スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『篤姫』第15回「姫、出陣」

2008年『篤姫』第15回。

斉興とお由羅は高輪にまだ健在。。
斉彬と斉興の対立のしこり。
その飛び火が篤姫に。。


斉彬の嫡男・虎寿丸とは本当の姉弟のようになった篤姫。



西郷はお庭方にと取り立てられていた。
篤姫の輿入れ道具一切を斉彬から任せられた西郷。
「無理」と言って叱られる。
篤姫と西郷も再会。
西郷の肩に乗って喜ぶ虎寿丸。

尚五郎と大久保は、その西郷の取立てをうらやましく思う。


日米和親条約の締結にご立腹の、
攘夷派である孝明天皇も登場。


と思ってたら。。


虎寿丸が亡くなった。。

ショックを受けた斉彬も倒れる。。
一同の祈祷も虚しく、斉彬の病は長引く。。
その噂の届いた薩摩では、
お由羅による調伏だと騒ぎ出す面々が。。
お由羅を討とうとする動き。
その企みに西郷も。。
しかし斉彬はそれを察知し止める。
でも江戸の薩摩藩邸内でも、その呪詛の噂。

篤姫は、その真相を確かめようと、
斉興の屋敷を訪れることを画策する。。
そして、西郷を警護にし、高輪の屋敷へ。。

さすが篤姫。
本人に対して呪詛の噂を言っちゃうんですから。。
でも、泣きまね?のお由羅。
篤姫の方が一段上手のようですねぇ。。
懐に飛び込んで太い釘を刺した篤姫。
幾島との名コンビ。
それを見守る西郷も良し。

英姫も篤姫を認め始めている。。

そして斉彬、快方へ。


奥小姓ならびに御近習番となった尚五郎。
ついに斉彬の側近くに仕えるお城勤めへ。。

大久保の父の島流しも解けた。。








2008年大河ドラマ 『篤姫』 第15回 「姫、出陣」



 原作 … 宮尾登美子

脚本 … 田淵久美子


篤姫(天璋院/於一) … 宮崎あおい ※正しくは山へんに「立」「可」


肝付尚五郎(小松帯刀) … 瑛太



西郷吉之助(西郷隆盛) … 小澤征悦

大久保正助(大久保利通) … 原田泰造


■生家・今和泉島津家の人々
お幸 … 樋口可南子



■徳川家の人々
徳川家定(徳川家祥) … 堺雅人



■京都の人々
孝明天皇 … 東儀秀樹




■薩摩の人々
小松清猷 … 沢村一樹


有馬新七 … 的場浩司

伊地知正治 … 三宅弘城

大久保フク … 真野響子


大久保利世 … 大和田伸也


■薩摩江戸藩邸の人々
英姫 … 余貴美子

小の島 … 佐藤藍子


川上筑後 … 岡本光太郎


■鶴丸城(鹿児島城)の人々
島津斉興 … 長門裕之

お由羅 … 涼風真世

島津斉彬 … 高橋英樹


幾島 … 松坂慶子




■幕末の政治家たち
阿部正弘 … 草刈正雄


徳川斉昭 … 江守徹


■語り
語り … 奈良岡朋子

        →公式サイト(NHK)




描き方が、このドラマらしいですねぇ。。
西郷と虎寿丸のシーンとか。。
なんか観ていて笑顔になってしまう。。

西郷が江戸へ行ったことにより、
薩摩での尚五郎の相手としての、
大久保のポジションの重要度が大きくなりましたね。
存在感が増しました。
大久保という人を、これから先、重要な役柄にしていくために、
一歩踏み出しましたね。

今日になって強く描かれ始めた人間関係。
肝付尚五郎⇔大久保正助。
島津斉彬⇔西郷吉之助。


篤姫と斉興・お由羅の対決も、
胸がスッとしましたねぇ。。
勧善懲悪ってのは歴史の描き方として正しくないと思うけど、
ドラマには、そういう部分が必要ですからね。

篤姫の成長もハッキリと感じられましたからねぇ。。
少し心配してた先々の宮崎篤姫に対して、
期待が



今回は色々な意味で、
この先の篤姫への重要な回だった気がします。




今日は楽しめた。
だから、ちょっと頑張ってレビューを書いた。






次回、第16回「波乱の花見」






→人気blogランキング









スポンサーサイト

『風林火山』第50回(最終回)

『風林火山』第50回 最終回。


良い大河ドラマだったな。。

内野聖陽さんのファンになりそうだし。。


2007年大河ドラマ 『風林火山』 (最終回)第五十回「決戦川中島」 



 










山本勘助(内野聖陽)

武田信玄(市川亀治郎)



飯富虎昌(金田明夫)

諸角虎定(加藤武)

真田幸隆(佐々木蔵之介)

原虎胤(宍戸開)

馬場信春(高橋和也)

香坂虎綱(田中幸太朗

飯富昌景(前川泰之)

武田信繁(嘉島典俊)

武田信廉(松尾敏伸)

駒井政武(高橋一生)




板垣信方(千葉真一)

甘利虎泰(竜雷太)

小山田信有(田辺誠一)







由布姫(柴本幸)


三条夫人(池脇千鶴)

於琴姫(紺野まひる)

忍芽(清水美砂)

ヒサ(水川あさみ)


ミツ(貫地谷しほり)


リツ(前田亜季)




河原村伝兵衛(有薗芳記)

葛笠太吉(有馬自由)

矢崎平蔵(佐藤隆太)


武田義信(木村了)

諏訪勝頼(池松壮亮)




上杉政虎(ガクトGackt)

宇佐美定満(緒形拳)

直江実綱(西岡徳馬)

柿崎景家(金田賢一)





北条氏康(松井誠)

今川義元(谷原章介)





信繁が討たれ、諸角が討たれ。。




自ら前線へ赴く勘助。。

自ら陣を進める政虎。

真田幸隆と村上義清。


四郎勝頼を担ぎ上げようとしていた勘助と、
太郎義信のやりとり。
「勝頼様を。。お導きください。 武田家をお守りください。」


過去の大河ドラマのように、
回想シーンがしつこくなく効果的だ。

そして勘助を引き止める由布姫の霊。。

振り切り上杉本陣に迫る山本勘助。


両軍の軍師。

宇佐美定満と山本勘助の一騎討ち。


その間を駆け抜ける軍神。。越後の龍神。
毘沙門天の化身となった上杉政虎。のちの謙信。

そして信玄のいる武田本陣へ。

斬りかかる政虎。
軍配で受ける信玄。
三太刀。。

あまりにも現実離れしているため、
どうしても安っぽくなってしまうシーンであるが、
川中島の激戦には欠かせないシーン。。

『武田信玄』でも、
柴田恭兵演ずる上杉謙信が、
中井貴一演ずる武田信玄に斬りかかった。
あの場面は、明らかに他から浮いていた。
周りの兵士達の姿もなく。。


胸に矢が刺さり、
直江実綱の刀が、勘助の冑を叩き落す。

馬から落とされ、
奮戦する山本勘助。


それを見下ろす上杉政虎。





そして。。


無数の銃弾が勘助を撃ち抜いた。






勘助が描いた信玄、天下への道。


南北二つの海。。

戦国時代、
日本海と太平洋。
本州の南北二つの海を貫く領地を手にしたのは、
織田信長。。


死に際の勘助の目の前に平蔵。。
摩利支天を手渡そうとしたその時。。


そして勘助は。。
妻女山から駆け下りてきた六文銭。。
別働隊の真田軍を目にし。。


勘助は力尽きる。。






信玄の前に2人の亡骸。。

実弟・信繁。。

その守役・諸角。。

その首は取り戻されていた。






そして。。



軍師・山本勘助。。

伝兵衛に担がれて来た山本勘助の首無き遺骸。。


そこに。。
太吉が首を手に走って来る。



勘助を囲んでの勝鬨。。




戦国時代を描いた大河ドラマで、
織田信長以外で戦死した主人公は記憶に無い。。






とにかく、今年の大河ドラマは終わった。

あまり集中して観られた大河ドラマではなかったが。。

もう一度、全50回を通して観直したいドラマである。





来年の『篤姫』はどうなんだろう。。
若手俳優が多いのは不安だなぁ。。






楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 
 
楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング









『風林火山』第49回

『風林火山』第49回。

典厩信繁、死す!


2007年大河ドラマ 『風林火山』 四十九回「死闘川中島」 



   


 








山本勘助(内野聖陽)

武田信玄(市川亀治郎)



飯富虎昌(金田明夫)

諸角虎定(加藤武)

真田幸隆(佐々木蔵之介)

原虎胤(宍戸開)

馬場信春(高橋和也)

香坂虎綱(田中幸太朗

飯富昌景(前川泰之)

武田信繁(嘉島典俊)

武田信廉(松尾敏伸)

駒井政武(高橋一生)



由布姫(柴本幸)


三条夫人(池脇千鶴)



リツ(前田亜季)




河原村伝兵衛(有薗芳記)

矢崎平蔵(佐藤隆太)


武田義信(木村了)

諏訪勝頼(池松壮亮)




上杉政虎(ガクトGackt)

宇佐美定満(緒形拳)

直江実綱(西岡徳馬)

柿崎景家(金田賢一)

長野業政(小市慢太郎)





北条氏康(松井誠)

今川義元(谷原章介)





信繁死んじゃいました。。

歴史離れが著しい私。。

忘れてました。。

この第4回川中島の戦いで、

武田信繁が戦死するということを。。









大河ドラマの毎年の手法として、
戦で武将が死ぬときは、
その前に、その武将をフューチャーしたシーンをつくるわけで。。

それで、あ。。

と思った私。。



そういえば。。





通史では信廉が信玄と似ていて影武者としての役割を担っていたというが。。

この嘉島信繁は市川信玄とよく似ている。。





楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 
 
楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング




『風林火山』第48回

『風林火山』第48回。

おふく(緑魔子)恐い。。

2007年大河ドラマ 『風林火山』 四十八回「いざ川中島」 



   








山本勘助(内野聖陽)

武田信玄(市川亀治郎)

飯富虎昌(金田明夫)

真田幸隆(佐々木蔵之介)

原虎胤(宍戸開)

馬場信春(高橋和也)

香坂虎綱(田中幸太朗

飯富昌景(前川泰之)

武田信繁(嘉島典俊)

武田信廉(松尾敏伸)

駒井政武(高橋一生)



由布姫(柴本幸)


三条夫人(池脇千鶴)



リツ(前田亜季)




河原村伝兵衛(有薗芳記)

矢崎平蔵(佐藤隆太)


武田義信(木村了)

諏訪勝頼(池松壮亮)




上杉政虎(ガクトGackt)

宇佐美定満(緒形拳)

直江実綱(西岡徳馬)

柿崎景家(金田賢一)

長野業政(小市慢太郎)





北条氏康(松井誠)

今川義元(谷原章介)






もっと毎週、集中して観るんだったな。。
この大河ドラマ史上屈指の名作を。。

今日なんか、これまであんまりスポットの当たらなかった、
駒井とかにも見せ場があって。。
まぁ、『医龍2』とかで高橋一生さんが売り出し中だからな。。


戦以外のところで、これだけ見せてくれる戦国モノ大河って、
最近、少なかったからなぁ。。
人間ドラマを魅せるには役者の力量が重要ですからねぇ。。
演出では誤魔化しきれない。。



いざ川中島 ってわりには、
先週に引き続き、合戦前夜って感じの空気だけど。。
今回は『風林火山』後?
1551年以降の甲斐武田家の歴史の序章的な描かれ方が。。
次の世代へ。。 みたいな部分がありましたよねぇ。。


勝頼役の池松くんは、毎年のように
大河ドラマの主役の少年時代、跡継ぎを名演してますねぇ。。
将来の大河主演が楽しみです。



こういう見せられ方すると、
無いはずの続編が観たくなる。。


この大河はDVD買っちゃおうか悩むなぁ。。
高額商品だけど。。












楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 
 
楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング






『風林火山』第47回

『風林火山』第47回。

2007年大河ドラマ 『風林火山』 四十七回「決戦前夜」 









山本勘助(内野聖陽)

武田信玄(市川亀治郎)

飯富虎昌(金田明夫)

真田幸隆(佐々木蔵之介)

原虎胤(宍戸開)

馬場信春(高橋和也)

香坂虎綱(田中幸太朗

飯富昌景(前川泰之)



河原村伝兵衛(有薗芳記)

矢崎平蔵(佐藤隆太)


武田義信(木村了)

諏訪勝頼(池松壮亮)


上杉政虎(ガクトGackt)

宇佐美定満(緒形拳)

直江実綱(西岡徳馬)

長野業政(小市慢太郎)



北条氏康(松井誠)

今川義元(谷原章介)




ってなわけで。。

しばらくサボっている間に、もう47回。。
残り2週3週。。

一応、毎週観てはいましたが、
集中していたりいなかったり。。


間違いなくNHK大河ドラマ史上屈指の名作であることは間違いないのですが。。




で、今週は。。

ついに第4回川中島の戦いの前夜。。

ということで、
男と女の別れのシーンが多く描かれていましたねぇ。。

ホントは女性キャストの名前も全部挙げておきたいんだけど。。


勘助がリツ(前田亜季)と香坂弾正を引き合わせたシーンが好きでしたねぇ。。

前田亜季ちゃんって、あの!?
姉妹で子役時代しか記憶にないからビックリしましたねぇ。。






やっぱりガックンは浮いてるなぁ。。

まぁ、上杉謙信って人も戦国乱世では浮いた存在だったんだろうけど。。

我は人間って言ったばっかりで、
「我こそは毘沙門天なり!」って。。
まぁ、味方を鼓舞するための方便なんだろうけど。。
自ら毘沙門天の化身って言ってたらしいし。。





そろそろ来年の準備もしておかないと。。






楽天広場テーマ『風林火山』 楽天広場テーマ『功名が辻』 
 

楽天広場テーマ『篤姫』




→人気blogランキング




プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
773位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
193位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。