スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江~姫たちの戦国~』第15回「秀吉の正体」

秀吉の策略によって佐治一成に嫁ぎ、
間もなく離縁となり、秀吉の養女とさせられた
は佐治一成の元へ逃げようとした。
大坂城から案内もなく出られるわけがなかろう。

は秀吉に腹を立てる。
茶々の髪型の変化、姉妹一緒のことを喜びつつも、
のことを気遣う。

そこにおね。一成についての報せ。

まだ生娘のままで婚家から戻ってきたに、
初は良かったぁ!と。先を越されては姉の面目が立たぬと。
だからこそ江は一成が好きだったと。

一成は伊勢・津城の信包のもとへ。
月を見て江、一成、共に思う。

一成は離縁を見越して江に手を付けなかった。
しかし、今はそれを悔いていると。


江、一成のことを乱世に生まれた己の定めときっぱり心を決め、
次へと向かっていく。
ただしやることはやらねばな。と江。
顔つきが変わる。猿の身辺を探ると。

派手で下品なこの城こそ秀吉そのものと初。
黄金の茶釜を作ろうとしている。

秀吉は実の子がいない故に養子ばかり取っている。
その養子が集まった部屋。
太平記を読んでいる秀康。徳川家康の次男。
本来ならばお世継ぎ。秀吉への人質。

浜松城。家康は本多正信と碁打ち。
何故、世継ぎとなりうる於義丸を養子にやったか。
ただ三男の竹千代には何かがある。
家康は正信に竹千代の類まれなる何かを引き出し、
生かしてほしいと後見役を頼む。

江は更に秀吉の身辺調査。
話を聴く相手は石田三成。
三杯の茶の逸話。

次は弟・羽柴秀長。
大変身内思いだという秀長。

次は軍師・黒田官兵衛。
養女として知りたいと話を聴きだす。
血がお嫌い。戦をしないでなんとか敵を降参させようとする。
付け入る隙? お優しさでしょうな。。
人たらしといわれるゆえん。

次は甥・羽柴秀次。
泥酔している。
いずれはこの国を統一するであろうぞ。

男はだめじゃ。女子に聞かねば。と。
すでに調べがついているようなので、
江は京極龍子に直に話を聴く。

次はおね。
おねは次から次へと問題を持ち込んできて、
それを、おねにうまくやるように言う。
今まで知らなかった世界を連れてくる?
秀吉はおねを格別なる女子と言ってくれる。
いささか肝が太うなった感じ。

最後は千宗易のところ。
此度は猿に復讐するため。
茶々も言っていた。そういえば。。

秀吉、秀長、秀次、官兵衛、三成で評定。

また、覗き見しようとして戸を閉められる秀吉。

知れば知るほど猿という人がわからなくなります。

そこに秀吉から呼ばれる江。

此度、紀州を取ったぞ。
秀吉は相変わらず金の鯱を撫でている。
わしの首でも狙ろうておるのか?
その通りでございます。
秀吉は江の知恵を借りたいと。
秀次をなんとかしたいと。
副将とは名ばかりの見苦しい戦い。
いずれは世継ぎとなる男。
秀吉殿が出陣せねば良いのでは?
秀次殿にすべてを背負わせるのじゃ。
そうすれば覚悟が定まりましょう。

やがて6月となり。。
秀吉が病で寝込んでいるとの報せ。
四国攻めはどうしたのじゃ?
江は見舞いと称して様子見。
布団にくるまっている秀吉。仮病。
出陣せぬための苦肉の策じゃ。
江の意見を取り入れた秀吉。
そのせいで戦に敗れたら?
かまわん。わしは、そなたを信じたのじゃ。
御屋形様もそうじゃった。
それにくらべれば秀次は身内じゃ。信じぬわけにはいかぬ。

そこに四国の戦況。

秀吉は四国攻めは勝ったも同然じゃと嬉しそう。
これで秀次も己の力で何かを超えたであろう。
わしも何かを超えたような気がするは。

秀吉には信長を超えようというつもりはない。
では何故、信雄様を攻めたのじゃ!
江に言われて信長に言われたような気になり、
居住まいを正して答える秀吉。
織田家の安泰を図るため。三法師様のため。

わしは、そなたが怖いのじゃ。
そなたは御屋形様と重なってわしを責め立てるのじゃ。
と秀吉は正直に江に打ち明ける。

怖かった。それに加えて寂しかった。
御屋形様・信長に近づきたかったと。
成り上がり者故の秀吉の心の淋しさ。

それでわたしが納得できると思うか!?

許すわけがあるまい!

秀吉はすまぬ。と。
すまぬお江殿と。。

猿とて泣くのじゃ。。

と、江と抱き合い泣く。。


猿は大嘘つきです。
しかし、その大嘘の中に真があるのです。
そのまことに、心動かされてしまうのです。


2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第15回 「猿の正体」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

茶々   … 宮沢りえ

初    … 水川あさみ

織田信長 … 豊川悦司

市    … 鈴木保奈美

浅井長政 … 時任三郎


織田信包 … 小林隆

柴田勝家 … 大地康雄

織田信雄 … 山崎裕太

足利義昭 … 和泉元彌

おね   … 大竹しのぶ

なか   … 奈良岡朋子

羽柴秀吉 … 岸谷五朗

羽柴秀長 … 袴田吉彦

黒田官兵衛… 柴俊夫

羽柴秀次 … 北村有起哉

佐治一成 … 平岳大

豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)

森蘭丸  … 瀬戸康史

森坊丸  … 染谷将太
森力丸  … 阪本奨悟

石田三成 … 萩原聖人

京極龍子 … 鈴木砂羽

明智たま … ミムラ


本多正信 … 草刈正雄

徳川秀忠 … 向井理
竹千代  … 嘉数一星

徳川家康 … 北大路欣也




須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


秀吉は悪役。
羽柴→豊臣は悪役。
そう思ってみるしかないなぁ。。
私も歴史に触れはじめたころは秀吉嫌いだったし。。
特に現代の女性からは絶対好かれないでしょうしね。。

不細工な猿面冠者な上に好色で我儘。。
歴史が残した秀吉のイメージは、そういうものですから。。

と思っていたら。。
急に秀吉のフォローをはじめたぞ!?


ドラマ自体は、この『江~姫たちの戦国~』らしく、
江、会いたい人に会いに行く。
のミッションが次々とクリアされていきましたねぇ。。

これでいいんじゃないでしょうか?

周りの人に語らせる。
でも、それじゃ真の姿はわからない。
だから自分の目で確かめろっていう利休の言葉。


このドラマで秀吉を天下人として描くには、
これしかないんじゃないかと思う。
他にも方法はあるのかもしれないけど。。
納得のいく描き方だった。

これまでがわがまま放題の描き方なので、
納得はいかない。

でも、人の我儘の出所って、そういうところからきてるような。。

淋しさ、ジレンマ。。
人間関係の色々なものを力技で解消とする手段が我儘。。

傍から見ると意味が分からない。
理解できない。
許せない。

そんなもの。




養女と養父というよりは、
どうしても主筋と家来筋。

それが残りつつの関係が秀吉と織田家の人間だったんだろうな。。


自分自身の精神状態もあるかもしれないけど。。
らしくなく戦場が描かれた前回よりも、
納得感のあった今回。

このドラマは戦国シミュレーションではなく、
江の。。コーエーのゲームでいうところの
リコエイションで貫くべきなんだろうな。。

大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』の1/47(47分の1)として、
納得のいく第15回でした。

次回、第16回「関白秀吉」。


相変わらず調子は良くないです。
腸の持病の症状が悪くなり始めてますから。。

『JIN-仁-』を即時レビューすることは諦めます、





大河ドラマ




楽天広場テーマ『江~姫たちの戦国』

楽天広場テーマ『坂の上の雲』

楽天広場テーマ『龍馬伝』


楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング


スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 大河ドラマ 上野樹里 水川あさみ 大竹しのぶ 岸谷五朗 羽柴秀吉 姫たちの戦国 茶々

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【江~姫たちの戦国~】第十五回

天正12年12月。 秀吉(岸谷五朗)によって、突如、佐治一成(平岳大)と離縁させられた江(上野樹里)は、秀吉への復しゅうを誓う。 乳母・ヨシ(宮地雅子)を従え、秀吉の弱点とその正体を暴こうと、城...

江~姫たちの戦国~ 第十五回 猿の正体

『猿の正体』 内容 いきなり、大坂に連れてこられた江(上野樹里)は、 秀吉(岸谷五朗)から、佐治一成(平岳大)との離縁を告げられる。 そのうえ、秀吉の養女となったということだった。 何とか大坂...

江 第15話

NHKなのに生娘とかいう単語が出るとは(赤面)江の着物は何回も変わってすごかった

江~姫たちの戦国~

江~姫たちの戦国~ 日曜 20:00 NHK 2011年1月9日~  【キャスト】 上野樹里 宮沢りえ 水川あさみ 豊川悦司 鈴木保奈美 向井理 平岳大 AKIRA 大地康雄 萩原聖人 ミムラ 鈴木砂羽 斎藤工 柴俊夫 草刈正雄 富田靖子 岸谷五朗 奈良岡朋子 市村?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
1322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
317位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。