スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江~姫たちの戦国~』第24回「利休切腹」

利休。茶の湯を政治に利用した。
多くの大名から崇拝を集め、影響力も拡大。
秀吉利休の間に深い溝。


北条攻めに勝利した秀吉は戦に参加した武将への、
論功行賞を行った。

徳川家康、関八州240万石への移封。

家康利休
三河は既に耕しつくしました。
まだ関東は手の加えようがあります。と家康
あちこちに人質に出され苦労が多かった家康らしいと利休

本拠は戸。水運に恵まれ平地も広いと。

これが徳川様に出せる最後の茶になりますか。
まもなく京に戻ります故。

利休にたいっする心配。
は帰り支度をする中、秀勝探し。
秀勝利休のことを相談に。
秀次が、三成が利休を憎んでいるのではないかと言っていたと。
秀勝は、秀吉と利休のつながりが崩れることはないのではと。

秀勝のこれから?

それを立ち見してた秀忠


9月のはじめ、秀吉たちは京へ戻る。
日ノ本は北から南まで全部豊臣のもの。

鶴松は歩けるようになった。

天下統一した秀吉は、その目を海の外へと向けた。
朝鮮との外交。その席に鶴松を抱いて現れた秀吉
わしは日輪の子じゃ! 朝鮮の使者の前で宣言する秀吉。
まずは民国をたいらげる。その先鋒を朝鮮国に命ずると。
その旨、よくよく朝鮮国王に伝えよと。

その席で小便をする鶴松
使者らは怒りで退席。

利休の茶席。
秀次も官兵衛も秀吉に諫言する。
も信長を引き合いに出して秀吉に諫言。
そして利休は。。

利休の侘び茶を全く理解しようとしない秀吉。
竹の花入れを投げつける。
そこに入ってきたのは古田織部。
古田織部を自分の後釜に据えて隠居を願う利休。

年が明けて間もなく。。
鶴松、病床に就く。
秀吉は、三成に、都中の神社仏閣に命じよ。
鶴松の回帰祈祷をさせるのじゃと。

そこに。。
大和郡山城にて弟・秀長が死の床に。。
兄者の弟などに生まれるではなかったは。。
百姓から関白まで上り詰めるなど。。
どれだけ苦労させられたか。。
でも楽しかった。。

甘いことしか言わんものより、
耳に痛いことを言ってくれるものを信じるんじゃぞ。

それは利休のことか?

兄者、案ずるな。鶴松の病はわしが抱えていくで。。

幼名・小竹。秀吉を陰から支えた秀長逝去。
豊臣の天下に大きな穴をあけた。

鶴松は回復。
そして春。。

淀はに、利休と秀吉のことを。。
三成に何か言われて動く殿下ではない。
秀吉と利休だけの、2人のこと。。

こんな折も折、
秀吉と秀次が2人の席に三成
三成の配下が利休の不穏な動きを耳にしたと。。

大徳寺の利休の木造。
三成が利休の罪状を並び立てて利休を陥れようと。
秀次は利休を擁護。

されど、利休に悪評が立てば、そのまま殿下の悪評へと。
何らかの仕置きをと。

秀吉は考え。。

夜更けに利休の茶室へ。

ヒビが入った花入れを飾るなど、
わしへのあてつけか?

そのヒビがいいです。

わしにはわからん。。

理解しようとしないのではなく、
理解しようとしても出来ない。。

秀吉にとって利休は、
自分が理解できぬものを理解できる相手、
言いたいことを言ってくれる相手。
だから側に置きたいと。

今の秀吉は、ちっとも面白うございません。
子が出来て、かわいくて、
朝鮮の使者を呼び寄せて日輪の子とは片腹痛いですわ。

利休にとって大事なのは好きか嫌いか。
好きな人のためだけに茶を立てたい。
あなた様のために茶を立てるのが嫌になりましたのや。

そして、差し出される黒楽茶碗。
秀吉の目に涙。。

ならば、思い通りにしてやろう。。
そなたに切腹を申しつける。
切腹じゃ。

堺の屋敷で謹慎する利休。

わたしが止めると江、動くが。。






2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第24回 「利休切腹」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

淀   … 宮沢りえ
 


市    … 鈴木保奈美





北政所  … 大竹しのぶ

大政所  … 奈良岡朋子


豊臣秀吉 … 岸谷五朗

豊臣秀長 … 袴田吉彦

黒田官兵衛… 柴俊夫

豊臣秀次 … 北村有起哉


豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)


石田三成 … 萩原聖人



千利休  … 石坂浩二


本多正信 … 草刈正雄

徳川秀忠 … 向井理

徳川家康 … 北大路欣也






須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


思うが故。

という前置きがつくんでしょうが。。

秀吉から茶々、鶴松、
三成から秀吉、
秀吉から利休。。

愚かとしかいいようがない。。

それにしても、今週は、
なんか気付いたら話が終わっていたような。。
利休切腹と題しておきながら、
切腹自体まで描かないという。。

これは、いい意味で騙されました。


ちょうど折り返しの今年の大河ドラマ。



次回、第25回「愛の嵐」。

江、秀勝に嫁ぐ。


もうすぐ『JIN-仁-』最終回。

つか、食い過ぎて苦しい。。





大河ドラマ




楽天広場テーマ『江~姫たちの戦国』

楽天広場テーマ『坂の上の雲』

楽天広場テーマ『龍馬伝』


楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング




スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 秀吉 茶々 家康 秀勝 鶴松 秀長 秀忠 利休 三成

『江~姫たちの戦国~』第23回「人質秀忠」

待望の跡取りを得た秀吉
天下統一の仕上げ。北条攻め。
北条には娘を嫁に送っている家康
家康は二男・秀康に続いて三男・竹千代(秀忠)も秀吉に人質に送ることに。

旭、病床に就く。
そこに紹介された徳川竹千代。
旭の見舞いのために駿府から駆け付けた。
家康に会いたかったと旭。
大政所は先に行くじゃねぇぞ、親不孝者じゃと。
おね。。あんちゃを頼む。と。。
旭、家族に看取られ逝く。

竹千代と
見舞いのために来たのではありません。
父に命じられて人質になるために来ました。と。。

傷心の秀吉は母に頼みごとをする。
秀吉は竹千代の元服の儀を自らの手で行った。
そして大政所により竹千代殿の髪を整える。
剃刀を手に大政所。震える手で竹千代の前髪を落とす。
めでてぇこって。
竹千代は儀礼通りの礼を述べる。
大政所は旭を看取ってくれたことの礼を言う。

そして秀吉の一字を賜り「秀忠」となった。

秀吉の噂話をしていると。。
秀忠。実の娘がなくなったからこそ。
本来ならば旭にやらせたかった髪を整える役目を、
実の娘が亡くなった翌日に母にやらせる。
そうまでして徳川に恩を売りたい。

信雄の娘5歳との縁組が決まったという秀忠
それが関白殿下という人。父も似たようなもの。と秀忠

秀忠に飲まれたまんまの
秀忠、駿府に帰る。


駿府城の家康
北条攻めの出陣は二月の半ばと。
そこに帰参する秀忠。
凛々しゅうなったな。と家康

家康、秀忠、正信。
黒田官兵衛殿には会えたか? と家康。
しかし1人面白い女子に会えた。殿とか。
父上をやけに買い被っておりました。

子供の頃は明るくて活発であったが。。
妻や嫡男を死なせたこと。仲の良かった兄を人質に差し出したこと。
何もかもが気に入らないのだろうと。。

秀吉は利休北条攻めに連れて行こうと。
秀次、官兵衛、三成
行きとうございませんな。とハッキリいう利休に、
三成は、利休様は信長公に対しても、そうであったのですか?
元々、信長の茶頭であった利休様は、関白殿下を見下してらっしゃるのでは?
と厳しい顔で。

黒い茶碗が気にらない秀吉。
わしが、この茶碗を嫌いだということを、まだわかっておらぬのか?
そして茶をぶちまけ出て行く秀吉。

御子が出来てから、このかた、伯父上は気が短くなられたと秀次。
官兵衛は利休に自重を促す。

秀吉はと鶴松のところへ。


三月一日、小田原攻めへ出陣した秀吉。
大軍をもって陸と海から小田原城を囲んだ豊臣勢。
石垣山一夜城の築城を立案した官兵衛。
さすが天下の軍師と家康。

に小田原へ来るようにとの命。
やっぱり付いていく
富士山を見て喜ぶ
そこで秀勝と再会。
利休の茶。
無理やり連れてこられた利休。
そこに秀忠。

元服したばかりの子供に茶の味がわかるのですか?
はねっ返りの女子に茶の味がわかるとも思いませんが?
と言い返す秀忠。
秀勝の手前、控えた江であったが、つい秀忠のペースに乗せられる。
そこに家康が来て、逃げるように出て行く秀忠。

家康が利休のところに足繁く通っていると。
それ以外にも数多くの大名が通っていると。
三成は、それが気に入らないらしく、
秀吉に讒言する。
利休を妬ましく思っているのではないか?と秀次。
忠義も度を越せば綻びを産む。と秀次。

そこに石垣山一夜城完成の報せ。
それに動揺した北条勢は、
投下もたたずに難攻不落と謳われた小田原城を明け渡した。

女たちのもとに小田原落城のしらせ。
かつて敗者の側から落城を味わった、江は。。
江は祝勝の宴に違和感を感じる。

秀勝に声をかけようとしたところ秀次に邪魔をされ、
秀吉に連れられて、秀次、三成とともに利休の元に連れて行かれる江。
その先には、先に家康がいた。
家康と利休の接近が気にかかるようになった秀吉。
家康は、おべんちゃらとしか思えない祝いの言葉。
そこで秀吉が祝いの茶と出した茶は黒茶碗。
黒きは古き心、赤は雑な心。
お主、茶頭の分際で! と利休睨み据える秀吉。
利休は茶頭を辞めさせてもらたいと。
利休の権力増大を危惧する三成は、それは良いと。
しかし秀吉は、そちは死ぬまでわしのために茶を立てるのだと利休に。

死を匂わす利休。



2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第23回 「人質秀忠」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

   … 宮沢りえ
 
初    … 水川あさみ
 

市    … 鈴木保奈美



織田信雄 … 山崎裕太


北政所  … 大竹しのぶ

大政所  … 奈良岡朋子

旭    … 広岡由里子

豊臣秀吉 … 岸谷五朗

黒田官兵衛… 柴俊夫

豊臣秀次 … 北村有起哉


豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)

京極高次 … 斎藤工


石田三成 … 萩原聖人



千利休  … 石坂浩二

北条氏政 … 清水紘治

北条氏直 … 岩瀬亮


本多正信 … 草刈正雄

徳川秀忠 … 向井理

徳川家康 … 北大路欣也




須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


豊臣秀勝、徳川秀忠。
江の二番目の夫、三番目の夫となる2人を、
江とともに同時に同じ場面に登場させるには。。

諸大名が一堂に会した小田原攻めが最適だったんですね。
どうしても三角関係っぽく仕立てたかったんですね。
22才の秀勝と、18才の江と、12才の秀忠を。。

年齢の話は大河ドラマにとってタブーですけど。。
毎回、恒例ですから。。
それが歴史モノとしての説得力を失わせるとしても、
大河ドラマらしい大衆性を生み出すために必要だから。。

ここのところ、無理して大河ドラマ擁護側に回ってる節がある、
私の大河ドラマレビューですけど(笑)

歴史上の人物なんて、全部、先人のイメージで作り上げられたものですから。。
戦国武将好きが食いつく真田幸村なんて、その最たるものだし。

歴史研究と歴史を題材とした作品は、まったくの別物。
それが最近の私の基本です。


今回は、この『江~姫たちの戦国~』としては、
男社会中心の回でしたね。

主要人物の登場と、退場の序章。
姫たちの人生が男たちによって大きく左右されてしまう時代だから、
たまには、こういう回も必要です。

毎回、ホームドラマでもメリハリがなくなるし。


今回、秀次が三成に良いこと言ってましたしね。
ダメ人間といわれている人物に、良い台詞を言わせて、
面目を躍如させるというのも大河ドラマのパターンですが。。

その面目躍如が大事なんですよね。。
後世に悪いイメージしか残っていない人物でも、
悪い部分しか持ち合わせていなかったなんてことは有り得ないんだから。

大河ドラマが、あんまり勧善懲悪になっちゃいけない。
そのあたりが、最近の大河ドラマの一番嫌なところだったから。。





次回、第24回「利休切腹」。

これを書き進めてる間に『JIN-仁-』が始まってるから。。
しかも最終章前編で、頭から佳境だし。

さすがに、そんなに同時には物事考えられない。

つか、あんまり、こういうことをしてると、
集中力がなくなってしまうんですよね。。





大河ドラマ




楽天広場テーマ『江~姫たちの戦国』

楽天広場テーマ『坂の上の雲』

楽天広場テーマ『龍馬伝』


楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング


テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 秀吉 おね 家康 秀忠 秀勝 北条 利休 三成

『江~姫たちの戦国~』第22回「父母の肖像」

すべてを意のままにしてきた秀吉だったが、
思いのままにならなかった後継問題。
そんな時、茶々のお腹に子供が。。


天正十七年正月。
秀吉は秀長、旭ともに子供が出来たことを祝う。
おねを気遣うなかと三成。

秀吉は城を作ろうと。
京と大坂の間にという土地がある。
茶々の産所とする。
キンキラキンの派手なお城だけはやめてくださいねと

はじめよ。と秀吉が持ってこさせたのは、
男子の道具。豊臣の跡継ぎを産まなくてない。
私の産んだ子が男子ならば願いを聞いていただきたい。

その数日のち、茶々の子が秀吉の子ではないという戯れ唄が。。
秀吉は三成に、ことごとく首を跳ねるように命じる。
しかし落手を残したものは見つからず門番17人を処刑。
それでも気の収まらぬ秀吉。

は秀吉に、罰が当たります。と。
狂人へとなっていく秀吉。
生まれてくる子供に何かあったら秀吉様のせいですからね!

この子が殿下の子であることは間違いないと茶々

三月にはに城が完成。
秀吉は何故、までここにいるのか? と。
茶々は女子ながら茶々は城持ちとなる。
茶々は北政所に続く正室となる。
殿と呼ばれ崇められることになる。

そして五月。
茶々が産気づきウロウロする秀吉と

そして生まれた。思わず秀吉と手を取り合って喜ぶ
秀吉の、あまりの喜びようにも目に涙。
若君にございます。
子の名はて子は良く育つ。

そして、それより三月後。
丸は大坂城に。
この子が豊臣の跡継ぎであるということを、
天下に知らしめるための軍略として大坂に連れてこられた。
鶴松と名を変えた丸。

そこにと京極高次。
は相変わらず幸せそう。
何故、兄上様(高次)まで大坂に?
ついに北条攻め。

鶴松が誕生して立場が危うくなった秀次、
北条攻めの先鋒を願い出るが。。
北条攻めの先鋒は徳川殿と決めておる。と秀吉。
徳川と北条は姻戚だが。。

利休の茶を飲む家康
天下一の茶。茶一服で首根っこをつかまれてしまる諸大名。
狭い茶室の方は3人より多いときにのみ使います。
不思議なもので3人、4人となると狭さが極まり、
逆に無限の広さが。。
最近、利休が惹かれる黒い茶碗。しかし秀吉は嫌い。。

秀次は酒に酔って北政所に愚痴を言う。
また立ち聞きしている江。
江も居場所がなくて、うろうろしていたらしい。

ここで茶々の願い。
何でも聞いてやると殿下は、そう仰せになりました。
今年は亡き母の七回忌、そして父・浅井長政の十七回忌にございます。
つきましては追善供養をいたしとうございます。
三成は、浅井長政様とお市様は豊臣にとっていわば仇敵。
秀吉は男子であろうが、女子であろうが構わぬのに。。
そなたのやりたいことを止めるわけがあるまい。
存分に供養して差し上げろ。

そして十一月。。
父・浅井長政の肖像と、母・市の肖像。。
これからも浅井の菩提を弔うのが私の務めと心得ておると茶々。

三成の言った通り豊臣にとって浅井は仇敵。
その法要を認めてくれた秀吉。
秀吉様と、ようやく夫婦となれたようなに思うと茶々。

駿府に戻った秀吉。
竹千代陣。。
父・家康にもずけずけ物を言う竹千代


2011年大河ドラマ ごう ~姫たちの戦国~』 第22回 「父母の肖像」




 ◆キャスト◆

江    … 上野樹里

茶々   … 宮沢りえ
(幼少  … 芦田愛菜
    … 水川あさみ
(幼少  … 奥田いろは)

織田信長 … 豊川悦司

市    … 鈴木保奈美

浅井長政 … 時任三郎


織田信包 … 小林隆

柴田勝家 … 大地康雄

織田信雄 … 山崎裕太

足利義昭 … 和泉元彌

北政所  … 大竹しのぶ

大政所  … 奈良岡朋子

旭    … 広岡由里子

豊臣秀吉 … 岸谷五朗

豊臣秀長 … 袴田吉彦

黒田官兵衛… 柴俊夫

豊臣秀次 … 北村有起哉

佐治一成 … 平岳大

豊臣秀勝 … AKIRA(EXILE)

京極高次 … 斎藤工

森蘭丸  … 瀬戸康史

森坊丸  … 染谷将太
森力丸  … 阪本奨悟

石田三成 … 萩原聖人

京極龍子 … 鈴木砂羽

細川たま … ミムラ

明智光秀 … 市村正親

千利休  … 石坂浩二

北条氏政 … 清水紘治

北条氏直 … 岩瀬亮


本多忠勝 … 刈谷俊介

本多正信 … 草刈正雄

徳川秀忠 … 向井理

徳川家康 … 北大路欣也


前田利家 … 和田啓作
佐々成政 … 中原裕也
佐久間盛政… 山田純大

織田信忠 … 谷田歩

織田信雄 … 山崎裕太
織田信孝 … 金井勇太



須磨 … 左時枝
サキ … 伊佐山ひろ子
ウメ … 和泉ちぬ
ヨシ … 宮地雅子

 ◆スタッフ◆

原作・脚本 … 田渕久美子

        →公式サイト(NHK)


誰の目にも晩年の秀吉というのは狂人なんですよね。。
まぁ、家康だってそうですけど。。
自分が死んだあとの子孫のことを思うと、
権力を持った人間、狂っていくんですかねぇ。。

つか、今日は文章を書く気力がないです。。
もともと、このところ文章構成能力が著しく鈍っていますが。。


天下のために天下布武を目指した信長と、
我欲のために天下を目指した秀吉と。。

そう見えるんですよね。。


それにしても秀忠は、ずいぶん、これまでのイメージと違うな。。


次回、第23回「人質秀忠」。




大河ドラマ




楽天広場テーマ『江~姫たちの戦国』

楽天広場テーマ『坂の上の雲』

楽天広場テーマ『龍馬伝』


楽天広場テーマ『天地人』

楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング






tag : 茶々 秀吉 家康 竹千代 北政所 鶴松

プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
150位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。