スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第30回「龍馬の秘策」

長州で反乱。
恭順しようとしていた藩に高杉が立ち上がった。

幕府にはフランス、イギリスらが。。
しかし、西洋諸国には都合が良かった。

日本人同士で喧嘩している場合か!? と龍馬。



結局、船を借りるあては見つからない。
仲間には龍馬が呑気に見える。
内輪もめ。

そこに池内蔵太()。
内蔵太の武勇伝。不死身の男。
龍馬に会いたい男とは。。

高杉。鳥小屋の鶏。
「あれはのぉ。。本心ぜよ!」
もう幕府には任せておれんと龍馬。
長州が独立すると聞いて驚いた。が。
薩摩といがみ合っている。
それが残念でたまらん。

高杉は上海に行ってきた時の話を。
井上、伊藤も密かにイギリスに留学をしてきた。
西洋諸国の恐ろしさを肌で感じた。 
しかし正義は長州にあると。

薩摩は長州と対抗するために、幕府とうまくやろうと。。

  土佐の岩崎家は、
  弥太郎の商売が上り調子で高知城下に新居を、
  そこに弥次郎らが。

長次郎がカステラを調達してきた。
みなで食す。
みな興奮。しかし龍馬は考えている顔。
長州のことで上の空。
しかし。。
あんな先進的な藩が、このまま滅んでしまうのは。。
商人の長次郎はカスティーリャを作って売って金を稼ごうと。
それには龍馬も身を乗り出す。
そしてカステラ作り教室。
パサパサだった。。

丸山引田屋では。。

長崎は西洋文化、東洋文化、日本文化が混ざり合っていた。
お元は。。


長崎を動かしていたのが豪商と呼ばれる日本人商人。
小曾根ら。 麻雀をしている。清国の遊び。
大浦慶。

脱藩浪士と聞いて侮られる。
小曾根に商売の元手を借りようと龍馬。
しかし西郷を通さずには。。

龍馬は大浦慶に呼ばれる。
龍馬に牌を選ばせて買った。

龍馬は商人ってものが、どういうものかわかってきたと。
その龍馬の目の鋭さに、
お元、慶も一目置く。
大浦慶が金を貸してくれた。
先物買い。先行投資。
坂本さんは運ば持っとる。
陸奥は切り替えが早い。

龍馬も元を覚えていた。
お元は、表裏がある。。
しかし龍馬は鋭い。。
口止め?
恥ずかしいところを見られたとうまく。。

世の中の仕組みを変えるという龍馬の言葉。
日本人みんなが笑って暮らせる国。
お元は長崎奉行の隠密。
お元は切支丹。

 薩摩はイギリス人・グラバーから武器を買い入れようと。
 しかし。。

龍馬ら仲間は、このままでは薩摩に連れて行かれる。
長次郎までも興奮している。
しかし龍馬は。。
本当の目的は「日本を異国から守ること」。
長崎に残ることでも、カステラを美味く作ることではない。
志だけでは、世の中は変えられない。
「わしらは、それを学んだはずではないかえ?」
武市さんらの無念を無駄にしてはいかん。
よく考えることだ。
わしらの夢を叶えるためには、どうしたら良いか。

龍馬も考えている。
悩むのではなく。
高杉。。西郷。。そして。。
天を見上げ。。

 小曾根と西郷。
 小曾根も坂本を認める。
 やわらかい頭を持っている。

龍馬は西郷に、
わしらが薩摩を助けたら? と。
幕府に勝てる手立てがあると。。

「それはのぉ。
 長州と手を組むことぜよ」

底力のある国・長州。
薩摩がどっちにつくかで、勝負の行方は変わるがじゃ!

仲が悪うても勝つためには手を結ぶ。
長崎商人から学んだこと。

西郷は「そいはあり得ん」と。

しかし龍馬は、
「わしが説得して見せますき!
 一言、うんといってつかわ祭!」











2010年大河ドラマ 『龍馬伝 -RYOMADEN-』 第30回 「龍馬の秘策」




 ◆キャスト◆

坂本龍馬  … 福山雅治


岩崎弥太郎 … 香川照之


高杉晋作  … 伊勢谷友介

お元    … 蒼井優





岩崎弥次郎 … 蟹江敬三



近藤長次郎 … 大泉洋



沢村惣之丞 … 要潤

陸奥宗光  … 平岡祐太

高松太郎  … 川岡大次郎



阿部正弘  … 升毅



西郷隆盛  … 高橋克実



伊藤俊輔  … 尾上寛之

池内蔵太  … 桐谷健太


小曽根乾堂 … 本田博太郎

大浦慶   … 余貴美子


朝比奈昌広 … 石橋凌





一橋慶喜  … 田中哲司




 ◆スタッフ◆

脚本  … 福田靖

音楽  … 佐藤直紀

題字  … 紫舟



        →公式サイト(NHK)



この高杉晋作は格好良過ぎ!


つか、『ROOKIES』組が続々と登場していますね。
佐藤健くんがいなくなってから、
尾上寛之、桐谷健太と。



頭を柔らかくしないといけない。
頑固な古い考え、
自らの考えに固執していてはいけん。
しかし。。
信念は貫く。

悩まず考える。
そして行動力を持つ。

何でも、とりあえずはやってみろってこと。
人間、失敗から学ぶんだから。
そして成功から覚えるんだから。

物語が右往左往しているように見えるのは、
龍馬の生き方の自由度が高いからであって、
同じところに留まっていては、
坂本龍馬という人物のアクティブさ、行動力は描けない。




歴史もの、伝記モノってのは、
教訓を含んでいるのが当たり前ですかからね。
それがないと、あんまり歴史モノとしての価値がないというか。。

福田さん、そこをよくわかってますよね。

最近、そういうドラマが多いですけど。。
『GOLD』とか。。





次回、 第31回「西郷はまだか」




楽天広場テーマ『龍馬伝』






→人気blogランキング




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
1322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
317位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。