スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江~姫たちの戦国~』第11回「猿の人質」

賤ヶ岳の戦い。秀吉に敗れた勝家、市とともに死す。
秀吉は山崎城を拠点に朝廷へも影響力を強めた。
江ら三姉妹は最大の仇・秀吉のもとへ。

時間は戻る。
北ノ庄城下の秀吉の陣営。
秀吉のもとへ案内される三姉妹。
茶々は兵に無礼者! 手を触れるな!
自ら立ち上がり妹たちを秀吉のもとへ向かわせる。

その前に飛び込んできたのは、
三成が市を救えなかったことを責めたてる秀吉。
それを江が、この者のせいではない! と制する。
そして三成は市からの手紙を渡される。
江は秀吉に声に出して、それを読ませる。
邪心など持たぬよう。

茶々、初、江は父・浅井長政、
二度目の父・柴田勝家を殺した秀吉を許さぬぞ!
秀吉は、それを憐れむが、
江に睨み据えられる。その目は信長の目。

3姉妹の寝所に現れた市の幽霊。

秀吉の命により安土に移された3姉妹。
本能寺で焼けた天守。
安土城で江らを迎えたのは秀吉の妻おね。
おねは、重ねて詫びる。しかし初対面の茶々は長姉としても許せるわけもなく。

おねが引き合わせたのは京極龍子。
秀吉に主君を討たれ秀吉の側室になった女。
お世話をするうちに秀吉様とは面白いお方だと。愛嬌のある。
正室と側室がお互いかけがえのない相手。
御腹立ちのことなどあれば私になんなりと。

江はおねの心の広さをすごいと。

続いて導かれた先は千宗易の元。
茶々、初は初対面。
三姉妹に何かを諭す宗易。
母上は、もうおられぬ。
悲しみに暮れていても仕方ない。
そのお心がありがたいという茶々。
江も、おね様もそうだと、茶々も納得。
初だけは承服しかねるようだが。。

そして侍女を下げて3姉妹のみに。
今日は我らを許そう。母上を思うて泣くことをじゃ。
その前に私は江に言いたいことがあります。と初。
私が死んだら、また母上に会えますか? 一番に会えるぞ。と。
それがなければ母上は思いとどまってくれたかもと。。
茶々は、それは違う。江の言葉で母上は救われたのだと言う。

三姉妹の思い。



おねは三姉妹に着物を献ずる。
茶々には赤。
初には緑。そして菓子。
江には黄色の。
3姉妹共に素直に感謝する。


そこに信孝切腹の報せ。
切腹させた信雄の背後には秀吉。

その信雄は家康のもとへ。
自分のしたことを猿殿のせいにされるのは、
あまり感心されませぬなと家康。
風邪気味だと仮病で受け流す家康。
趣味の薬を煎じている家康。
信雄に気が落ち着く薬をと。

猿は叩いておかねばならぬ。それには大義名分がいる。
秀吉は次は何をしかけてくるか?

秀吉が天下取りを狙っていると三姉妹の元に。
信長を超えると。信長の法要。
秀吉が安土に来ていると聞いて、
江が黙っていられるわけがない。

三法師の元へ。そこにはおねと龍子もいる。
三法師に懐かれる江。
そこに初、そして遅れて茶々も入ってくる。

その茶々の漂わせる気品に秀吉は。。

邪心。

茶々は何故、信孝を信雄に切腹させたか。
しかし秀吉は市の色香意外に興味なし。
尋ねてもいないことに答えだす。

それに気付いた江、茶々の手を引いて部屋を出る。


姉上は私が守ります! と江。


2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第11回 「猿の人質」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

茶々   … 宮沢りえ

初    … 水川あさみ


織田信長 … 豊川悦司

市    … 鈴木保奈美

浅井長政 … 時任三郎

柴田勝家 … 大地康雄

織田信雄 … 山崎裕太


おね   … 大竹しのぶ


羽柴秀吉 … 岸谷五朗


佐治一成 … 平岳大

豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)


石田三成 … 萩原聖人

京極龍子 … 鈴木砂羽


本多忠勝 … 刈谷俊介

徳川秀忠 … 向井理

徳川家康 … 北大路欣也




須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


私は大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』を、
そこそこ楽しめている。

それは。。

民放連ドラ含めてドラマを観る時間が減って、
日本史について考えを巡らせる時間も減ったから。

ではないかと思った。

だから、これまで受け入れられなかったはずの、
通史とかけ離れた大河ドラマを楽しんでる。
少ない娯楽の時間を大事にしている。

減ったドラマ視聴を楽しむため。
歴史上人物の名に触れる少ない機会を楽しむため。
考え方をシフトさせたのかもしれない。

大河ドラマを観ることと歴史を学ぶことは違う。

少ないながらも歴史小説は別に読み続けている。
別の人が作ったもの、別の人物が描かれたものに触れることで、
少しは思考の偏重が改善されるかもしれないし。。

『日経エンタテインメント』でも田淵脚本「無理がある…」って書かれてました。
それが歴史モノとして大河ドラマを楽しむ人たちの、
当然の感想かもしれないな。。

でも、観るからには楽しみたいんです。今の私は。


それを踏まえて。

亡くなった人に会いたいと強く願う時、
人は幽霊として、それを見るのかもしれない。
物書きとしては便利な道具だが。。

それよりも秀吉と茶々。
おねと茶々。
その二つの顔合わせこそが今回の本題。

ここからは三姉妹の長姉・茶々が軸となって物語が進んでいく。
市の変わりに妹らを守る姉として生きる姿が描かれていく。
それを標した今回。

主人公は主人公としてのさばらせつつ、
主人公・江とはほかに軸がいるのが、このドラマ。

戦国という乱世を激動の波にのまれながら生きる側のドラマ。
故に死んでいく人間が軸にならざるを得ない。
利休もその1人。やがては秀吉も。

いつかは江が軸になる。
その日まで江は太鼓持ちでしかないのかもしれない。

でも、主人公が決まらぬドラマは時系列のみで意志なく流れ出す。


次回、第12回「茶々の反乱」。

英雄色を好むというけれど。。
表に出さぬ方が良いものもある。

『金八先生ファイナル』『FNS音楽特別番組』と裏番組が充実する中、
節電も頭に入れながら、やはり観るべきはレギュラーの大河ドラマ。


最近、上げたはずの記事がUPされてないことがある。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
1322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
317位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。