奏でさせ。。
秀吉の後陽成天皇聚楽第行幸計画。

それより姉上のお輿入れじゃ。と
だが茶々は人払いをし。。、そなたに話がある。


茶々に明かしたこと。。
姉上が猿と? 猿は父上と母上の仇ではありませんか!
側室ではない。
側室です! と飛び出す
すまぬ。。

秀吉も、おねに頭を下げる。
それならば仕方ありません。とおね
しかし、その目は力なく。。

四月半ば、行幸のため上洛していた大名に起請文を書かせる。

家康に茶々とののろけ話をする秀吉
茶々様と申せば織田様の姪御。
武家の力だけではなく織田家の力までも、
関白殿下のものになるのではないかと。。
心配なのは殿と利休。

それより数日後。。
江は茶々秀吉のことを侍女に話す。
姉上様が猿などと! と怒り心頭。
その秀吉が大坂に来ていると。

秀吉は茶々に会えると衣裳を直し。。
三成にも想い人が?
それがしには、とても手の届かぬお人故。。

そこに江。

この泥棒猿めが! よくも姉上を手籠めに!
そこに茶々。秀吉に詫びる。
茶々も江に座ってくれと頼む。
江は黙って出て行く。

姉上も猿も許さぬ! と泣く江。

そして。。

姉妹揃っての食事。江は茶々に背を向ける。

困りましたねぇ。。と龍子。

龍子様は平気なのですか?
側室は十人以上いるのよ?
イチイチ目くじらを立てていては。
茶々も肌艶が良いと。好いて好かれての相手あっての女ですよ。

江は1人での食事を続ける。
今は江の怒りが解けるのを待つしかないと茶々。

江が難しいしている顔をしていると。。秀勝
謹慎が明けての再会?
叔父は私を許したいようです。でも断ってきました。と。

許そうとしている者を許さない同士。
でも秀勝の心は安らかだと。江はそうではない。

今度はが戻ってきた。
は茶々から文があったから来たと。
江が口をきいてくれぬと。
仕方があるまいと笑って
高次との暮らしに満ち足りているの笑顔。
は、その笑顔で茶々のもとへも。
その後ろには江。。

仲直りをさせようと

今、私のお腹にはややがおるのじゃと。

秀吉は、おねに、その報告。
わしの子が出来たのじゃ。。
素直に喜べないおね。。

強情な江。

初は江を叱りつけるが。。
聞く耳持たぬ江。
そこに北政所から招きが。。
市の遺言と、江が書かせた誓約書。
めでたきことだと思っておる。豊臣のためにはな。
割り切れない北政所

私もそなたと同じじゃ。お茶々様を避けておる。
会うことが出来ぬ。


おねと茶々。

豊臣の子。
私の子であることは間違いない。
思い違い泣き様に。
茶々殿は秀吉の側室ではありませぬ。
秀吉の妻。
妻二人。役目の違う妻。


そして茶々と江の仲直り。

私は、何をどういえばよいのか、わかりませぬ。
ただ、姉上に、ややが出来たということは、
私の、甥か姪が生まれるということは、
うれしゅうございます。









2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第21回 「豊臣の妻」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

茶々   … 宮沢りえ
(幼少  … 芦田愛菜
初    … 水川あさみ
(幼少  … 奥田いろは)

織田信長 … 豊川悦司

市    … 鈴木保奈美

浅井長政 … 時任三郎


織田信包 … 小林隆

柴田勝家 … 大地康雄

織田信雄 … 山崎裕太

足利義昭 … 和泉元彌

おね   … 大竹しのぶ

なか   … 奈良岡朋子

旭    … 広岡由里子

豊臣秀吉 … 岸谷五朗

豊臣秀長 … 袴田吉彦

黒田官兵衛… 柴俊夫

豊臣秀次 … 北村有起哉

佐治一成 … 平岳大

豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)

京極高次 … 斎藤工

森蘭丸  … 瀬戸康史

森坊丸  … 染谷将太
森力丸  … 阪本奨悟

石田三成 … 萩原聖人

京極龍子 … 鈴木砂羽

細川たま … ミムラ

明智光秀 … 市村正親

千利休  … 石坂浩二

本多忠勝 … 刈谷俊介

本多正信 … 草刈正雄

徳川秀忠 … 向井理
竹千代  … 嘉数一星

徳川家康 … 北大路欣也


前田利家 … 和田啓作
佐々成政 … 中原裕也
佐久間盛政… 山田純大

織田信忠 … 谷田歩

織田信雄 … 山崎裕太
織田信孝 … 金井勇太



須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


三成→茶々の想いが垣間見えた。
っていうか、ずっと見えてたけど。。
これで関ヶ原への展開が見えてきましたね。


現代でも戦国時代でも人間の感情は、そんなに違いがない?
価値観は全然違うだろうけど。。
貞操観念も全然違うんだったな。。
幕末とかの方が今よりも緩かったと聞いたことがあるような。。

でも想いの重さは変わらない?

ってことを前提に描いてるドラマですからね。。
この『江~姫たちの戦国~』を、それを貫いているドラマ。。

三姉妹の歴史では、茶々が秀吉の側室になるっていうのは、
物凄く重大事。
これだけ、じっくり、しつこい程描くのは良いことですね。

女同士の感情のもつれが描かれている今回。
多少ウンザリするくらいでないと説得力がないですしね。

気持ちに踏ん切りをつけるまでの葛藤が、よく描かれていたなと。

初が三姉妹の楔としての役目を、しっかりと果たしましたしね。



次回、第22回「父母の肖像」。

来週、ついに向井理くん登場?



大河ドラマ




楽天広場テーマ『江~姫たちの戦国』

楽天広場テーマ『坂の上の雲』

楽天広場テーマ『龍馬伝』


楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング






スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 茶々 おね 秀吉 北政所 秀勝 やや 大河ドラマ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第21回「豊臣の妻」

ついに出来ちゃったんですかっ!展開早っ!あ、ゲフンゲフン、ちょっと私驚きすぎてはしたない表現に・・・(汗)。 にしてもしか~~~し!あんなに落ち着き払った優等生で母さんがわりで頼りになって万事我慢に我慢を重ねているような・・・あっ!だからですかっ?あん...

江~姫たちの戦国~ 第二十一回 豊臣の妻

『豊臣の妻』 内容 秀吉(岸谷五朗)は、 帝の聚楽第への行幸計画を三成(萩原聖人)に打ち明けていた。 その知らせを聞いた江(上野樹里)は、不審に思うが。。。。 矢先、姉・茶々(宮沢りえ)から...

【江~姫たちの戦国~】第二十一回

江(上野樹里)は、茶々(宮沢りえ)と秀吉(岸谷五朗)が結ばれたことを知り ショックを受け、茶々を避ける日々が続く。 初(水川あさみ)が仲裁にやってくるが、江の心はかたくなだった。 さらに茶々と...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
994位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
245位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。