スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『篤姫』最終回(第50回)「一本の道」

大奥を閉じるのが私の役割であったと申すのか。。


第16代当主徳川家達は駿府へ。


明治となった年の暮れ。。
パルファム→Perfume香水。。

天璋院らのもとに勝が鮭を差し入れに。
酒も。
本寿院は相変わらず元気。

旗本たちはそれぞれ新しい暮らしを。。

亀之助→家達は武芸・学問に。


新政府の動き。
中心となるのはやはり薩摩。。

  鶴丸城。
  帯刀が久光に版籍奉還を献案。
  帯刀が、まずみずからの屋敷を返上すると。
  小松家代々の祖先に対し。。
  過去に囚われていては新しい日本はつくれません。
  何卒、お願い申し上げます!
  承諾する久光。そして一任。
  久光はいまだ西郷・大久保らを軽輩と。。
  帯刀は退出。

  久光は兄・斉彬を思う。。




  西郷は新政府を離れ薩摩に帰っている。



 小松帯刀は大坂で病気療養。。
 医学校で西洋医学の治療を受けていた。


天璋院は。。

来客。薩摩からの。

母・お幸と兄・忠敬。

於一。。 母上。。


兄とも。
しのも。

兄に酒を注ぐ天璋院。
亡き父・忠剛を思う。。


(その後、お幸は薩摩で60年の満ち足りた人生を終える。)


 太政官。大久保。そして岩倉。帯刀。
 廃藩置県を推し進める。。
 人望厚く力のある人物。。西郷。。

 病床の帯刀。
 対立する西郷と大久保を心配しつつ。。
 吐血。。

遠く東京で祈る天璋院。。
お守りを手に。。

 帯刀もお守りを握り病床。。
 お近も大坂へ。
 お琴が文で報せた。
 しっかりとお琴の存在を認めたお近。

天璋院は。。

 帯刀の容態は間もなく悪化。。

 お近に頼み。。
 安千代を小松家の当主とし、
 お前の手で、薩摩の地で育てて欲しいのだ。
 琴も納得してくれている。
 最大の感謝をお近にし。。
 お近は笑顔を返し。。
 帯刀は楽しいい人生であったと、
 素晴らしい日々であったと。。

 別れなのだ。
 あとを頼むぞ。 近。。


 小松帯刀、逝く。
 享年36。



大久保利通が洋装で天璋院に。。

お伝えしなければならないこと。。
薩摩の大久保正助として。。

小松様が、亡くなられてございもす。
7月20日。36歳の若さで。。
最期まで日本の未来を案じていた。。

大久保は、その意志を告ぐ覚悟。。


呆然とする天璋院。。

尚五郎との思い出。。




  鹿児島。
  西郷のもとに小松帯刀からの文。
  そこに大久保。
  かつての友。。
  それを再び向かい合わせた帯刀の文。
  2人が力を合わせなければ。。

 西郷隆盛、中央政界へ復帰。

家達が東京へ。
天璋院、母として、祖母として家達を教育。

勝の来訪。
身分制度の廃止など。。
維新。。

西郷の苦悩。。

岩倉、大久保、木戸は海外へ。
留守を任された西郷。

そして、その2年後の明治6年。
西郷は天璋院のもとへ。

別れの挨拶。。

西郷、薩摩に帰ると。
やはり政治は向いていないと。。
自分がいると大久保が思い通りに政治ができんと。。
自らを古い男と。。
大久保とも衝突すると。。
小松がいてくれればと。。

西郷は今でも唯一無二の主君は斉彬のみと。。


和宮が東京に戻ってきた。
再会。

本来なら自分が家達の教育をすべきなのに、
天璋院へ押し付けてしまい。。と静寛院。

そこに家達。

天璋院と静寛院。
勝を伴ない2人揃って芝居見物。

どっちが給仕をするかでもめる2人。
そして、しゃもじを、もう1本。


和宮は亡き家茂を思う。。


(和宮は32歳の若さで亡くなった)



  大久保は清国に出向き。。
  富国強兵。。


家達、近衛寛子と結婚。
家族が増えた天璋院。

そこに滝山らが祝いを述べに。

滝山は養子を迎えたと。

重野も来訪。


そして皆で記念撮影。。


  明治10年。。
  西南戦争。
  西郷隆盛、切腹。

  明治11年。
  東京・紀尾井町。
  大久保利通、暗殺される。

天璋院のもとに薩摩からの文が。
お近から。。
帯刀が残した香木。。

皆の思い。。




そして五年後。。
天璋院は縫い物を。
そこに勝が。
家達と寛子の子のため。

ひいおばあさんの天璋院。



徳川の家族は続いていく。。


家定の思い。。

天命。。
果たすべき何か。。




そして。。


穏やかな表情で、
明治16年11月20日、天璋院は眠るようにこの世を去った。
享年41。














2008年大河ドラマ 『篤姫』 最終回(第50回) 「一本の道」


原作 … 宮尾登美子

脚本 … 田淵久美子


篤姫(天璋院/於一) … 宮崎あおい ※正しくは山へんに「立」「可」


小松帯刀(肝付尚五郎) … 瑛太



西郷吉之助(西郷隆盛) … 小澤征悦

大久保正助(大久保利通) … 原田泰造


■生家・今和泉島津家の人々
島津忠剛 … 長塚京三


お幸 … 樋口可南子


島津忠敬 … 岡田義徳



■徳川家の人々
徳川家定 … 堺雅人



和宮(静寛院) … 堀北真希


徳川家茂(徳川慶福) … 松田翔太





■江戸城大奥の女性たち
幾島 … 松坂慶子

滝山 … 稲森いずみ



本寿院 … 高畑淳子

唐橋 … 高橋由美子

重野 … 中嶋朋子




■京都の人々
岩倉具視 … 片岡鶴太郎

お琴 … 原田夏希


■薩摩の人々
お近 … ともさかりえ

■鶴丸城(鹿児島城)の人々
島津久光(島津忠教) … 山口祐一郎

島津斉彬 … 高橋英樹


しの … 小林麻子


■幕末の政治家たち
坂本龍馬 … 玉木宏

勝海舟 … 北大路欣也

■語り
語り … 奈良岡朋子

        →公式サイト(NHK)






何も言葉で感想を書けない。。




久々に、心から大河ドラマを堪能した。
そんな1年間でした。


今の思考能力で
言葉にすると安っぽくなりそうなので、
やめにします。








次回、総集編(12月26日)


そして2009年大河ドラマ『天地人』(妻夫木聡=直江兼続)。






楽天広場テーマ『天地人』







→人気blogランキング









スポンサーサイト

『篤姫』第49回「明治前夜の再開」

ラス前です。

江戸城明け渡し。



天璋院は。。

女中たちは行き先が決まったと。

表方は武装解除。

和宮は清水家の屋敷へ。

天璋院は皆に家族を持って欲しいと。。
滝山にも。。と。

4月10日。
城を去る日。

―回想

 家定との出会い。―

籠の支度が整ったと。。


滝山は大奥と共に消えたいと思います。と。

どこかで静かに余生をと。。



本寿院は。。

大奥を離れることが。。



真の気持ちは無念でならん。と滝山に本心を。
滝山は、
天璋院なればこそ乗り切れたと。。

大奥を閉じるのが天璋院の「役割」。

選ばれし。。
大奥が篤姫を呼んだ。。



そして籠が出る。

先導する重野。
見送る滝山。



そして翌日。。

新政府軍が江戸城に。。
大奥にも薩摩の者が。。。。



一橋邸へ遷った天璋院ら。
元気な本寿院。

一月後、勝が。
徳川宗家は駿府へ移され、
禄高は70万石。



 禄高70万石と聞いた小松帯刀。。

 帯刀は久光に版籍奉還を進言しようと。
 帯刀の決意。


和宮、京へ戻ると。

次々と人が去って行く。
質素な食事。


重野、口減らしのために出て行こうと。。

重野も去る。


薩摩の桜島。。
元気がなくなってきた天璋院。。

そこに!

小松帯刀。

帯刀、天璋院に侘びを。
逆に天璋院は礼を。

天璋院様、帯刀殿から、
於一さん、尚五郎さんに戻った2人。。
碁盤を挟んで。。

昔のことなので思い切って申しますが!
やはりやめます。
やはり申します!

実は、私は、あなたを、お慕いしていたのです!



知っていました。

ジョン万次郎さんから聞きました。




もし、斉彬様からの養女のお話がなかったら、
私と一緒になってくれましたか?



亡き夫・家定に相談いたします。


ずるいなぁ。。それは。



碁は天璋院の勝ち。。

あの頃の薩摩での思い出は宝物です。。




斉彬からの、2人の御守り。。


次に会うときまで、元気でいます。

次に会うときまで。。










2008年大河ドラマ 『篤姫』 第49回 「明治前夜の再会」




原作 … 宮尾登美子

脚本 … 田淵久美子


篤姫(天璋院/於一) … 宮崎あおい ※正しくは山へんに「立」「可」


小松帯刀(肝付尚五郎) … 瑛太



西郷吉之助(西郷隆盛) … 小澤征悦

大久保正助(大久保利通) … 原田泰造



■徳川家の人々
徳川家定 … 堺雅人



和宮 … 堀北真希


徳川家茂(徳川慶福) … 松田翔太



■江戸城大奥の女性たち
幾島 … 松坂慶子


滝山 … 稲森いずみ


歌橋 … 岩井友見

本寿院 … 高畑淳子

唐橋 … 高橋由美子

重野 … 中嶋朋子




■京都の人々
岩倉具視 … 片岡鶴太郎







■鶴丸城(鹿児島城)の人々
島津斉彬 … 高橋英樹



■幕末の政治家たち
徳川慶喜 … 平岳大



勝海舟 … 北大路欣也

■語り
語り … 奈良岡朋子

        →公式サイト(NHK)



ラス前だけに回想多様。
だが、効果的ですねぇ。。


回想の使い方が一番良くなかったのは『義経』ですが。。



小松帯刀と天璋院の再会は、
史実としては残っていない、
この『篤姫』オリジナルのものですが。。

「らしい」エピソードですね。
歓迎です。


先週までと、打って変わって、
緩やかな流れですが。。

激動の時代にあって、
その最中にありながら、
激動とは違うところにいた『篤姫』らしいということか。。




出会いには、

別れが必ずついてくる。。






体調が思わしくなく、
その上、多忙で。。

ブログがおざなりですが。。



大河は楽しめています。





その『篤姫』とも、
来週でお別れ。。











次回、第50回 最終回「一本の道」








楽天広場テーマ『天地人』






→人気blogランキング








『篤姫』第48回「無血開城」

2008年『篤姫』第48回。


直前まで出ていて、
飯食いながら観たので、
あらすじは省略。

気が向いたら後日UPします。




2008年大河ドラマ 『篤姫』 第48回 「無血開城」




原作 … 宮尾登美子

脚本 … 田淵久美子


篤姫(天璋院/於一) … 宮崎あおい ※正しくは山へんに「立」「可」


小松帯刀(肝付尚五郎) … 瑛太



西郷吉之助(西郷隆盛) … 小澤征悦

大久保正助(大久保利通) … 原田泰造




■徳川家の人々
徳川家定 … 堺雅人



和宮 … 堀北真希



■江戸城大奥の女性たち
幾島 … 松坂慶子


滝山 … 稲森いずみ

お志賀 … 鶴田真由

歌橋 … 岩井友見

本寿院 … 高畑淳子

唐橋 … 高橋由美子

重野 … 中嶋朋子




■京都の人々
岩倉具視 … 片岡鶴太郎



■幕末の政治家たち
徳川慶喜 … 平岳大


勝海舟 … 北大路欣也

■語り
語り … 奈良岡朋子

        →公式サイト(NHK)



西郷・勝の会見!!

つか、めっちゃ見入っちゃいましたねぇ。。


いや、見入れる状況にもなかったけど。。
それでも楽しめて引き込まれるという。。



他のシーンにしても、
人 対 人 っていう。。

このドラマの面白さが遺憾なく発揮された回でしたねぇ。。


宮崎天璋院、小澤西郷、北大路勝。。

素晴らしい。。



感動。


それ以外、言葉が見当たらないなぁ。。










次回、第49回「明治前夜の再会」








楽天広場テーマ『天地人』






→人気blogランキング









『篤姫』第47回「大奥の使者」

2008年『篤姫』第47回。

慶喜を救うために。。

大奥の運命を。。





慶応4年1月末。
官軍が江戸に向かってくるという噂。。

天璋院の朝廷への文。
和宮の侍女が届けると。。

唐橋も命を懸けて。。


あいかわらずKYな本寿院。。
昼間から泥酔。。
歌橋に厳命。


 小松帯刀、京都へ。
 岩倉と対面。
 新政権。。
 西郷は戦支度。
 参謀へ。。
 帯刀との面会を拒否。
 帯刀は大久保に尋ねるが。。
 大久保にも西郷の心が分りかねる。。
 攻めるなら自らの手で。。

 唐橋、京へ着くが、
 近衛忠熙へ会えず。。

 天璋院からの使者がいることが、
 幾島の耳に。。

 幾島、小松邸へ帯刀を訪ねる。
 幾島へ江戸攻め中止への計らいを帯刀へ。
 西郷の名が出て驚く幾島。
 帯刀は逆に幾島に頼む。

 勝は松平容保、榎本武揚らと。。

慶喜、謹慎。
新政府軍、江戸へ向け出立。
天璋院、勝から、参謀の名を。。西郷がと。

唐橋、帰参。
そして。。幾島。
感動の再会。

そして天璋院の使者として幾島が西郷に。
天璋院、西郷へ文を。
大総督府参謀西郷吉之助へ。。
幾島、本陣へ突入!

幾島、西郷へ面会へ。

西郷、天璋院の文を、
笑みを携え、涙を浮べ。。

しかし西郷は。。
幾島も必死で訴えるが。。
西郷の決意。
天璋院を攻めるなら、
他人ではなく自らの手で。。

江戸城総攻めは3月15日とする!!


西郷は、己一人の身に、
すべてを背負って。。


で、天璋院。
その話を聞き、
希望を捨てずに勝を呼べと。
変わりない西郷の心意気に。。
本寿院にも、どうぞお楽しみくださいと笑顔で。。
本寿院も、その天璋院に陰で涙した。


勝、来訪。











2008年大河ドラマ 『篤姫』 第47回 「大奥の使者」




原作 … 宮尾登美子

脚本 … 田淵久美子


篤姫(天璋院/於一) … 宮崎あおい ※正しくは山へんに「立」「可」


小松帯刀(肝付尚五郎) … 瑛太



西郷吉之助(西郷隆盛) … 小澤征悦

大久保正助(大久保利通) … 原田泰造




■徳川家の人々
和宮 … 堀北真希



■江戸城大奥の女性たち
幾島 … 松坂慶子


滝山 … 稲森いずみ

歌橋 … 岩井友見

本寿院 … 高畑淳子

唐橋 … 高橋由美子

重野 … 中嶋朋子




■京都の人々
岩倉具視 … 片岡鶴太郎

近衛忠熙 … 春風亭小朝

お琴 … 原田夏希


■薩摩の人々
伊地知正治 … 三宅弘城



■幕末の政治家たち
徳川慶喜 … 平岳大


勝海舟 … 北大路欣也

■語り
語り … 奈良岡朋子

        →公式サイト(NHK)



久々に幾島が出てきましたが。。
こういうシーン(帯刀との対面)だと、
松坂慶子さんのブリ大根。。
大根ぶりが。。
でも、ナイス復活。
この頃、幾島は病を得ていたようですね。


西郷ですねぇ。。
ここに来て、しっかり重みを増して。。
小澤さんも、しっかり役作りのために、
体重増やしたんですねぇ。。
顔がいかにも西郷さんになってきました。


相変わらず忙しく、
ドラマに集中しきれないんですが。。

それでも十分に楽しめてます。
何年ぶりだろ?
これだけ楽しめてるの。


もうすぐ終わるのがもったいない。。


出来れば『新選組!!』のような番外編を同キャスト。。
西郷、大久保らを中心でやってほしいです!!







赤山陣屋跡。
埼玉県川口市。
滝山の墓。。








次回、第48回「無血会場」








楽天広場テーマ『天地人』







→人気blogランキング









『篤姫』第46回「慶喜救出」

2008年『篤姫』第46回。

265年に及ぶ徳川幕府。。
その命運は慶喜の手に。。

孝明帝崩御。錦の御旗。。

天璋院の覚悟。そして、その運命は。



慶応4年(1868年) 正月。

天璋院と和宮。

慶喜とは。。
好きにはなれませんが。。
あの方だけのせいではないと。。

慶喜に託された徳川家の命運。


 大坂城。
 慶喜は薩摩征伐の軍を起そうと。。

 薩摩は。。
 徳川に手を出させ迎え撃つ準備万端。

 大儀を掲げたものが勝つ。

 西郷と大久保の心に過る帯刀の言葉。
 だが。。

 鳥羽伏見の戦い。
 戊辰戦争開戦。
  

  帯刀は足の痛みと戦いながら、
  遠く薩摩で戦を避ける術を。。

  そこに今和泉忠敬が。
  篤姫。天璋院からの文。。
  したためられた天璋院の決意。
  徳川の人間として生きる。

  戦は始まる。 その覚悟は。
  なんとしても京に行かねば。

戦がはじまる。
天璋院にも報せが。
今頃はもう。。

 兵数に大きく勝る幕府軍。
 そこに。。
 岩倉の一言。
 掲げられた錦の御旗。
 ぼう然とする慶喜。
 朝敵となったということか。。

 慶喜、逃亡の噂。
 密かに大坂城を抜け出し海路江戸に。

慶喜帰還の報せが勝に。
勝、慶喜に。

薩長軍は江戸に下ってくるのも時間の問題。
迎え撃つ覚悟。。
しかし、そうなると江戸は火の海に。。

勤皇で知られる水戸の出の自分が朝敵となることに合点がいかぬ慶喜。
勝に救いを求めるが。。
勝は。。
天璋院様にお会いになるべきと。
薩摩の、分家の出である天璋院に。。


慶喜逃亡の報せは大奥にも。

(相変わらずKYな本寿院。)
徳川を救うために慶喜の首を差し出すのじゃ! と。
和宮も同意。。
それに天璋院は。。


そして慶喜、大奥へ。

苦悩の天璋院。。

会おう。


天璋院と慶喜の対面。

相変わらず抜けぬけと。。
強気な慶喜。
しかし。。
慶喜の覚悟。。?

しかし天璋院は。。

生きてもらいます。
償いのために。
生き恥を晒せと?
晒すのです。
そして、やるべきことは、もうひとつ。

天璋院は和宮の部屋に慶喜を。。

 その頃、京では。。
 西郷が、岩倉に総指揮志願。
 名目上の大総督は有栖川宮。
 薩摩の西郷が天璋院を攻め、
 元許婚の有栖川宮が和宮を攻める。。


慶喜に天璋院は。。
ひたすら恭順と隠居謹慎を貫くようにと。
従う慶喜。
しかし、それだけでは。。
天璋院は慶喜助命の嘆願書を書くと。
和宮にも力添えをと。

家族として慶喜を救う決意を。。
天璋院は慶喜の辛さを。。











2008年大河ドラマ 『篤姫』 第46回 「慶喜救出」




原作 … 宮尾登美子

脚本 … 田淵久美子


篤姫(天璋院/於一) … 宮崎あおい ※正しくは山へんに「立」「可」


小松帯刀(肝付尚五郎) … 瑛太



西郷吉之助(西郷隆盛) … 小澤征悦

大久保正助(大久保利通) … 原田泰造


■生家・今和泉島津家の人々
島津忠敬 … 岡田義徳



■徳川家の人々
和宮 … 堀北真希





■江戸城大奥の女性たち
滝山 … 稲森いずみ


歌橋 … 岩井友見

本寿院 … 高畑淳子

唐橋 … 高橋由美子

重野 … 中嶋朋子




■京都の人々
岩倉具視 … 片岡鶴太郎


孝明天皇 … 東儀秀樹





■薩摩の人々
お近 … ともさかりえ


伊地知正治 … 三宅弘城








■幕末の政治家たち
徳川慶喜 … 平岳大



お龍 … 市川美日子



勝海舟 … 北大路欣也

■語り
語り … 奈良岡朋子

        →公式サイト(NHK)



相変わらず忙しい私です。



個人的には『新選組!』の野田秀樹さんみたいな、
江戸っ子! って感じの勝の方がハマるんですけど。。

この『篤姫』での慶喜の描き方。
そして、それに対することを考えると。。
この勝だなぁ。。

そして慶喜も。
私は、この慶喜の描写、好きだ。
人間らしいというか。。
佐幕派の人が抱いているように悪役ではあるんだけど。。
弱さが見え隠れするために。。
憎みきれない。


つか、それよりも何よりも。。
宮崎あおいさんの天璋院ぶりが。。
しっかり受け止めてます。
















次回、第47回「大奥の使者」






プロフィール

str2000

Author:str2000
連ドラ、大河ドラマ好き。
トラックバックはご自由に。
30代も既に後半戦。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
676位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
178位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。