スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第26回「西郷吉之助」

閉鎖される神戸海軍操練所。
そのあとで龍馬は。。
思い出す操練所での日々。。

勝は訓練生を出してくれた藩に手紙を出した。
そして脱藩組。
龍馬に、薩摩の話。 家老・小松帯刀。
薩摩軍の参謀・西郷吉之助を紹介?
「会ってみねぇか? 西郷に」


大坂・薩摩藩邸。
鉄砲の訓練中。
最新式の軍備を背景に、
幕府にも大きな影響力を持つ薩摩。
その司令官が西郷。
龍馬は、そこを訪れる。
杖をついて歩いてきた男・西郷吉之助。
龍馬は平伏。
大藩の参謀と、土佐の下士出身の龍馬。
勝の話から、西郷の軍功。
西郷は脚を撃たれた。
龍馬の話とは。。
「西郷様は、太った女子がお好きじゃと?
 それは真でございましょうか?」
大笑いする西郷と龍馬。
龍馬の好みの女。
京に二人気になる女子がおる。
お登勢と。。お龍。
愛想のない女子のどこが?
親兄弟にはニコっと笑う。
遊びで女子と付き合えないと見抜く西郷。

その家族は蛤御門の変で焼き出された。
幕府、薩摩、長州への恨み。
今、日本人同士で戦争をしたら、
日本は、どこかの国の属国になるかも。。
「長州征伐をやめてつかわさい」

西郷、立ち上がる。
そして兵卒から銃を。
それを龍馬に。
龍馬、初めて銃を手に。
最新式の銃。百五十間先を狙う。
長州はしたたか。今叩かんと。

「わしは、日本人の味方じゃ!」と龍馬は言い切る。
しかし西郷は薩摩が一番大事だと。薩摩人だから。
日本という一括りにする考えの勝は甘いと。。

龍馬をただの脱藩浪士と軽視?
しかし、薩摩は船乗りが欲しい。
勝から坂本らを引き取って欲しいと頼まれたと。。
でも坂本さんは薩摩が嫌いなようだと。


 坂本家。
 商人が操練所の取りつぶしと、
 勝の海軍奉行更迭の噂を持ってくる。

海軍操練所の閉鎖。
旗を降ろす龍馬。
見守る仲間たち。
皆に礼を言う勝。
そして。。
何故、勝が幕府を飛び出さないのか。。
脱藩するには年をとりすぎた。。
渡米の話。大きな夢。若さへの憧憬。
「こんな無茶は、もう二度と出来ねぇ。
 だから若ぇもんを育てるのに心血を注いだ!」
こっから先は、お前さんたちの舞台の幕が開く!
海が日本と世界をつないでいる!

腹を括った龍馬ら同士。
ここが船出の時。

塾頭の龍馬の号令で整列、礼。

そして、皆との別れ。
藩に戻る者たちを見送り。。
脱藩組の陸奥、沢村、近藤らを率いて、
龍馬は前へ歩き出した。


 一方、西郷は、驚くべき案を幕府に。
 長州征伐を中止し、家老の首を差し出させる。
 それを聞いた一橋慶喜は。。

 幕府は薩摩と対抗するためにフランスに近づく。

 土佐・岩崎家。
 弥太郎は毎日見ている以蔵の拷問。
 武市の苦悩の末の毒饅頭を胸に悩んでいた。
 目の下にくま。。
 苦悩を隠しきれずに家族にぶちまける。。
 皆が止める中で、父・弥次郎は「食わしたれ」と。
 武市と以蔵の苦悩を知り。。
 以蔵を楽にしてやれと。。

 以蔵は武市との日々を思い出していた。
 そこに弥太郎が。。
 武市からと饅頭を。。
 しかし、弥太郎の異常さ。。
 以蔵も不思議に感じ。。察した。
 すべてわかった。。
 武市の気持ちが。。
 そして饅頭を口に。。
 弥太郎が止める。
 そして逃げる。。

 武市は容堂に。。


脱藩組を率いた龍馬は。。
西郷の言葉を頭の中で繰り返し。。

薩摩に向かうのもありか。。?

迷っていた。



2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』 第26回 「西郷吉之助」




 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之

武市半平太 … 大森南朋


楢崎龍   … 真木よう子

岡上乙女  … 寺島しのぶ

寺田屋登勢
坂本幸   … 草刈民代



坂本権平  … 杉本哲太

坂本伊與  … 松原智恵子

坂本千野  … 島崎和歌子

坂本春猪  … 前田敦子(AKB48)

岩崎弥次郎 … 蟹江敬三


近藤長次郎 … 大泉洋

岡田以蔵  … 佐藤健


沢村惣之丞 … 要潤

陸奥宗光  … 平岡祐太


勝海舟   … 武田鉄矢
勝麟太郎

西郷隆盛  … 高橋克実


後藤象二郎 … 青木崇高

山内容堂  … 近藤正臣


一橋慶喜  … 田中哲司


 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)



勝麟太郎の言葉。
とりつぶされる海軍操練所の塾生たちに向けた、
はなむけの言葉。

あまりにも熱く。。涙が出ました。

私は、まだ何もしていない!
腹を括れ!





このドラマは無気力、無関心になりすぎている、
現代の日本人に活気を取り戻そうとしている。
そして、今の私は、
それを説教臭いだなんて思わない。

すべて前向きに受け止める。
そして自分なりに考え抜いて、
そして動く。
動いては考え、また動き、
そして、いつか。。

答えなんてないかもしれない。

どこにも辿りつけないかもしれない。


でも、走れるところまで走り続ける。
そのあとには道ができるはずだから。




苦しみから逃れるために、
他人を殺すことなど私には。。
瀕死の状態ではない。
まだ、元気を取り戻せる力のある人を見捨てることはできない。
その人が逃げようとするのを、
よしとは思えない。
しかし、旅立ちは応援しなければいけないとも。。
しかし別れは辛い。。




あ、西郷と小松は『篤姫』の印象が強すぎますからね。
仕方ないです。
こっからです。
西郷vs龍馬は見ごたえありでした。


次回、第27回「龍馬の大芝居」


PCが新しくなったから、
つい調子に乗っちゃって文章が長くなります。

まだ、余計な機能を落としていないので、
時々、文章の返還が重くなります。
でも、前に比べれば快適です。




→人気blogランキング





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
198位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。