スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江~姫たちの戦国~』第42回「大坂冬の陣」

秀忠秀頼。二人の願い。
しかし最後の戦と誓った家康
大坂の陣。浅井三姉妹の悲劇。
との約束を胸に秀忠は戦場に。

慶長十九年十一月十九日。
大坂冬の陣がはじまった。
急報が届いた戸城では、が家臣らを集めて、
すべての情報を私に届けるようにと命じる。
自身、大坂に出向く覚悟を明かした。
大坂城の包囲網を縮められた大坂方は籠城を余儀なくされた。
力攻めをと息巻く徳川方の大名。
大坂城の弱点は海にも山にも面していない南側。
その弱点を見抜き出城を作った男・真田幸村
幸村にライバル心を抱く? 秀忠
家康秀忠に和睦の提案の話をする。
あまり徳川方が戦うと恩賞が増える。
秀忠に、よくわかっておると家康
年寄りに寒さは堪えると。お互いのため。

大坂城ではが、和議に応じるべきという秀頼を制して、
その必要はないと言い切る。
この戦が終わる時。それは家康が死ぬときじゃ。

家康の忠告にもかかわらず血気盛んな徳川方が真田丸に攻めかかった。
怒涛のごとく攻めかかった徳川勢をギリギリまで引き付けて打ち払った幸村

報せを受けた家康は、直ちに退かせよ! と命じた。

大坂城のは…
常高院と共に小谷、北ノ庄の籠城を思い出す。
常高院にとっては大津城も…
もう後戻りはできぬと

そこに大野治長が。
真田の戦功を報告に来る。
今こそ秀頼公御出馬の時。
しかし、はあくまでならぬと。

そして鎧を持てと…

鎧を着て真田幸村、後藤又兵衛ら将たちの前に姿を現したのはの方。


姑息な策など幸村には通じぬと正信に秀忠
一刻も早く、この戦を終わらせたい。
真田幸村を討ち取るしかない。ということか…

戸では…
竹千代と国松が木刀で稽古?
竹千代は、国松を豊臣に見立て豊臣など亡びればよい!
と国松を激しく打ち込む。
福は、豊臣に殺された者の目と、
憎しみの目でを睨む。

秀忠は家康に出陣志願。
力攻めなど今更やると思うか?

堀の下を潜る穴を掘っている。
その穴に爆薬を仕掛けると。
城方が眠れなくなるために大砲を打つ。
片桐且元に書かせた大坂城の絵図。
の方がいる場所目がけて大砲を打てと。
御命を狙うつもりはない。ちょいと肝を冷やしてもらう。

本丸に大砲が当たる。
侍女らが死に、駆け付けた秀頼も怪我をする。
同時に和議を申し入れる家康。

受け入れましょう。争いを辞めるのが今一番やるべきこと。
秀頼。治長も。
さすがの淀も受け入れざるを得なかった…

淀が豊臣方の使者を頼んだのは常高院
話し合いに対しては向こうにも女子を立てるように頼んだと。
私は、もう誰も信じることはできぬ。
城を出ずにいることがせめてもの願いじゃ。
そう頼う茶々のことばに、江と姉上の間をとりもつ覚悟を決めた初。

十二月十八日、阿茶局と常高院の間での和議交渉が始まる。
2日に及んだ話し合いの結果、講和が成立。

その報せが江にも。
大坂城の堀を埋めている最中と…
かつて秀吉がかたった大坂城を攻める手段…

堀を埋めるのは豊臣方がすることになっていた約定。
それを手伝いをしていると称して徳川方が埋めていく。

秀頼は、これが徳川のやりかたぞ。と淀に言い含められる。
秀頼の脳裏によみがえる父・秀吉との思い出。

秀忠は家康を問い詰める。
豊臣を追いつめるためですかと。
何が何でも豊臣の息の根を止める。
淀君も秀頼も殺すと家康。
約束が違う! と叫ぶ秀忠に、
そのようなことを約したつもりはないが。と家康は一蹴。

大坂を去る前に秀忠は正信に頼む。
正信は大坂城にて秀頼と淀に会う。
挨拶の後、そこに入ってきたのは秀忠。
秀頼は、母上、人払いを願います。
そして秀忠と秀頼、淀の会見がなる。

父は豊臣を滅ぼすつもりです。

この城を明け渡してくださいと秀忠。

淀は秀忠に心の内を明かす。
豊臣恩顧の大名らは誰も応じぬ…
将軍の御身。危険を冒して来てくれたことをありがたく思う。
と心からの礼をのべつつも…

最期まで戦う覚悟。
城へ戻りましたら、くれぐれも江へよろしくと…

退出した秀忠を、徳川様と呼び止める声。
招かれた先には…
秀頼が1人。

豊臣秀頼と徳川秀忠、2人での密会。
秀忠からの話。
秀忠が将軍、秀頼が関白として…
ならば母上様を説いてはくれませんか!
それが出来るのは、あなた様1人なのです。

はじめは、母の豊臣の天下への拘りが、わからなかった秀頼…
しかし城を見ていてかわりました。
石垣が壊され…
秀頼に芽生えた豊臣の跡継ぎとしての徳川に対する憎しみ。

城を出ても未来はあります!
そういう秀忠の言葉も秀頼には届かず…
秀頼の決めた覚悟。
豊臣の跡継ぎとして大坂城とともにあろうとする。

これからは敵同士にございます。

そこからの退出後に現れたのは真田幸村。

一触即発かと思われたが…
幸村が先に収めた。
戦は戦場にてと…

豊臣の天下にこだわる淀。
私は間違っているのか…

堀が埋まるのを見届けたあと、秀忠は江戸に戻った。
迎える江。

約束を果たせなかった秀忠の肩には力なく…
江の前に現れた瞬間、崩れ落ちる。
そして、江、すまぬ… すまぬ…と。




2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第42回 「大坂冬の陣」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

淀   … 宮沢りえ
 
初   … 水川あさみ

千   … 芦田愛菜→忽那汐里


福   … 富田靖子 
 

織田信長 … 豊川悦司

市    … 鈴木保奈美

浅井長政 … 時任三郎


織田信包 … 小林隆

柴田勝家 … 大地康雄

織田信雄 … 山崎裕太

足利義昭 … 和泉元彌

北政所  … 大竹しのぶ

大政所  … 奈良岡朋子

旭    … 広岡由里子

豊臣秀吉 … 岸谷五朗

豊臣秀長 … 袴田吉彦

黒田官兵衛… 柴俊夫

豊臣秀次 … 北村有起哉

佐治一成 … 平岳大

豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)

豊臣秀頼 … 大賀

大野治長 … 武田真治

片桐且元 … 三田村邦彦

京極高次 … 斎藤工

森蘭丸  … 瀬戸康史

森坊丸  … 染谷将太
森力丸  … 阪本奨悟

石田三成 … 萩原聖人

島左近  … 中村育二

京極龍子 … 鈴木砂羽

細川ガラシャ … ミムラ

明智光秀 … 市村正親

細川忠興 … 内倉憲二
黒田長政 … 長谷川公彦
福島正則 … 金山一彦
加藤清正 … 横山一敏

千利休  … 石坂浩二

北条氏政 … 清水紘治

北条氏直 … 岩瀬亮

前田利家 … 大出俊
毛利輝元 … 浜田晃

大姥局  … 加賀まりこ


本多忠勝 … 刈谷俊介

本多正信 … 草刈正雄

徳川秀忠 … 向井理

徳川家康 … 北大路欣也





須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


やっぱり、女だなぁ…
と思わざるを得ない、この大坂の陣の話。
これだけ戦に拘っていながら、
秀頼の出馬だけは許さぬという淀。

女だからとかじゃな、それが人間か…

秀頼と秀忠の対面を見ていて思った。


多分、この対面には批判が多いんだろうな…

でも、天地人とかの時より、
納得して観ていられるのは何故だろう?

私が大人になったから?
ドラマは、ドラマと割り切れるようになったから?

そうじゃないな…

天下人たる人物。
その世継ぎたる人物によってなされているからだと思う。

これで、江が大坂城に行っていたら、
やっぱり私も怒るもの…



次回、第43回「淀、散る」。

ついに、この時が…
このドラマにとっては最大のクライマックスでしょう…



大河ドラマ




楽天広場テーマ『江~姫たちの戦国』

楽天広場テーマ『坂の上の雲』

楽天広場テーマ『龍馬伝』


楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング






スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 大坂 秀忠 秀頼 常高院 家康 幸村 徳川 豊臣

『江~姫たちの戦国~』第41回「姉妹激突!」

1542年生まれの徳川家康
1593年生まれの豊臣秀頼
家康の執念。
迫る大坂の陣。
たちに悲劇が迫っていた。

慶長19年夏。
竹千代は我儘に育っていた。
そんな風に育てた福に、
竹千代は世継ぎと決まったわけではないという家康の言葉を伝える。
誰にでも好かれる子に育てよと。

一方、将軍になって十年目を迎える秀忠は、
大御所政治を行う家康の影を背負いながらも、
二元政治に頭を痛めていた。。

竹千代の性根が腐ってしまうというの心配。
豊臣とのこと。
秀忠の悩み。
秀忠は73になった実父家康に、なかなか死なぬのぉと。
秀忠はこちらから動くかと秀頼に文を書いた。
豊臣と徳川が共に立つという構想。
何度も書き直した秀忠
秀忠にも文を書いてくれと。

駿府城にて白髪頭となった家康
秀頼を臣下とし一大名とせねばならん。
名実ともに一大名とするには大坂から引きずり出さねばならぬ。
妙案を見つけねばならん。豊臣を引きずり出す大義名分。

大坂城では秀頼を挟んで。傍らには治長

そこに片桐且元
方広寺鐘銘事件。
「国家安康」「君臣豊楽」という鐘銘に言いがかりをつける。

秀頼は弁明に努めるしかありますまいと。
戦の口実にしてはならぬと。
しかし興奮しているの方は、かまわぬ! というが…
秀頼は制して勝元を改めて駿府に向かわせる。
今は耐えましょうぞ。と。

は秀頼抜きで治長に戦支度をさせる。
あくまで備えじゃと。

秀忠とのもとにも…

迫る豊臣と徳川の戦さ。
運が良ければ親父が先に死ぬことだな…

勝元は駿府近くで留め置かれていた。
大坂ではが自ら参ると息巻く。
それを秀頼、ら周囲が抑える。
何故、秀頼が、そこまでことを収めようとするのか…
秀忠から秀頼への文。
秀頼を関白に、秀忠が将軍として支える。
添えられた江の文。家康には内密。
秀頼は、その文で夢を見ることができました。
私一人では、この世を治めることはできませぬ。
しかし秀忠様とともになら天下を泰平におさめることができます。

常高院が家康のもとに向かうと名乗りを上げるが…
治長の母・大蔵卿局が駿府に行くことに。
家康は大蔵卿に案ずるには及びませんときれいごとを言って帰す。

大蔵卿局の持ち帰った答えに胸をなでおろす一同であるが…
そこに且元が帰参。
徳川よりの難題…
大坂城を明け渡すか、秀頼もしくはの方の身柄を江戸に渡すか…
もとより大坂城の女どもから信用されていない且元

さすがに秀頼は家康の内輪もめを狙った策謀に気付くが…
感情で動く女…は…
裏切り者との誹りを受け暗殺を恐れた片桐且元は大坂城を離れた。

それを聞いた家康は…

豊臣家との戦を明らかにし諸大名に出陣を命じた。

秀忠にも出陣の命が下った。
使える兵はすべて用いよと。
御命まで奪うことはすまい。いや、させぬ。
そのために大坂に参る。と秀忠。

秀忠からの文を手に秀頼…

慶長十九年十月。
関ヶ原の戦いで石田方につき浪人した者たちが、
大坂方についたと治長。それに太閤秀吉が築いた天下の名城・大坂城。

秀頼も常高院もあくまで戦を避けようとするが…
淀は千姫を連れて城を出よとに。
千姫は秀頼のもとを離れぬと。もこの上は姉上の元をと…

そこに馳せ参じた真田幸村。
気勢を上げる大坂方。秀頼はあくまで戦には気が進まぬが…
豊臣の主らしく振舞おうとする。

真田幸村が大坂方についたという報せが秀忠と正信のもとに。
上田城での雪辱が叶うかもと正信。

そして…
秀忠出陣の朝。
竹千代、国松に留守を任せ…

そして二条城に諸大名を集めた。
此度ご参集いただいたのは戦の火種をもみ消すため。
大坂に十万もの浪人衆が集まり天下争乱のもととなっている。
その騒動を良き方に向かわせるための参集だと。

家康は豊臣方十万を日本中から集めた二十万の軍勢で取り囲む。

天下を泰平にするがための戦じゃと家康。
わしにとって、これが愛護の戦となろう…

戦の火蓋が切られたのは11月19日。

江は江戸にて姉、甥、娘の無事を願う。




2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第41回 「姉妹激突!」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

淀   … 宮沢りえ
 
   … 水川あさみ

千   … 芦田愛菜→忽那汐里


福   … 富田靖子 
 

織田信長 … 豊川悦司

市    … 鈴木保奈美

浅井長政 … 時任三郎


織田信包 … 小林隆

柴田勝家 … 大地康雄

織田信雄 … 山崎裕太

足利義昭 … 和泉元彌

北政所  … 大竹しのぶ

大政所  … 奈良岡朋子

旭    … 広岡由里子

豊臣秀吉 … 岸谷五朗

豊臣秀長 … 袴田吉彦

黒田官兵衛… 柴俊夫

豊臣秀次 … 北村有起哉

佐治一成 … 平岳大

豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)

豊臣秀頼 … 大賀

大野治長 … 武田真治

片桐且元 … 三田村邦彦

京極高次 … 斎藤工

森蘭丸  … 瀬戸康史

森坊丸  … 染谷将太
森力丸  … 阪本奨悟

石田三成 … 萩原聖人

島左近  … 中村育二

京極龍子 … 鈴木砂羽

細川ガラシャ … ミムラ

明智光秀 … 市村正親

細川忠興 … 内倉憲二
黒田長政 … 長谷川公彦
福島正則 … 金山一彦
加藤清正 … 横山一敏

千利休  … 石坂浩二

北条氏政 … 清水紘治

北条氏直 … 岩瀬亮

前田利家 … 大出俊
毛利輝元 … 浜田晃

大姥局  … 加賀まりこ


本多忠勝 … 刈谷俊介

本多正信 … 草刈正雄

徳川秀忠 … 向井理

徳川家康 … 北大路欣也





須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


豊国廟。
京都行ったときに登りました。
結構、マニアックな場所ですよね。
なんか、そういわれました。

ドラマですが…

やっぱり、雌鶏がなくと国が亡びる。んだなぁ…
と思わざるを得ない、この時代の話。

まぁ、古狸が雌鶏を鳴かせてるんですけどね…


もう40回を越えて佳境な感じです。

豊臣滅亡を描いた後のドラマを、
盛り上げるのって結構、難しいでしょうし…

今のうちに楽しんでおこう…



次回、第42回「大坂冬の陣」。

ちょっと疲れが出始めました。
自分が楽しむことを忘れちゃダメだなぁ…





大河ドラマ




楽天広場テーマ『江~姫たちの戦国』

楽天広場テーマ『坂の上の雲』

楽天広場テーマ『龍馬伝』


楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング






テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 秀忠 家康 秀頼 且元 治長

『江~姫たちの戦国~』第40回「親の心」

関白秀頼、将軍秀忠として戦のない世を目指す秀忠
父・家康は豊臣を滅ぼそうと画策する。
二元政治。

は嫡男竹千代と心を通わせることが出来ない。


を呼びつけた。
竹千代が放送を患っていたことを知らされていなかった
それを怒る。
二男・国松が生まれたばかりだったからと言い訳をする

竹千代は、母になつかずにばかり…

そこに国松が。
母上はお優し過ぎるのです。と。


齢70となった家康は駿府城にいて大御所政治を推し進める。
戸城の秀忠に指図して。
その側には本多正信がいるが…

大坂城では秀頼が側室との間に男子をもうけていた。
と常高院。

常高院は姫の話を聞いてやる。



秀忠国松に剣の稽古をつけてやる。
楽しそうに。
そこに竹千代

心の通わぬ親子…
竹千代は心を病んでいる?
おかげで世継ぎは国松との噂が侍女らの間で。
それを聞きつけたはお伊勢参りということで暇。
竹千代にはなつかず、
はどこじゃと泣きだす始末。
侍女だけでなく男どもまで噂を…

が訪ねたのは伊勢ではなく駿府の家康の元。
国松への贔屓が強すぎると家康に直訴。
家康も呆れる。
そなた、あまりにも竹千代を囲い過ぎではないか?

家康も人質暮らしで鍛えられた。
親に甘えていては…
竹千代様には一人で生きていける強さを身に着けていただきたいと。


家康、戸帰参。
家康は竹千代、国松に同時に声をかける。
しっかりと答えたのは国松。

皆に言うておきたいことがある。
我が徳川家を継ぐのは、そこなる竹千代とする。

世継ぎを皆に宣言した家康。

今度は江が家康の自室へ直訴。

世継ぎを定めたは次なる将軍をも定めたとのことですか?

今以上に豊臣を追いつめるのだけは、
お止めいただきたいのです。

家中の乱れを制するために世継ぎを竹千代と大御所である家康が公言した。

江は竹千代がかわいい。
でも、家を束ねるのは聡明で活発な国松が相応しいと。


福が竹千代を寝かしつけたところに大姥局。
そなたは乳母じゃ!
同じ乳母として、そなたの気持ち分からずではない。
竹千代様は、そなたの子に非ず。
その役目、まだ果たせぬにおるがのぉ…
大姥、倒れる。
福は急ぎ人を呼ぶ。

大姥局が目を覚ますと枕元には家康。
そこに江も急いで駆け付ける。
家康が出て行こうとすると、大姥は呼び止める。
若様(秀忠)と一度ゆっくり話されてくださいませ。と。
秀忠が心を開かないのは秀忠ひとりのせいではない。
大殿様(家康)がひいているから。
親に打ち消されると分かっていながら心を開く子がいましょうや…
そこに秀忠。
大姥は最後の願いと秀忠に御心と御心を開きあって大殿様とお話しくださいまし。と。
今すぐ今すぐ…と死んだふりをして。
すぐに秀忠にバレる。
もう良い! 親父とは話す。
ただ、そなたに一言言いたきことがある。
そなたは、生みの母よりもずっと、本当の母であった。

家康、秀忠、同時に腰を上げる。
親子二人で月見酒。
そなたとこうして飲むは初めてじゃな…
家康がグラスに入れて飲んでいるのは…
秀忠、咽る。
蝮の酒。漢方好きの家康の健康法。

酒のせいにするもよし。
たまには腹を割って話してみればどうじゃ?

父上は豊臣を滅ぼすおつもりですか?
徳川を守るためならな。
そなたには、まだわかるまい。
豊臣と共に生きながらえる術を考えます。
豊臣が一大名に甘んじるなら生きる道もあるが、
の方がいる。
秀忠は家康が豊臣への恨みから動いていると感じている。
並び立つ道。やってみなければわかりますまい!
この世には、いかに知恵と力を尽くしたとて出来ぬことがあるのじゃ。
父上には時がない。それゆえ急いでいるだけでは。
それもある。
しかし、そなたのように綺麗ごとを並べるだけでは事は先に進まぬ。

秀忠は、父上とはわかりあえることはない。と席を立つ。



大坂では…
秀頼が千と正式に夫婦になるとに。
は好きにするがよいと…
幸せそうな秀頼と千。
その光景を微笑ましく見つめる初。
しかしは…
千には子を作らせとうなかった…
豊臣と徳川が争うようなことになったとき…


江戸では…
家康は今朝早く駿府に帰ったと。
家康が置いて行ったのは当代随一の学者という林羅山。
秀忠の意見について話を伺いまとめ、駿府に届けるように役目を言いつかった。


床の大姥。枕元には江。
大姥は、江に男が生まれずにやきもきしていた時のことをおみだしていたと。
大姥は江に後を任せて、お暇を頂戴しようかと。
国松の母でも、竹千代の母でもあることをお忘れにならないように。
竹千代との心の通い合いを諦めようとし、秀忠に対する家康のような口ぶりの江に、
それでも母ですか? と。
江を諭す大姥。

大姥は、このあと一年ほどのちに亡くなった。

福と楽しそうに遊ぶ竹千代。
それをみている江のもとへ毬が転がってくる。
母と少し話をせぬか?
福が読んでおります故と離れていく竹千代。
そこに国松が描いた絵をもって…






2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第40回 「親の心」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

   … 宮沢りえ
 
初   … 水川あさみ

千   … 芦田愛菜→忽那汐里


福   … 富田靖子 
 

織田信長 … 豊川悦司

市    … 鈴木保奈美

浅井長政 … 時任三郎


織田信包 … 小林隆

柴田勝家 … 大地康雄

織田信雄 … 山崎裕太

足利義昭 … 和泉元彌

北政所  … 大竹しのぶ

大政所  … 奈良岡朋子

旭    … 広岡由里子

豊臣秀吉 … 岸谷五朗

豊臣秀長 … 袴田吉彦

黒田官兵衛… 柴俊夫

豊臣秀次 … 北村有起哉

佐治一成 … 平岳大

豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)

豊臣秀頼 … 大賀

大野治長 … 武田真治

片桐且元 … 三田村邦彦

京極高次 … 斎藤工

森蘭丸  … 瀬戸康史

森坊丸  … 染谷将太
森力丸  … 阪本奨悟

石田三成 … 萩原聖人

島左近  … 中村育二

京極龍子 … 鈴木砂羽

細川ガラシャ … ミムラ

明智光秀 … 市村正親

細川忠興 … 内倉憲二
黒田長政 … 長谷川公彦
福島正則 … 金山一彦
加藤清正 … 横山一敏

千利休  … 石坂浩二

北条氏政 … 清水紘治

北条氏直 … 岩瀬亮

前田利家 … 大出俊
毛利輝元 … 浜田晃

大姥局  … 加賀まりこ


本多忠勝 … 刈谷俊介

本多正信 … 草刈正雄

徳川秀忠 … 向井理

徳川家康 … 北大路欣也





須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


もう40回目か…
1年早いな…

初=常高院なのをわすれていた。
林羅山が林泰文さんか…

さて…

忽那汐里ちゃんは映画『BECK』の役が原作とピッタリだった気がします。

あれ?
またキャスト話?


ドラマは面白いです。

主人公が誰であれ、
「姫たちの戦国」であれ、
人間のドラマを描いているんだから、
男と女がバランスよく描かれているのが、
本来、あるべき姿というか…
広くに説得力を持たせることができるんだろうと思いつつ、
このドラマを観ています。

毎回、女の争いばっかり見てても、
しんどいだけだしね。



にしても、
久々に前編、文字起こしして疲れました…



次回、第41回「姉妹激突!」。


ついに大坂の陣か…

このあとはTBS日曜劇場『南極大陸』か…



大河ドラマ




楽天広場テーマ『江~姫たちの戦国』

楽天広場テーマ『坂の上の雲』

楽天広場テーマ『龍馬伝』


楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング






テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 秀忠 家康 竹千代 国松 大姥 秀頼

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
241位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。