スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近藤勇偉人化劇(皮肉)

タイトルからお断りしておきます。
今回の感想は『新選組!』に好意的ではないと。
第43回「決戦、油小路」
藤堂平助の死という、非常に重いテーマが描かれていました。
事実、平助の最期は見事でした。
見事過ぎるほど。。

でも、そこまでに至る過程が。。
近藤勇と伊東甲子太郎のやりとり。
大石鍬次郎ら隊士たち独断による伊東甲子太郎の暗殺。

なぜ、こうも近藤勇を正当化するために話を捻じ曲げるのでしょう?
主人公・近藤勇が偉い人でないといけない理由は何なのだろう?

近藤勇を正当化するために、大石鍬次郎という一人の男が、
最低の男として描かれてしまっている。
同じ実在の人物であるのに。。
大石鍬次郎が悪人でよくて、なぜ近藤勇は、こうまで善人でなくてはならない?

以前も書きましたが、『新選組!』に好意的な方々の多い、
この楽天広場で、こんなことを書くのは怖いのです。
私も、はじめから批判を書こうと思って感想を書いているわけではありませんので。。

ですが。。


本編の執筆に入ります。 本家サイト



スポンサーサイト

『みんなのいえ』

今日の昼間、三谷幸喜脚本・監督の映画『みんなのいえ』が
放送されていました。
みんなのいえ 【TDV-2634D】 =>20%OFF!《発売日:2002/01/25》

で、観ました。

私は、もともとそれほど映画好きというわけでもないので
この作品は今回初めて観ました。

確か、劇場公開されたときに、あの「虎の門」で
酷評していたような気がします。
(まぁ、あのコーナーで酷評されなかった映画などあたのかが疑問ですが。。)
そのとき言っていたのが、俳優さんがプロではないこと。
確かに主演の田中直樹さん、八木亜希子さん共に本来俳優さんではないですからね。
(クレジットでは唐沢寿明さんが主演みたいですが。。)
確かに私もはじめのうちは、その演技が気になりました。
でも、そのうち気にならなくなりました。
それだけを理由におもしろくないって言ってたとしたら、
ずいぶん感性がにぶいんじゃないかなぁ。。

それにしても『新選組!』出演者が随分出てましたね。

田中邦衛さん、伊原剛志さん、野際陽子さん、そしてチョイ役で香取慎吾くん。



そして今、『スターウォーズ特別編(デジタルリマスター版)』
なんか、吹き替えが昔から馴染んでいたものと変わってしまって残念です。。
「スター・ウォーズ」と「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は吹替えで何度も観ていますからね。。
なんか違和感が。。

【スター・ウォーズ トリロジーDVD-BOX】(新品DVD-BOX)

バック・トゥ・ザ・フューチャー <【UPJ】1枚買って1枚もらえる!キャンペーン第4弾商品> バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2+バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(初回生産限定)...


見忘れた!!

うっかりしてました。
これまで、月曜日の7時からの番組を見る習慣がありませんでしたからね。
第2回目で、早くもチェックし忘れてしまいました。
あぁ~あ。。。
仕方ないです。。

最後の5分位見ることが出来ましたが、
羽場裕一さん、いい演技してました。




プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
117位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。