スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江~姫たちの戦国~』第13回「花嫁の決意」

政略結婚。
秀吉の天下取りの野望に利用されることになった信長の血を引く

は嫁に行くことになった。末っ子のが最初に。
初は有り得ぬというが、茶々は秀吉ならやりかねんと。
相手は。。相手が誰でも私は猿の言いなりにはなりません!
青天の霹靂。

秀吉は調子に乗っている。
その秀吉を怒鳴りつけるおね。
そこに三成。が連れてきたのは三人の姫。
仔細を聞きたくて来たと。

の相手は。。
秀吉は勿体つけて、の嫁ぎ先が、
尾張大野城城主・佐治一成だと明かす。
市の妹のお犬の方の子=いとこ。

秀吉は信長の幽霊話をして丸め込む。
信雄と戦をせずに済ませるために必要な婚姻だと。
そぁそ茶々は嫁に行くなら長女の私であるのが道理だと。
秀吉は誤魔化すが、はハッキリと、
姉上を外に出すわけがありません。
私が邪魔なのです。目障りなのです。と。
茶々は、とにかく江は嫁には出しません。と。

山城・山崎城。
黒田官兵衛は秀吉による江の佐治家への婚儀は名案だと。
水軍を持つ佐治家。秀吉は官兵衛に戦の準備を進めさせる。
そこにおね。こざかしい! お前様には恥というものがないのですか?
秀吉は佐治家に申し入れをすると。

初は秀吉の話を断れるはずがないのではと。
茶々は弱気になってどうすると。

浜松城の家康の元に来ている信雄。
江の婚姻の話。江などくれてやる。
佐治を寝返らせはしないと信雄。

三姉妹は。。江は眠れぬ。
1人起き出して形見である天下布武の印を取り出す。

佐治家が年明けにでもと返答をした。と三成が秀吉に。
上機嫌の秀吉の元におね。今日を限りに離縁させていただきたいと。
言い放って出て行こうとするおね。その袖を取る秀吉。
そこに江が安土から馬を駆って来た。お話があって。

伯父上が夢枕に立ったのは本当かと?
戦を止めるため。まったく信用できない秀吉の口調だが。。
江は嫁に参りますと。おねも自分を曲げてはなりません。
秀吉の言うことなど聞くことはないのですよと。
しかし、江は嫁に参ります。と。しかし願いがあります。

それを聞いた茶々と初は驚く。
しかし江は呑気に餅を焼く。
江は自分の意志で行くのですと。わけのわからない家に行くよりはずっといいと笑顔で。

江は宗易に茶を立ててもらう。その目には涙。
姉たちと離れると思うと淋しくてなりません。
でも姉たちの前では泣きません。心配をかけるから。
でしたらここでいっぱい泣いたらよろしい。
見てるのはわたしと、その茶碗だけです。
嫁に行くのは本当に織田家のためだけですか?

そして出発の朝。
姉妹の別れ。
籠の準備。
初は戻ってくるように思えてならないと。

籠の中で江は。。
どうか、御息災で。と姉たちのことを祈る。
籠を見送るおね。

安土を離れ尾張・大野城へ。

残された初も、何やら静かじゃなと。
そして茶々は江の身を案じつつ。。おねの来訪。

おねが茶々に見せたもの。秀吉に書かせた証書。
茶々に手を出さないとの証書。
秀吉に書かせて、おねにくれぐれもと託した江。

それを聞いた茶々は、すぐに江を連れ戻してください! と訴えるが、
おねは、江様は覚悟をもって嫁に行かれたのですと。
茶々様も、それを覚悟をもってお受けください。
我が夫秀吉のせいにございます。。

数日後、江は大野城へ。
良い所。それで一成様が良い御人であればいうことなし。
婚儀前に会うのははしたなきこと。
市と長政の婚儀の時にも聞いた台詞だが、
佐治一成は早速、江のもとを訪れた。
わしら従兄妹同士、共に織田家のために歩んでまいろうぞ!

しかし。。戦。
信雄が秀吉に内通したと家老を3人も斬ったと。
おねは、では、お江様はどうなるのです!?
佐治がわしに寝返ればともかく。。

花嫁衣裳。
婚儀のあとは、この様な仕儀になっております。

それを何故早く言わぬのじゃ!


2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第13回 「花嫁の決意」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

茶々   … 宮沢りえ
(幼少  … 芦田愛菜
初    … 水川あさみ
(幼少  … 奥田いろは)

織田信長 … 豊川悦司

市    … 鈴木保奈美

浅井長政 … 時任三郎


織田信包 … 小林隆

柴田勝家 … 大地康雄

織田信雄 … 山崎裕太

足利義昭 … 和泉元彌

おね   … 大竹しのぶ

なか   … 奈良岡朋子

羽柴秀吉 … 岸谷五朗

羽柴秀長 … 袴田吉彦

黒田官兵衛… 柴俊夫

佐治一成 … 平岳大

豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)

森蘭丸  … 瀬戸康史

森坊丸  … 染谷将太
森力丸  … 阪本奨悟

石田三成 … 萩原聖人

京極龍子 … 鈴木砂羽

明智たま … ミムラ

明智光秀 … 市村正親

本多忠勝 … 刈谷俊介

徳川秀忠 … 向井理

徳川家康 … 北大路欣也





須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


なんだかんだでバタバタしています。
楽天ブログを、どうすんのかとか。。

なんか、やっと江の物語らしくなってきた感じはあります。
江の初めての結婚。
その相手となる佐治一成登場。
平岳大さんは、こないだ岡田くん『SP』で観たばかりです。

まぁ、いかにもって感じになってきたので、
取りたてていうことはなくなってしまいました。

秀吉の腹黒さが相変わらず。
その秀吉と姫たちの間に挟まれている"おね"。
秀吉に魔の手が迫る長姉の茶々。
次姉の初よりも、しっかりものにならざるを得ない境遇の江。

大事なところは、ちゃんと描けてるんじゃないかと思います。



次回、第14回「離縁せよ!」。


なんか、ここ数日眠れません。。



大河ドラマ








→人気blogランキング


スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 上野樹里 水川あさみ 宮沢りえ 大竹しのぶ 岸谷五朗 ドラマ 姫たちの戦国

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【江~姫たちの戦国~】第十三回

天正11年秋。 秀吉(岸谷五朗)は、「江(上野樹里)を尾張大野城城主の 佐治一成(平岳大)に嫁がせる」と告げる。 一成は、織田信雄(山崎裕太)の家臣。信雄は、家康(北大路欣也)と 結び秀吉との戦...

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆13江嫁入りを決意!秀吉に誓約書を書かせる江は初体験で気絶した

10日大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第13話を視聴した。 今回は江が秀吉の命で佐治家に嫁ぐ事になり、 これに茶々と初はもう抗議した。 しかし江はこの政略結婚は戦が回避 ...

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第13回

  第十三回「花嫁の決意」1583(天正11)年秋。茶々への恋心を募らせる秀吉は江を嫁に出すと告げ尾張大野城城主、佐治一成との縁組を進めようとする。佐治家は市の姉の嫁ぎ先...

江~姫たちの戦国~ 第13話 感想「花嫁の決意」

江~姫たちの戦国~ですが、羽柴秀吉(岸谷五朗)は江(上野樹里)を佐治一成(平岳大)に嫁がせようとします。佐治は尾張・大野城の城主で織田信雄(山崎裕太)の家臣です。信雄は徳川家康(北大路欣也)と接触して秀吉に対抗していますが、江が信雄の家臣に嫁げば戦争回...

江~姫たちの戦国~ 第十三回 花嫁の決意

『花嫁の決意』 内容 突然、秀吉(岸谷五朗)から江(上野樹里)へ嫁入り話が伝えられる。 あまりのことに驚くばかりの茶々(宮沢りえ)初(水川あさみ)そして江。 秀吉だけに本気の可能性が高く、三姉...

江~姫たちの戦国~ 第13話「花嫁の決意」

 天正12年(1584年)、12歳となった江は、羽柴秀吉の命により尾張大野城主の佐治一成のもとへ輿入れする。一成は江より4歳年上で、このとき16歳。父は佐治信方、母は織田信長の妹・お犬の方で、彼女は江の母であるお市の方の妹(異説あり)でもあることから、...

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第13回「花嫁の決意」

 現代からは想像もできない婚姻制度!ですけどこれも一種の和平政策なのかもしれません。そもそも人間社会の根本は贈与交換関係、宝物も女性も他の部族との平和友好のあかしとして交換してきたと。で、そのためには同族の中では女性に利用価値がない方が都合が良いので婚...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~

strさんは、ここ元から持っていらっしゃったのですか~?
ウチもFCに引っ越したので、今後もよろしくお願いいたします(⌒▽⌒)

こんにちは

元々、FC2の登録はしていたのですが。。
くうさんの記事を読んで慌てて引っ越しました(笑)
まだ試行錯誤中ですので、もう少しいじっていきます。

今後もよろしくおねがいいたします(^▽^)
プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
209位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。