スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第24回「蛍の愛」

京 池田屋。
攘夷派の志士たちが新選組に惨殺された。
池田屋事件。

望月亀弥太、死す。
坂本龍馬は。。

乞食に変装して逃げる桂小五郎が、
亀弥太の敵討ちをしようとする龍馬を止める。

おりょうの宿。
桂。そこに龍馬。
亀弥太は幼馴染み。

薩摩は幕府と結託し。と桂。
じゃが、長州は戦う! と。
「望月亀弥太殿の想いを! 決して無駄にはせん!」

「どういたらええがじゃ。。こんあことをしとってええがか。。」

情勢が落ち着くまで、おりょうの家で潜むようにと龍馬へ。。

 土佐では以蔵の取調べが厳しく。
 拷問。叫ぶ以蔵。 後藤。。
 武市は「すまん。。すまん!」と牢内で。
 
 坂本家に冨が乙女を尋ねて。
 乙女は留守。
 冨が帰る途中、弥太郎。
 弥太郎に礼を言う冨。
 弥太郎は妻の弁当を。娘の話。

おりょうの宿。
新選組の御用改め。
近藤を睨むお龍。

龍馬は月琴を手に唄う。。
お龍の家族ら相手に。
お龍は龍馬に米の握り飯を。
龍馬、皆に分け与える。
笑顔で。
そんな龍馬に惹かれていくおりょう。

 板倉勝静と勝麟太郎。
 脱藩浪士が神戸海軍操練所にいること。
 土佐勤王党、望月亀弥他の名。。池田屋に。。
 これが海軍操練所と龍馬の運命を後に大きく変える。

 土佐では弥太郎が後藤を。
 郷周り。。弥太郎に戻れと後藤。

 容堂は道楽。茶の湯。深山宗林。

 武市は。以蔵は。
 商売と引き換えに武市に尋問させられる弥太郎。
 冨の話。
 「そんな容易い話じゃないがぜ!」
 武市の決意。士道。

龍馬は、よく笑う。
亀弥太らのことで悩んでいるのにも関わらず。。
肺を病んでいるお龍の母に。。
龍に家族のことを聞く龍馬。
龍はつんけん。
しかし、心を開き始める。
安政の大獄で処刑された父の話を。
だから攘夷の侍が嫌い。
薩摩も新選組も嫌い。
家族を放り出して好き勝手やっている人も大嫌い。

龍馬は自分の父の話を、そして母の話を。
だから龍の母に喜んで欲しかった。
「人の気持ちいうがは物金とは違うぜよ!」
貸し借り無しに受け取っていいときもある。

京を立った方が。
しかし亀弥太の亡骸を放置するのはつらいの。。
志を遂げた亀弥太を褒めてやるべきと龍は龍馬へ。

龍馬の心を動かした龍の言葉。

龍馬、礼を言う。
龍馬、神戸へ。

 弥太郎は子と妻を。そのために嫌な後藤の仕事も。。

 冨は武市家で一人。二匹の金魚。。
 そこに牢番。武市からの言伝。
 冨への詫び。

 坂本家で武市の話。
 春猪の話。乙女、武市への初恋。
 冨に子があったら? それは違うと乙女。
 半平太に内緒で飯炊き女を雇った話。。
 子はおらんでも、あの2人の絆は強い。

 冨は半平太に。。蛍。
 蛍の愛。

龍馬は誓う。
「亀弥太、わしはおまんの命を無駄にはしないき」

そして伏見。
寺田屋。
船宿。

そこに見た母の姿。
生き写し?
それが寺田屋お登勢と龍馬の出会いであった。
 
 

 


2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』 第24回 「愛の蛍」




 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之

武市半平太 … 大森南朋


楢崎龍   … 真木よう子

岡上乙女  … 寺島しのぶ

寺田屋登勢
坂本幸   … 草刈民代



坂本八平  … 児玉清

坂本権平  … 杉本哲太

坂本伊與  … 松原智恵子

坂本千野  … 島崎和歌子

坂本春猪  … 前田敦子(AKB48)


武市冨   … 奥貫薫



岡田以蔵  … 佐藤健

 
望月亀弥太 … 音尾琢真


勝海舟   … 武田鉄矢
勝麟太郎


桂小五郎  … 谷原章介



後藤象二郎 … 青木崇高

山内容堂  … 近藤正臣



近藤勇   … 原田泰造

土方歳三  … 松田悟志

沖田総司  … 栩原楽人



 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)



弥太郎、人が丸くなった。



司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』を読んでいるので、
読んだばかりの話が、所々で挿入されています。




今日の大きなテーマは家族。

楢崎家。坂本家。岩崎家。そして武市家。
父と母。姉妹兄弟姪。子。そして妻。

家族とは、何も血縁とかだけのことではなく。。

愛するもの、愛すべきもの全て。


坂本龍馬という人にとっては、そうであったんだろうと。。
だから友のため。多くの女性のため。
日本のために命を懸けたんだと。。

そう思った。


今の私。この龍馬の気持ち、わかります。




次回、第25回「寺田屋の母」

壬生。新選組縁の地。





楽天広場テーマ『天地人』





→人気blogランキング



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
241位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。